体に優しい漢方でアトピー改善・子宝応援 ☆ 明子先生が新潟六日町から発信!!

体に優しい漢方でアトピー改善・子宝応援 ☆ 明子先生が新潟六日町から発信!!

ときのや薬局の薬剤師・金井明子が漢方や食事でアトピー改善や子宝を応援、心と体を健やかにする生活のコツを綴っています。

薬剤師 金井明子の中医学教室

中医学のものさし・・・・「虚」と「実」
中医学は、患者の気持ちや生活習慣、体質、などの「個」に配慮した医療です。「オーダーメードの治療」に必要な病人の本質を見極めるものさしの一つに「虚」と「実」があります。「虚」とは「気・血・水」の不足や、病気に対する抵抗力の低下状態をさし、「実」とは、抵抗力はあるものの体内に気の鬱滞(気滞)や血液の滞り(瘀血)や水の停滞(痰湿)などの病的副産物がある状態を指します。そして「虚に対しては補い、実に対しては瀉す」のが治療原則です。エネルギーの材料が足りないのか、材料は十分だがその流れが停滞しているだけなのか、見極めてから漢方薬を選びます。

ときのや薬局ホームページ


お電話でのご相談は 025-772-2467 

FAX でのご相談は025-773-6807

テーマ:

新潟 六日町FMゆきぐに隣

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

17日は「敬老の日」でしたね。

身近に高齢の方がいらっしゃらない人は

この連休は何???って思いませんでしたか?

 

テレビでは例年のように

「元気な高齢者は肉食老人!」と番組を作っています。

 

著名人のお元気な方

寂聴さん

徹子さん

などなど

 

「朝からお肉をもりもり食べてます」

100歳の方にインタビュー「肉は良く食べます」

 

さすがです。100歳老人は。

 

勘違いしちゃだめですよ~。

 

お肉を食べるから元気なんじゃないんです。

お肉を消化吸収できる胃腸を持っているから元気なんです。

 

元気な胃腸があって

お肉を食べられるから

元気になるんです。

 

胃腸が弱い人が

100歳老人にあやかって

無理してお肉を食べても

身にならないどころか

胃腸の負担が大きいです。

 

でもやっぱり

お肉は必要

その為に丈夫な胃腸をつくることは大切です。

 

中医学漢方での

100歳元気作り作戦で

一番大切なことは

身体の根っこ=胃腸を

丈夫にすることなのです。

 

高齢になって減ってしまう筋肉を

食べ方と運動で増やすことができます。

 

①30回以上噛むこと

唾液をたっぷり出させること

 

②胃の中は37℃をキープ

消化酵素の働きは37℃でMAX働きます

 

③腹八分目

筋肉を増やそうと、

良かれと思って大食いするとかえって

身になりません。

 

④食事の時間は楽しく、おいしく、感謝して

食事中にガミガミ言ったり言われたりしたら

胃腸は元気に働きません。

 

 

肉や魚や大豆製品や卵などタンパク質をしっかり摂るには

歯が大切

唾液が大切

胃腸が大切

 

若いうちから意識して筋肉を減らさないようにしましょう。

 

食事で摂れない方は

牡蠣肉エキスや

大麦のしぼり汁青汁で

アミノ酸+ビタミン+ミネラル+酵素の材料を補給しましょう。

 

筋肉を減らしてしまうと

サルコペニアからの

フレイルに陥ってしまいます。

 

フレイルとは

筋肉減少

 +

精神的活力低下

 +

社会的つながり低下の

3つの側面が弱ったことで

寝たきりにつながってしまうことです。

 

中医学漢方では

「胃腸を強くする」

「腎(成長・生殖・老化に関するところ)を補う」

ここからアンチエイジングを対策します。

 


テーマ:

新潟六日町FMゆきぐに隣

中医薬漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

ときのや薬局では妊娠~出産~授乳~子育て~自分育てまでを視野に入れた妊活をお伝えしています。

 

妊娠したいために漢方薬の手助けを。

これは随分浸透してきたと思います。

選択肢の一つに加えて頂けていると思います。

 

妊娠しやすい身体つくりのために

食事の見直し

寝る時刻の見直し

ストレスの受け止め方

ご自分の体質に合った生活養生の仕方

それに加えて妊活漢方をご紹介しています。

 

 

妊活をスタートして「妊娠!」

でも、これがゴールではありませんね。

10か月の妊娠期間中、ママも赤ちゃんも元気に過ごせまうように。

風邪などの感染症からも身体を守り、

来たるべき出産に向かって体力を温存しましょう。

その為にも養生と漢方薬が必要です。

赤ちゃんはママの「血」で育ちます。

ママの食事も大切です。

 

 

可愛い赤ちゃんを我が手で抱けること!

それもゴールではないですよね。

そこから育児のスタートです。

 

出産後に続く子育て生活。

ママも元気、赤ちゃんも元気に。

それが理想ですが

なかなかそんなにうまいことはいきません。

 

赤ちゃんの身体が弱かったり

母乳の飲みが少なかったり

夜泣きが激しかったり

湿疹ができたり

 

ママは自分の身体を回復させながら

赤ちゃんのお世話に大忙しです。

 

3時間おきの授乳に耐えられるだけの体力を温存しておかなくては。

やれちゃうんですよ!

ホルモンや脳内伝達物質の働きで

オキシトシンやセロトニンやプロラクチンやいろんな体の都合で頑張れちゃうんです。

頭の中お花畑状態ですから。

健康だったらルンルンでやれちゃうんですよ。

これは「血がたっぷり回復していれば」の話!

 

妊娠中に「血の消耗が大きかった」

「血液たっぷりになるための食事や漢方を食べたり飲んだりしていなかった」

「難産だった、出血が多かった」

「高齢出産だった」

「妊娠中に体調が思わしくなく出産の日を迎えてしまった」

 

気血(生きていくためのエネルギーや血液)が不足してしまうと、子育てが辛いものになってしまいます。

 

ときのや薬局の妊活漢方養生は

妊娠しさえすればよいという考えではなくて

妊娠中も元気に

出産後も元気に

子育てまでイメージして身体つくりをしていくというものです。

 

産後の急激なホルモンの変化に体がついて行けるように

産後の鬱までも予防できることを念頭に入れて漢方薬をお選びしています。

 

妊娠まで

妊娠~出産まで

出産~子育て中

その時々で漢方薬は役目が変わります。

 

でも、何時の時期にも基本は同じ。

女性は「血」がすべてですよ~」

 

産後うつの予防にも

血をたっぷり増やして流れを良くするってことで対策していきましょう。

 

だから妊娠前からずーっと漢方薬とお付き合いくださいね。

 

 

 

 


テーマ:

新潟 六日町FMゆきぐに隣

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

 

 

妊活で最初に取り組むことと言ったら

「タイミング法」ですね。

 

お医者様から「タイミングはこの日ネ!」と言われ 

ご丁寧に基礎体温表に〇などつけられ

その日に頑張る・・・

 

そのやり方

残念ながら妊娠しにくいパターンです。

 

❶ まず、排卵日は特定しにくいということ。

 

「排卵日」という一日は無いと思いましょう。

有るのは「排卵期

排卵期のおりものが出始めてから基礎体温が上がり切るまでを「排卵期」としましょう。

 

妊娠成立時期と性交回数を比較した論文では、

排卵期間内に1回だけ性交の場合妊娠率は15%

期間内に1日おきに性交の場合は33%

期間内に毎日の場合は37%の妊娠率と報告されています。

 

 

基礎体温表で一般的に言われている排卵日は最低体温を示した日ですね。

最低体温は赤い棒グラフで示した0の日です。

 

でもね、最低体温日(0の日)で排卵する人は7%足らず

高温期に上がり始める1日目に排卵する率は20%

高温期に移動中の2日目に排卵する率は30%です。

排卵は最低体温日~5日間が期待できます。

ところで

ベストタイミングは排卵の2日前と言われます。

ということは最低体温日の2日前~その後の5日間が期待できますね。

 

ところがところが頸管粘液分泌日は前倒しになっています。

 

頸管粘液が充分に分泌されていないと精子が卵管まで遡上できません。

 

なので、

頸管粘液が出て来たら

毎日か少なくとも1日おきに性交なさるとどこかのタイミングで受精が期待できます。

 

そうなれば

この日とか

日にちを指定しないで

この期間は毎日か1日おきと思っていればストレスも少ないですね。

 

精子も禁欲しすぎると精巣内に活性酸素が増えて新鮮な精子までダメージを受けてしまいます。

 

いつも新鮮な精子とドッキングできると妊娠率も上がります。

 

生理周期は毎月一定ではありませんね。

28日だったり33日だったりしませんか?

だから排卵期間も生理の何日目と特定できませんね。

 

生理の出血が止まったら高温期になるまで毎日か1日おきでも良いのですよ。

 

ストレスフルな排卵日指定のたった1日の性交より

排卵期の日にちを気にしない性交の方が受精の確率は上がります。


テーマ:

新潟 六日町FMゆきぐに隣

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

今日は急に気温が下がりました。

大雨の被害に遭われている方、お見舞い申し上げます。

この天候のせいで体調不良になっている方も多いですね。

 

朝から

胃の不調

下痢

眩暈

頭痛

関節痛

風邪っぽい

様々な症状のご相談が続いています。

 

皆様「どうして?

この症状はなぜ?」

 

不安ですよね。

 

原因がわかっただけでも少しは安心しますね。

器質的な病気がないと仮定しての話ですが、

「気象病」としてとらえると合点がいくようです。

 


ズバリ急激な天候の変化に自律神経がついていけません。 

涼しいとは言っても「湿度」は相当に高いです。

身体の中にも体表から「湿」が入り込みます。 

 

今年は「水を飲め飲め」の大合唱でしたから熱中症予防にたくさんの水分を摂りました。

飲まないと死んでしまう・・・くらいの勢いでしたね。

私たちは常温で、体温くらいで・・・と言っていましたが

テレビでは冷たい水が良いと放送していましたので胃腸が冷えている方も、多く見受けられました。


冷たい、そして充分以上の水分を摂っているので「湿邪」が溜まって胃腸に不調が出ます。 
めまいも「湿邪」から起きることもあります。 

また、
低気圧で身体を押している気圧が下がって身体が膨張します。 
血管が膨張すると血管拡張性の頭痛がします。 

今日は頭がズキズキするとおっしゃる方もいました。

さらに、
急に気温が下がったので今までの冷房での冷やしすぎのツケが回ってきて体が冷えています。 
足元が冷えると全身の代謝が悪くなります。 
頭部は暑いのでまだ冷房で冷やすと気持ちが良いです。 
冷房の温度設定を頭部の気持ち良さに合わせると全身は冷えて血流が悪くなります。 

以上のような原因で様々な症状が出ます。 
この天候が過ぎ去るのを待ちましょう。 
雨は必ずやみますから・・・・ 
下半身は暖かくして、冷たいものを控えて体に溜まった「湿邪」を追い出しましょう。 

お風呂にゆっくり浸って汗をかくのもおすすめです。

今日だけは冷たいものを控えて温かいお料理を召し上がってくださいね。

胃腸の働きを良くすることが早く体調不良を治すコツです。

1口30回以上噛んで

胃の中はいつも37℃を保ちましょう。
生姜、紫蘇、茗荷などがおすすめ食材です。 
体調不良が「なぜか」がわかると安心しますね。

 

雨は必ずやみます。

天気のせいにして過ぎ去るのを待ちましょう。

 

台風や大雨が来る前に体調が崩れる方は

大昔でいえば「巫女さん」扱いです。

体調で危機管理ができますから

貴方はその遺伝子を継いでいる、特殊能力を備えていると思っていてください。

 

大昔そういう方が村にいたら

その村の方々は災害を察知できる人のもとで

避難や備えができたわけですから

村を助けた功労者となるでしょう。

 

 

気候の変化に対応して

お洋服や

食べ物

飲み物

住まいの様子

衣食住のすべてを

微妙に変化させて対応していきましょう。

 


テーマ:

新潟 六日町FMゆきぐに隣

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

 

漢方相談の中で

相当な割合を占めるのが「養生」説明です。

 

相談中に私も養生のご紹介にはかなりの時間をかけます。

 

養生を守っていただかないと

治るものも治らない

漢方薬も効かない

ということが起きてくるからです。

 

食事

睡眠

心の持ち方

服装にまでお話が及ぶこともあります。

 

 

養生法をご紹介はしますが

守るのはあなたですよ~

早く、少ない漢方で治したかったらしっかり守りましょう。

 

治り方がゆっくりでもいいや。

無理しない程度に守ります。

 

どちらのやり方でもご相談者様に選んでいただきます。

 

そもそも今まで「養生」ができなかった、養生が間違っていたから現在のつらい症状が現れたわけで、そこ、生活から治しましょう!

 

このようなゆるゆる養生でもいい場合もあります。

治すまでには長い時間がかかりますが、ご本人がそれを納得すれば。

 

ところが金井がスパルタ養生を頑固貫く場合があります。

 

決して口調は厳しくはないですよ。

あくまで優しく、穏やかに・・・です。

でも、内容はシビアです。

 

それは

期間が限られている時!

 

例えば「結婚式までに皮膚病を治したい!」時。

ゴールの期間設定があるときはのんびりしていられませんね。

 

全か無かしかありません。

養生のすべてを守ってもらいます。

わがままの余地はありません。

 

 

もう一つは

高齢の妊活中の方

のんびり時を過ごしている暇はありません。

毎周期、毎周期が大切です。

 

この場合も

産めるか産めないかしかありません。

 

「妊娠しました」と喜んでいるばかりではありません。

目標は元気なお子様をこの手で抱くことです。

妊娠中にもしっかり養生を守っていただきます。

 

これはヤダ、これはできない、無理です。と言っている人には

「妊娠したらこれら全部守ってもらわなければなりませんよ。

妊娠中にできるのなら今からでもできるでしょう」

 

出来ない・・・じゃなくて、どう工夫すればできるようになるか考えましょう。

 

40代の妊活

正直言って「崖っぷち」です。

 

やった方が良いこと、全部やってみましょうよ。

 

実行してくれた方から妊娠しています。

 

「夜早く寝る」のが養生の最重要課題

だったら「今まで夜にやっていた家事一切を朝5時から始めました」

という方がいらっしゃいます。

 

ご主人と話し合って「別室でさっさと早く眠る」を実行してくれた方もいます。

 

「スマホを寝室にもって入らない」

「テレビドラマは録画して休日に観る」を実行してくれた方もいます。

 

工夫して妊娠しやすい身体つくりを実践してみましょう。

 

金井のスパルタ養生にお付き合いください。

 

やれることは全部やり切る!

こういう覚悟の有る方、こちらも精いっぱい応援します。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス