今年度の新卒新入職員と、中途採用者新入職員の13名での法人合同フォローアップ研修を7月6日(木)に実施しました。

 

法人設立の地である石川県穴水町には、あすなろ学園(児童養護施設)と朱鷺の苑(養護老人ホーム)の2施設があり、法人設立とともに34年が経過しております。研修では、法人の歩みや福祉事業の幅広い展開の理解を深める機会となったと思います。

 

その後、新任職員がフォローアップできる機会の一つとして、参加者全員でのグループワークを行いました。KJ法を使い、多くの意見や考えを出しながら、最終的には、今後に向けた意見(仕事の意味・やりたい仕事、やる気への涵養等)を取りまとめ、新卒新入職員がグループの代表として意見を発表しております。

 

總持寺祖院での座禅体験は、非日常とは違う「心の体験」を経験できたとの意見がありました。今後、人を援助する専門職として、このような体験を明日からの職務にぜひ活かし、次なる成長へと願っております。

 

AD