加藤登紀子オフィシャルブログ「Tokiko Kiss」Powered by Ameba
2020.11.29

「登紀子自伝~人生四幕目への前奏曲」
ON SALE!

生まれてから75年
歌手として55年の歴史を詳述した
加藤登紀子渾身の自伝。
登紀子本人の4時間50分の本文朗読がスマホやタブレットの端末で聴けるQRコード付き!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

<TOKIKO NOW>『今度の日曜日、名取文化会館で「復興コンサート」です。』

仙台フィルハーモニーの皆さんとの共演での「時には昔の話を」「愛の讃歌」すごく楽しみですし、東日本大震災の後に作った「今どこにいますか」や、桂浜の内海和江さんの作られた「わせねでや」など、初めてのオーケストラバージョン、どんな感じになるか、本当に楽しみです。

 まだまだコロナ感染防止の緊急事態の最中なので、今年の3・11の追悼イベントが思うように開けず、残念な思いを持っている方も多いのではないでしょうか?
3月7日の名取でのコンサートも、開催できて本当によかったです。凄く大切な日になると思います。ぜひ聴きにいらして下さい。

さて、先週末の板橋文化会館のコンサート、すごく盛り上がりました。客席を半分に減らしてのコンサートでしたが、後ろまでいっぱいで、最後は総立ちで「Never Give Up Tomorrow」を歌ったのでした。
いろんな制約で溜まってる思いを、しっかり確かめるような充実したコンサートだったと思います。
 

 

このホールの近くに、私は子供の頃住んでいたことがあって、いつもとちょっと違う感慨がありました。
父がキングレコードのディレクターをしていて、美空ひばりさんを「まだ子どもだから」とオーディションで断ったという「一生の不覚」の頃です。
最近2歳の女の子のCDをキングレコードが出した、というのは、あの時のリベンジかしら⁇なんて、勝手に想像して楽しみにしている私です。

 まだまだ大変で、皆さんも耐え忍ぶことの多い日々でしょうが、くれぐれも気をつけて下さい。
私は週に一度くらい大事なコンサートが出来て、本当に幸せです。
来週末、3月14日は沖縄での「ほろ酔いコンサート春」!
旅行が難しい昨今ですが、皆さんに楽しんでいただけるコンサートにしたいな、と思っています。

 

登紀子

<TOKIKO NOW>『今週末27日は、板橋文化会館でコンサートです!』

週に一度くらい、コンサートやラジオ、テレビの仕事があってという、ゆっくり取り組めるいいペースで、今年ははじまりました。

いつもの年よりは少ないですが、それをプラスにしていきたいな、と思って、だんだんこのペースの素晴らしさがわかってきた、といった感じです。

先週金曜日は、NHKラジオの夜8時からの生放送で、増田明美さんと、楽しいトークになりました。
聞いていただいていたでしょうか?

さて、先週のティアラこうとうでのコンサート、告井さんとは今年初めて。やっぱり、何かがフレッシュですね。とってもいいコンサートになりました。

今年のコンサートのペースが見えてきた感じ。



昨日はちょっとしたレコーディングがあり、今年のコンサートの宣材用の写真撮りなど、本格的な始動に向かって動き出しています。

本当にコロナ感染防止で活動が大幅に制限された去年の2月26日から、完全に1年経ちました。

この大変さが社会全体のダメージとして感じられるのは、これからなのかもしれません。だからこそ、自分なりのネジをしっかり巻いて、時を刻みましょう!

登紀子

「さよならポルコ」ジーナより愛を込めて〜時には昔の話を

「さよならポルコ」

ジーナより愛を込めて〜
「♪時には昔の話を」の弾き語りで送ります。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>