ひだまりの家。~ひなたぼっこのような暖かい快適な家~

ひだまりの家。~ひなたぼっこのような暖かい快適な家~

暖かく、快適で健康な住まい。
”燃費半分の家” 建築設計事務所&工務店 やっています。

茨城県水戸市のちょっと変わった設計事務所 & 住宅会社 です。


ゼロ・エネルギー住宅

自然素材を使った住まいづくり


快適さとエコを両立させた住まいづくり


三世代もつ家 目指しています。


お客様の笑顔が私の喜びです。 どうぞよろしくお願いします。



住まいと暮らしが私のテーマです ♪


NEW !
テーマ:

ドイツ製のシステム収納、ヒュルスタが工務店でも取り扱いが可能となりました。 

 

 

シンプルでモダンなデザイン

ドイツの職人技に裏打ちされた確かなクオリティ

熟練バイヤーが厳しく吟味した最 高級の木材

 

 

というもの。

 

東京にショールームがあります。

機会を見つけて見に行ってきます ⤴⤴⤴

NEW !
テーマ:

落日荘の岩崎先生のフェイスブックより 

 

 

 
日本の山は傾斜が急峻のため、機械による切り出しが難しく、全てチェーンソウによる人力伐採に頼るため、どうしても例えばカナダ産の材木と比べると高価になる

 

確かに平坦な海外と比べると、運搬費用は割高となりますね 😓😓😓

 

昨日のブラタモリでも言っていましたが、日本の場合、平坦な林は伐採されて畑になっています。

残されたのは、畑にできない急斜面の林のみ。

 

トランプではありませんが、せっかくの日本の山の木を有効に活用するために、海外産の木材に関税をかけることは「あり」であると私は考えます。

 

続き


テーマ:

今年の北海道大地震、発生が冬でなかったのが不幸中の幸いであったという話があります。

北海道で冬に発生していたら、停電で暖房ができずに寒さで亡くなってしまう方が発生したことでしょう。

対策は?

 

灯油ストーブは?

地震以来、電気のいらない灯油ストーブが売れまくったというニュースを見ました。

昔ながらの灯油ストーブならば、電気が必要なく暖房ができます。

しかし

・室内の空気が汚れてしまう

・定期的に窓開けが必要

・結露が起こりやすくなる

・灯油の補充や備蓄が必要

などデメリットが大きいです。

 

断熱リフォームで対策

 
 

テーマ:

2018.11.15 「陰干しにも使えます!」、追記しました。

 

共稼ぎの方など、日中はお留守が多い方は洗濯干しは大きな問題ですね。

今日みたいに少しだけ雨の予報の場合、外に洗濯物を出せません。

そこで便利なのがサンルーム、洗濯干し室。

サンルームの作り方をまとめてみます。

 

場所はどこがベストか?

ずばり南西の角です。

南からの日差し、そして西日を活用できます。

嫌われ者の西日ですが、洗濯干しにはとても有利です。

洗濯物が乾きにくい、秋~春にかけて西日が強くなりますので洗濯物が乾きやすくなります。

 

上の間取りのように洗濯室と近接させるとさらに家事が楽になります。

洗濯ものをたためるカウンターも設けています。

 

間取りプラン

家事ラクの家 東西入り 45坪

の反転プランです。

 

窓は?

窓はできるだけ大きく取るほうがいいですね。

南面と西面の2面に。

雨の心配のないときは窓を開けて風が通り抜けるようにすると早く洗濯物が乾きます。

 

雨の日や花粉の季節には?

窓は閉めて給気口をあけて、換気扇を運転させて空気の流れを作ります。

給気口は花粉のフィルターがついたタイプがおすすめです。

洗濯物を乾かすためには日差しと風が大切です。

日差しが期待できないときは風の力を借りましょう。

 

出入りの室内ドアは?

可能であれば断熱性・気密性の高い外部用の勝手口ドアがおすすめです。

木製であっても、開き戸でドア下の通気用のカットがないタイプがいいです。

サンルームは半屋外空間となりますので、夏の高温対策&湿度が高い時期の湿気対策も大切です。

できるだけ、室内空間とは切り離したほうが住みよい家となります。

 

サンルームの室内側の壁は?

断熱材を入れたほうがいいですね。

半屋外空間ですので、暑さ、寒さ対策です。

 

陰干しにも使えます!

 

テーマ:

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

熊本地震の検証結果の本を読み返しました。

 

 

2000年に改正となった建築基準法の新耐震基準でも倒壊した住宅があります。

原因としては

 

・1階と2階の壁位置・柱位置のバランスが悪い

原則として、2階の柱の下には1階の柱もしくは壁がないと上からの荷重をスムーズに伝えられずに、

倒壊に繋がります。

 

・2階に大きなインナーバルコニー

インナーバルコニーの上にも屋根をかけていました。

更に瓦屋根。

2階の荷重が重すぎました。

 

続き

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス