トコログ

トコログ

コラムニスト トコ の 私的なことがらの記録
趣味の 美容 健康 風水 俳句 ゴルフ 盆栽など。
福岡のテレビ「アサデス」「めんたいワイド」
コメンテーター ガブリナ kbcラジオ
久留米大学「放送論」非常勤講師。
 

最近、熱心に美術館巡りをしているトコです。

 

芸術には興味がなく。
そもそも、スペインに行き

マドリッドでピカソのゲルニカ見たり、

プラド美術館でラスメニーナス見ても、

「大きいね」「教科書で見たのと同じ」程度の

うっすーい反応。

他にもトレドの教会で

誰かの墓の上にある絵、など案内されましたが・・・。

ぼんやり見てきました。

 

しかし帰国したら、なんと、

ラスメニーナスと誰かの墓の上の絵は

世界三大名画のうちの二つだったのヨォ。

(誰かの墓の上の絵は

エルグレコ オルガス伯の埋葬)

 

ムムム、そんなすごいものだったとは、

チッキショー!!

知らないとは恐ろしいことだ、

と気づきました。

 

猫に小判、トコに名画である。

 

それから、というもの

名画の勉強してます。

展覧会にもせっせと足を運んでいます。

 

実は、名画と呼ばれるには

いろいろ理由があり。

描かれた時代背景などもあるので

それらを知ると、凄さがわかるのよ。

 

そうそうラファエル前派なんて

画家たちと女性のドロドロも見どころ

 

先日もそんなことを

西日本新聞の連載に書きました。

 

 

 

 

絵ではありませんが

森美術館の塩田千春・魂がふるえる

では、

最初の部屋のアート作品の中に

吸い込まれそうでした。

 

 

なんかすごい!!

こうなると理由は必要ありませんね

 


その興奮を伝えたくて、

毎週JWAVEで木曜26時に

JUMPOVERという番組を放送している

次男・松居大悟に

「今、森美術館すごいのあってるよ」

と言ったら

「ああ、評判らしいね〜」

と答える。

「あんた、森ビルで仕事してるのに

まだ行ってないの?行くべし」

と口を尖らせて言ったわ。

 

さあ、ここからが芸術の力、

アートのパワーですが。

 

すっかり塩田千春に心を奪われたトコ。

 

三年に一度の瀬戸内国際芸術祭にも

行ってみようと決心。

秋の会期が9月28日から11月4日までなのよ。

 

じゃあ、せっかくなら宿泊は直島かな

と、唯一アートの島として知っているので調べたら、

(民宿は苦手なのでホテルの空室を探したら)

ホテルも数件しかなく、なんと期間中完売よ。

こりゃあ困ったぞ。
 

しかし!!

調べてみたら、瀬戸内国際芸術祭は

瀬戸内の10以上の島々で開催されるのが

メインなんだね。

 

つまり、直島に宿泊する必要は無いかも。

 

そっか、じゃぁ、岡山に泊まる?

 

トコは福岡なので、博多から新幹線で岡山。

岡山の宇野港から瀬戸内の島に渡る、

という観点しかなかったのですが。

 

いろいろ検索したら、

四国の松山まで行って、

松山港を拠点にしたほうが

島行き航路がたくさんあるので

たくさんの作品を見ることができそうです。

 

そこで、松山港に一番近いホテルを

楽天トラベルで探したら

な、なんと、

期間中全室満室。

 

ヒョエ〜〜〜。

 

ちょっと範囲を広げて、

松山港まで徒歩圏内のホテルを

予約したわよ。とにかく宿泊は確保しないとね。

 

さあ、これからはどの島とどの島に渡って

どの作品を見るのか、誰の作品を見るのか、

航路時刻表とにらめっこです。

小さな島も多いので

1日数便しかないなんて場所も。

 

ネットによると、

人気の日時は、

船が満席で乗れないこともあるらしいので

余裕をもって計画するように、とありました。

島の展示も、

港から歩かなきゃならなかったりするらしい。

行ったことないから、どう計画立てたら良いのか

困ってます。

じっくり考えなきゃね。

 

しかし、どうしてもみたい

塩田千春さんの作品は、豊島です。

現在制作中ですって。

ワクワクが止まりません。

 

あ、もちろんひとり旅ですから

計画があるようなないような。

気の向くままのアート旅です。

 

秋が楽しみになってきました。