上位陣安定の引き締まった場所でした。

テーマ:

平成30年 秋場所が幕を閉じました。

秋場所は、3人の横綱がそろって初日から5連勝するなど上位陣が安定した引き締まった場所でした。

終わってみると、白鵬が15戦全勝で優勝、稀勢の里、鶴竜は10勝5敗でした。

 

見ごたえのある良い場所でした。

力士の皆様、大変お疲れ様でした。

日本語サロンにて

テーマ:

今日は、日本語サロンにて、N3レベルの語彙 文法を、ドリル問題を使いながら講義してきました。

いつもの講師が体調不良で、きゅうきょ僕が担当しました。まぁ、なんとかなりました。

N3レベルって、日本人の僕からしても、難しいなぁって感じることがあります。

例えば、問題文に

「今日は 先生が 海外出張につき、講義を休講にします」

という文章がありました。「〇〇なので」の意味のところを、「〇〇につき」と書き表すのは、

難しいと思います。(本当にN3レベルなの??)なんて思いました。

駿河守静太郎流 小選挙区改革

現在日本の衆議院選挙では、小選挙区比例代表並立制を採用しています。小選挙区で当選出来るのは一人です。そうなると、どうしても既存の大きな政党に有利になります。野党が分裂してしまっている今は自民党にだけ有利な選挙方法です。比例代表が、並立していますが、それでも野党が比例代表で当選できるのはほんのわずかです。  以前の中選挙区選挙では、もっと広域の選挙区域で、一つの選挙区域から、複数の当選がありました。この方法では同じ政党の候補者の間でも選挙の戦いがありました。自民党内部では派閥の間での戦いの場所でした。  さて、小選挙区を続けるならば、僕は有権者一人に三票を与えると良いと思います。一人の候補に三票を入れるのもよし、一人に2票、一人に一票入れるのもよし、あるいは3人に一票ずついれるのも良しです。そうすれば、民意をより汲み取れると思います。ただ、それでも当選は、一人なので死票はおおきいですが、それでも今の制度よりは民意を計れるとおもいます。

いよいよ明日

いよいよ明日自民党総裁選挙の投票開票日。安倍晋三さんの三選確実な情勢と言われていますが、確実とまでは言えないと思います。森友学園、加計学園への利益供与疑惑、その関連書類改ざん、証拠隠ぺい疑惑、不公平閣僚人事、集団的自衛権行使容認のための、憲法解釈変更など、様々な問題を起こしました。議員票の獲得は出来ても、党員票はわからないと思います。

四連休最終日

テーマ:
実は僕は勤務は四連休なんです。今日はその最終日です。本来なら月一回月曜日が通院日ですが、月曜日の祝日が2週続くので、薬の残量の都合上、今日、仕事をお休みして病院に行くことにしました。今年は実は様々な所用で有給休暇を使い果たしてしまっているので、今日は欠勤届けを出してきました。給料的にかなり、痛いです。有給休暇は、11月の給料日に支給される予定です。 日本語教師への転職を目指し日々学んでいます。受験生としての疲れを感じています。もう少し頑張ります。