ケリケラータなレプタイルズ!

ケリケラータなレプタイルズ!

爬虫類、両生類、鋏角類(蜘蛛とか)を中心に観察記録をやっていきます。

自分の飼ってる子達の実態メモも私の勉強の記録、そして当時の考えや感想を残すところでございます。

至らぬ所も多々あるかと思いますが、大目に見てやってください(^_^;)

未熟者ではございますが、厚かましながら蜘蛛のブリーディングローンなど積極的に行っていきたいと思います。♂貸し借りの相談などお気軽にください。コメ欄でも通知来たら対応します。

NEW !
テーマ:

皆様どうも、こんにちは。

時給108円です…
ちょっと別の場所で使ってるペンネームの方が気に入ってるんですよねぇ…意味的にもパッと見的にも私らしいというか。
蜥蜴の尻尾っていうんですけどね…今からでも改名しようかしらとか思ったり思わなんだり(笑)
イベントで「時給君」「108円さん」呼ばれる複雑な感覚よw
いや、「蜥蜴君」もこの界隈に限ってはダメやろやし「尻尾さん」じゃ上二つに負けてないな(


















本題

さて本日はこちら。


なんじゃあこりゃあ!!!

Phormictopus sp. violet

2015/11 EUCBです。

最終脱皮致しまして、ご覧の通り凄まじい輝きを放つ美貌になりました。いやはや、こりゃあ凄い。

生後約3年と、まぁそこそこの年数掛けております。
体長もこれ何センチあるんでしょうねぇ…
体長7、8cmにLS17〜19cmくらいあるんとちゃいますかねぇ…

かがみ込んでこれでございます↓
いやー、こりゃびっくり

こやつの過去記事を参照の通り、とても繁殖などに使える個体ではないので、あとはこの美しさを堪能して看取ろうと思っております。

満3年は一緒に過ごせそうですからね、あまり悔いはありません。

死後はちょっと触肢をお借りして記載種との比較をしてみたいと思っております。ま、記載種のいいデータが見当たらんのが本属の困ったとこなんですけども。



レッドアイランドバードイーター
Phormictopus atrichomatus

結構久しぶりの登場かもですね。高校生の頃は一番好きな憧れの蜘蛛の一つでありました。
今でもこの手のフォルミは推しの1つですけどね。まぁでもニッチな種によー目を向けるようにはなったかなぁ…
ひねくれた嗜好してるからですかねぇテラフォサよりベルベトソマが飼いたいとか言い出すタイプなので……(


さて、そうこうしてるあいだにこの子はカップ大も卒業致しまして、プラケ組となりました。知ってたけど成長は速いもの。
ちなみにほぼ♀確ですわよおほほほ。外見にはまだ出てないけどあの殻はメスやろ

あんまりすばしっこくもないのにどうしてネット上では「なかなか危ない蜘蛛」とまで言わしめるかというと、周りの蜘蛛との印象の兼ね合いと本属のアグレッシブさにあると思います。

フツーに扱ってたらそうそう肝を冷やすことは無い蜘蛛だと思いますよ。基本に忠実にしてればね。
この手のルックスのバードイーターが皆聞き分けがいいからと思ってると…って表現したらわかりやすいかも知れません。
食欲はずっと言ってきての通りですが、その強欲さたるや、引越しのためにカップを傾けピンセットでつついた時さえも凄まじい反射神経で噛み付いてくるほど。
ありゃ威嚇ではありませぬ。食えると思ってやってますな(
蛇とかもそうですが、食う為の攻撃の方が性能としては恐ろしいものだったりしますでしょ?
そういう意味でこやつらは危なっかしい面があるかもしれません。
距離こそ短いものの、逃げるモードになると割と簡単に走り出すのでそこんとこも気にとめといた方が良いかもしれません。ごく短距離なので、食いついてくるよりはええような気もしなくはないんですけどね(


うちで初のフォルミ

Phormictopus cubensis

今やうちでいちばん大きな蜘蛛(LSなら上のヴァイオレットがダントツ)となってしまった彼女。ちょうどうちに来て3周年です。
大阪の方々と知り合った場で迎えた子なので、この子について振り返るとなんだかそういう気分になります。
あれからもう3年か……

こやつも3歳になり、もうすっかり年頃の女性ですね。お婿さん自分から行かないと手に入らなさそうだけど(

上の2匹と比べて性格面が良いというのはずっと話してきての通りでございます。
やっぱりこいつは大人しい。
ダッシュのダの字もないし、どっちの理由でも噛み付いてこない聞き分けのいい性格をしております。
普段の餌やりではちゃんと目の前でモリモリ食います。

2週間に1回、覆いかぶさると画像のように全く見えなくなってしまうようなサイズ比のデュビアを1匹だけ与えておりますが、そこそこ太ってきてしまいましたね。
体型維持は難しいです。

チビはバカスカ食わせていいんじゃね?と無責任に考えてたりしますが、成体ともなるとよろしくないのは蜘蛛とて同じ。想像に難くありませんね。
Twitterでは結構心配になる体型の大型種をよく見かけます。
食うからってそうホイホイ食わす必要もないというかそういういい生活を野生では送ってないと思いますので、(心を鬼にして)適度な食生活を送らせてあげたいですね。



フォルミ達の近状でした。
さて、オーサカ行く為の“弾”をおろして来るとしますかねぇ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス