体に優しい漢方でアトピー改善・子宝応援 ☆ 明子先生が新潟六日町から発信!!

体に優しい漢方でアトピー改善・子宝応援 ☆ 明子先生が新潟六日町から発信!!

ときのや薬局の薬剤師・金井明子が漢方や食事でアトピー改善や子宝を応援、心と体を健やかにする生活のコツを綴っています。

薬剤師 金井明子の中医学教室

中医学のものさし・・・・「虚」と「実」
中医学は、患者の気持ちや生活習慣、体質、などの「個」に配慮した医療です。「オーダーメードの治療」に必要な病人の本質を見極めるものさしの一つに「虚」と「実」があります。「虚」とは「気・血・水」の不足や、病気に対する抵抗力の低下状態をさし、「実」とは、抵抗力はあるものの体内に気の鬱滞(気滞)や血液の滞り(瘀血)や水の停滞(痰湿)などの病的副産物がある状態を指します。そして「虚に対しては補い、実に対しては瀉す」のが治療原則です。エネルギーの材料が足りないのか、材料は十分だがその流れが停滞しているだけなのか、見極めてから漢方薬を選びます。

ときのや薬局ホームページ


お電話でのご相談は 025-772-2467 

FAX でのご相談は025-773-6807

新潟六日町FMゆきぐにとなり

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

「繊細さん」の本

 

この本を読んでから私の漢方カウンセリングは変わりました。

 

読む前まで:「少し鈍感になったら楽ですよ~」

 

読んでから:「繊細のままでいいんです。ただ、脳が疲れやすいので疲れを癒す方法をお紹介しますね。

そして敏感に感じてつらくなったときはこんな風にするのも一つの選択肢です」

 

今までの言い方・・・うそ、うそうそ!

ゴメンナサイ、ゴメンナサイ・ゴメンナサイ!

 

 

 

繊細さんとは・・・・

HPS(Highly Sensitive Person ハイリー・センシティブ・パーソン)

 

最近、話題になってきました。

 

感じる力が強く、それ故に自分が周りのあらゆる刺激に対して無意識にでも反応してしまう。

 

「繊細さんの本」には刺激に対しての対処法や心の持ち方など優しい文体で書かれてあります。

 

繊細さんたち、自分を受け入れてもらえた安心感とこれまでの窮屈な思いから脱せられるのではないかという希望を感じました。

 

五感はもちろんそれ以外でも

空気を読みすぎてしんどくなってしまう。

他人が叱られていても、自分事のように共感してしまう。

悪いニュースや災害の映像などが、自分のことのように感じてしまう。

大きな音やまぶしい光や強い匂いなどにも過敏に反応してします。

 

脳がすごく疲れます。

 

繊細さんは人に対して気配りができて優しい人です。

 

でも脳がすごく疲れます。

 

自分一人の時間が必要ですね。

リラックスして休養も必要です。

 

 

昔は「少し鈍感になったら楽なのでは?」と思っていましたが、

いえいえそうではありません。

 

そのままの敏感さ、繊細さでよいのです。

それはある意味、特殊能力だと思ってくださいね。

病気でもなんでもなくて気質の特徴です。

 

まず、自分がHPSであることを認識しましょう。

それだけできっと心が軽くなるはず。

 

認識したらこういう場面ではこのように考えてみたら・・・

この場面からは席を外しましょう。

怖いと感じる時はその情報を遮断しましょう。

 

まじめな性格で

優しくて

共感能力が高くて

人のためにいろいろ考えてくれる人

「いやだ」と言えずに空気を読んで心の中に封じ込めてしまう人

 

素敵な特性ですね。

 

でも脳が人一倍疲れます。

 

この疲れが生きづらさにつながってしまいますね。

 

このHPS気質でも生きづらくなくなるように中医学漢方で応援ができるかもしれません。

 

中医学では

気質や性格や考え方の癖などを

身体の「気・血・水」

「五臓」

「陰陽のバランス」から

考えていきます。

 

HPSさん、

鈍感になる必要はありません。

ただ、脳が大忙しで働いています。

敏感に感度の良いセンサーでアンテナを張っています。

だから疲れやすくなるのも特徴です。

 

気質と体質はリンクすることが多いです。

身体の特徴からバランスを整えていくと

過度の疲れは楽になるかもしれませんよ。

 

当店でカウンセリングを受ける方にHPSのことをご紹介をすると、半数以上の方が「あ~、私これだったんだわ! 納得!」と言って安心します。

 

私自身も当てはまるところ大です。

 

新潟 六日町FMゆきぐにとなり

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

 

子宝相談をお受けしていますと、

二人目が欲しい、三人目が欲しいという方もいらっしゃいます。

 

お一人目に身体づくりをして

妊活のために授かりやすくする漢方をしっかり飲んで

早く寝て・栄養をバランスよく摂って

やっとのおもいで妊娠~出産までこぎつけた

と、思ったら

「二人目は特別のことをしなくてもいつの間にか妊娠していました。」

とご報告にいらっしゃる方がいます。

 

嬉しいことですね。

二人目不妊治療は一人目妊娠中から始まっています。

を、絵にかいたように見せてくれます。

 

もちろん今回も妊娠したら健康に過ごせるために漢方をお求めです。

 

 

 

一方で

一人目は結婚してすぐに当たり前のように

妊娠~出産しても

その後第二子妊娠でてこずっている方も多いです。

 

年齢が上がってくることももちろんありますが

第一子の妊娠中のご様子

出産の状況

産後の肥立ち

授乳の期間

貧血の状態

出産後の生理の状態

疲れ具合

産後のメンタルの不調は無かったか

栄養状況

睡眠状況

家事育児への家族の関わり方

 

これらをお伺いしながら「妊娠に至らない原因」を探っていきます。

 

見えてきますよ~~

今、このお身体の状態では妊娠しない方が良いかも!

私から見れば相当の無理をしています。

 

エネルギー枯渇

血不足

毎日の生活を送るだけでいっぱいいっぱい

妊娠する身体の余裕が足りません。

 

最初の妊娠の時から「養生」という言葉を認識・実践しているかどうかが次の妊娠の時にスムーズかてこずるかの分かれ目です。

 

 

 

妊娠・出産・授乳・産後の回復にすっかり自分のエネルギーを使い果たし補充することを後回しにしてしまう。

頑張りすぎのママさんたち。

 

生前贈与が卒乳までにすっかり完了していますよ~

ママの身体はスッカラカンです。

 

第二子を授かりたかったら

自分のお身体を最優先で考えましょう。

 

気が付いた時からがスタートです。

身体の立て直し方法をご紹介しています。

今、妊娠することをご自分の身体が許しているかどうかを見極めましょう。

妊娠しても10か月間元気ですごせて、

出産の体力も保持して

産後の肥立ちまでの回復力も作りつつ

妊娠しやすいお身体を作りましょう。

産後のメンタル不安定も視野に入れつつ心身共に元気になった先に妊娠があります。

 

一人目の時には今より若かったし体力も気力も充実し、「育児のお仕事」がなかった分、すんなり妊娠できたのかもしれませんね。

 

第二子すんなり妊娠のママさんたちの多くは

「夜は子供と一緒に寝ちゃいます」とおっしゃる方が多いのです。

 

上手に家事の効率化、ライフワークバランスを考えている人が多いです。

 

新潟 六日町FMゆきぐにとなり

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

妊活中の病院の治療というのは、

集中するとき

お休みするとき

病院の先生の指示で治療のスケジュールが決められますね。

 

採卵の周期

少し休んで

移植の周期

 

あるいは採卵の周期

2か月休んで(休まない場合もあります)採卵を何回か繰り返して受精卵をたくさん溜めておいて

凍結胚を次々移植

 

いろいろのパターンがあります。

 

漢方治療で授かりやすい体つくりをするときはこの周期に合わせて

「良い卵を作る」

「良い子宮内膜を作る」のお手伝いをしていくわけです。

 

 

ご相談者様の中には

「今は治療をお休みする周期なので気持ちが楽々します。

今は何も漢方を飲まなくてよいですよね。

基礎体温も測らなくてよいですよね。

あ~ッストレスがなくなる~。」とおっしゃる方がいます。

 

その考えかた

もったいない

もったいない

もったいない

 

ダメ、ダメダメ

 

お休みの周期でも卵は成長しています。

卵はオギャーと生まれたときに卵巣の中に卵の元の細胞として蓄えられています。

両方の卵巣で200万個

 

初潮を迎える時には30万個に減ります。

妊娠適齢期には3万個に減ります。

 

この冬眠している卵子たちが次々に出番を待って選ばれて主席卵胞になって排卵されます。

 

冬眠から目覚めて排卵されるまでに180日とか370日とか言われています。

 

最低でも半年は排卵までに時間が必要です。

 

ですから治療をお休みしている時にも卵は着々と成長していますので、漢方と養生での応援が必要です。

 

治療をお休みしている周期でも油断しないで体つくりを継続しておきましょうね。

新潟 六日町FMゆきぐにとなり

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

眠れな~い

★寝つきが悪い

★途中で目が醒めてその後、眠れない

★朝早くに目が醒めてしまう。(充分寝ている人は起きてしまってもよいのですよ)

★熟睡感がない、眠った気がしない

★夢ばかり見ている(特に悪夢など嫌な夢、夢見が悪くて疲れる)

★ウツラ、ウツラしていたら夜が明けてしまった

★日中眠くてダルイ

 

 

 

眠れないときの対処法は

❶眠れない原因が生活上にないかどうかのチェック


❷改善点がない場合は体質(気・血・水)のバランスがどうか


❸それにあった漢方を選びます。

❶は午後になったらカフェイン入りの飲み物は飲まないこと
 

朝は陽の光を浴びること(浴びると16時間後に眠りの物質メラトニンが脳で作られます。)


スマホとPCは夕食を食べたら一回チェックしただけで以降は見ないこと(ブルーライトが脳を活性化します)


熱いお風呂に入らないこと(熱いと交感神経が刺激され目がさえます)


夕方5時からは緊張感をほぐすこと(軽くストレッチやリラックスできる時間を作ります)


夕食は食べ過ぎない・8時すぎない・1口30回噛むこと(寝る時に胃の中に未消化物があると眠りの質が落ちます)


お風呂上りすぐにお布団に入らないこと(温まった体温が下がり始めると眠くなります。お風呂を出てから1時間かかります)

以上をやってみてそれでも眠れない場合は漢方の出番です。

 

新潟 六日町FMゆきぐにとなり

中医学漢方で子宝・アトピー改善

ときのや薬局 薬剤師・不妊カウンセラー金井です。

 

 

9月21日は世界アルツハイマーデー

 

11月14日は世界糖尿病デーです。

 

それぞれ有名な場所がライトアップされたり、関心を寄せてくださいアピールをします。

 

 

アルツハイマーデーはオレンジで

糖尿病デーはブルーで。

 

今日はまとめて

「糖尿病の方はアルツハイマー病の発症リスクが2.1倍!」という話です。

 

アルツハイマー病を促進させるのはアミロイドβ(Aβ)たんぱくとタウたんぱくの蓄積です。

 

加齢と過剰な活性酸素は、脳内のアミロイドβたんぱくを増加させます。

 

脳内ミトコンドリア内の過剰な活性酸素がアルツハイマー病の主な原因です。

 

脳は非常に多くのエネルギーを必要とします。

このエネルギーはミトコンドリアで作られますが、このときに多くの活性酸素も発生します。

 

この過剰な活性酸素がAβを凝集させ、蓄積を推し進めます。

 

血液脳関門を通り抜け脳まで届く抗酸化物質を摂りましょう。

 

ところでなぜ糖尿病の方はアルツハイマー病の発生リスクが高くなるのでしょう。

 

インシュリンは脳内でAβたんぱくの蓄積や酸化を抑制し、神経細胞を保護してくれます。

 

糖尿病の方はインシュリンの働きが低下し、また、病気自体が脳内の活性酸素を多量発生させ、Aβたんぱくの凝集が進むと言われています。

 

さらに糖尿病は血管にダメージを与える病気です。

血液ドロドロと血管ボロボロが同時にやってきます。

アルツハイマーだけでなく脳血管性認知症にもなりやすいということです。

 

糖尿病の方は血糖コントロールを徹底し、脳内の過剰な活性酸素を消去したいものです。

 

生活養生

食養生

ストレスとの付きあい方

結構コントロールのやり方

病院との付き合い方

合併症の予防

中医学漢方の知恵と西洋医学の知識を合わせてアルツハイマー病予防のお手伝いをしています。

 

20年かけて発症すると言われています。

 

40代から予防を始めましょう!

 

生活習慣病の第一歩は高血糖からやってくると言っても過言ではありません。