松林の建築さんぽ

松林の建築さんぽ

建築設計の日々から、、、世の中をみてみると、、、、。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

10月15日(土)福岡県建築士会のhリテージ・マネージャーの講習

の一環で重要文化財の見学会が開催され参加した。

高良大社は初めて、善導寺は20数年ぶりの訪問となった。
耳納山系の西の端に位置する山の頂上近くに立地していて

久留米市街を一望できる。

神主さんお説明に耳納連山を龍と見立てここは龍の頭と

説明されたのに納得する。



階段下で駐車してこの階段を登る。



参加した面々



現在、本堂のこけら葺き屋根の葺き替え工事中で

本堂全体が素屋根で覆われてその中で葺き替え工事が

進んでいた。

こけら葺きの詳細なな説明を受けたが内部は撮影禁止で

写真はない。

全壊の葺き替えが1977年というから約40年経過していることになる。



次に善導寺に移動、浄土宗の九州大本山になる。

広大な伽藍配置は圧倒的だ。




三門



正面奥に釈迦堂、左側に鐘楼



伽藍配置案内板




鐘楼



鐘楼の横には菩提樹



本堂が1786年建設というから200年以上になるのに

傷んだところが見当たらないけやきづくり






庫裡の書院廻りを見学



張り壁仕様の床の間



水琴窟


対面所、建築履歴を検証しながらどの時代に再現するのかは

文化財としては重要な課題のようだ。




最後に重要文化財の大門に廻ってみた。




大門から三門を望む、のびやかな軸線が伸びる。





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス