東北大学学友会硬式野球部

東北大学学友会硬式野球部

東北大学学友会硬式野球部のブログサイト

仙台六大学リーグ所属

@富沢グラウンド

NEW !
テーマ:

こんにちは!尾中大介です!

 

本日は春季リーグ戦最終節、宮城教育大学さんとの勝ち点をかけた第二戦目が行われました!

 


宮教大|000 000 000|0
東北大|320 000 01×|6

本:櫻井優(東)
二:寺島、笹渕(東)

バッテリー
(東)○谷口、小池、高橋朋-鈴木優

 

試合は初回から、寺島(工4)や村井(工3)のタイムリーで三点を先取し、試合の主導権を握ります。その後も谷口が相手打線を完璧に抑え、付け入るスキを与えません。8回には櫻井のダメ押しとなる一発が飛び出し、6対0で完勝しました。

相手を無失点に抑えた谷口(工2)

先制タイムリーをうった寺島

続く村井

タイムリー性の安打を打った山田

リーグ戦デビューを果たした小池(経1)

好投で試合を閉めた高橋朋(工4)

リーグデビューの畑古(経1)

ホームランボールを手に 櫻井

 

はい!というわけで、宮城教育大学さんに2連勝し、無事勝ち点を取ることができました!

ここまで、苦しい戦いが続きましたが、最後に勝って終わることができて秋に向けてひとついい形で終わることができたのではないかと思います。ただ、目標であるAクラス入りを果たすことができなかったので、一つ一つ課題を克服していこうと思います!

また、今リーグでチームのために差し入れをくだった方、暑い日が続く中、応援に駆けつけてくださった方、球場には来れなくてもチームのことを応援してくださった方、皆様の支え合ってこその勝利だと感じております。本当にありがとうございました。

また、夏、秋と大きな大会が続きますがチームとしての目標が果たせるよう一歩一歩進んでまいります!

 

 

また、今試合後には応援団と野球部の懇親会が催されました!いつも熱い声援を送ってくださる応援団・チアリーディング部の皆さんに感謝の気持ちを伝える場でもあります。

応援団長の芹澤さん(経4)と山口主将(経4)

最後に全員でパシャリ

 

暑い日が続き、また、なかなか勝てない苦しい試合が続く中でも、いつも変わらない精一杯の応援を届けてくださった応援団・チアリーディング部の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

そして、今回のインタビューでは、山口主将に今リーグ戦を振り返っていただきました!

 

オ:お疲れさまでした。今リーグ戦を振り返ってみてどうでしたか?

山:勝てない試合が続いたことがきつかった。勝つってことが難しいことを改めて感じたね。特に、今までできたことが思うようにできなかったことが悔しかったかな。

 

オ:今年はキャプテンとしてチームをまとめながら、選手としても結果を出さなくてはならないという立場でしたが。

山:やっぱり、重圧はあったね。けど、そのぶん、去年よりも打席立った時に何とかしてやろうという気持ちが強かった。

 

オ:5位という結果でしたが、この結果はどのようにとらえていますか?

山:もっと練習が必要。あくまで目標はAクラス、最低でも6勝はしなくてはならない。最後、2勝で終われtことは意味のあることだけど私立に勝つためにはもっと高いところを目指して練習していかなければならない。

 

オ:これから、七大戦や秋リーグと大事な試合が続きますが、意気込みを。

山:2つの七大(東北国立七大学、旧七帝国大学)は優勝、秋リーグはAクラスを目指して頑張ります。

 

ここで、山口主将のインタビュー中に乱入した佐藤(工3)もインタビューに答えてくれました!

オ:このリーグ戦でメンバー入りしてみてどうだった?

佐:毎日練習来れるようになった、練習もちゃんとするようになったね。まあ、今日は朝3時までレポートあってできなかったけど(笑)

 

オ:拓弥も意気込みをお願い!笑

佐:チームを優勝に導くことが俺の使命、チームに貢献できるよう頑張ります!毎日練習に行って中国語の単位落とさないように頑張りまーす(笑)

おれ、個人的に優勝狙ってっから。

オ:ありがとう!(笑)

 

今リーグ攻守でチームを盛り上げた佐藤

 

では、失礼します!

 

 

 

Ameba人気のブログ