札幌東豊病院ブログ
  • 22Oct
    • 備えあれば憂いなし・・・・地震保険と地震対策

       このたびの北海道胆振東部地震により震災に遭われた皆様方には、心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔やみを申し上げます。 被災者の方々が一日も早く普段の生活に戻れますことを心よりお祈り申し上げます。 9月6日地震直後、私は病院に向かいました。幸い怪我をされた患者さんはおらず、安堵致しました。午後10時すぎに病院の停電が復旧し、状況が落ち着いたのを確認してから自宅に戻りました。 我が家は東区にあり、札幌市内で観測史上最大震度6弱の地域です。家に入ると、本棚は倒れ、テレビは飛び、冷蔵庫は扉が閉まらず食器やグラスなどはほとんど割れて壊滅状態でした。(家族は、地震直後に南区の親戚の家へ避難しました。)足の踏み場がなく、外靴を履いて後片付けをしました。 これでも7割程度片付けた後の写真です。 本棚には転倒防止の対策をしていましたが、役に立ちませんでした。■皆様は、地震保険に加入していますか? 火災保険における地震保険の付帯率は全国平均は約30%で、北海道はそれより低く約25%とのことです。 地震保険の査定方法について調べてみたところ、その仕組みを知りとても驚きました。 火災保険は、保険金の上限まで実際の損害額が支払われます。 それに対して地震保険は、全損の場合は保険金の100%、大半損は60%、小半損は30%、一部損は5%というように被害の割合に応じて支払われます。 つまり個々の物に対しての被害とは全く関係ありません。 (東京海上日動ホームページより掲載)■皆様は、地震対策をしていますか? 今回の震災を教訓に、我が家では二つの地震対策を行いました。 一つ目は、背の高い家具は置かないこと、二つ目は食器棚の扉に震度4以上でロックがかかる扉開き防止ストッパーを取り付けることです。(しかし、なかなか注文した商品が届きません。) 医師 K

      NEW!

      1
      テーマ:
    • すこやか母子手帳 10月21日放送

        札幌東豊病院では、STVラジオにて毎週日曜日朝7時20分から「すこやか母子手帳」という番組をお送りしております。STVのアナウンサー熊谷明美さんとともに、当院産婦人科医師の菅原正樹が毎週ひとつのテーマについてお話ししております。 平成30年10月21日の放送では「臍帯」についてお話しいたしました。簡単に内容をご紹介いたします。 臍帯は赤ちゃんと胎盤をつなぐ索状物で、一般的にはへその緒と呼ばれます。長さは妊娠満期で50cmくらい、太さは1.5cmくらいです。臍帯の表面はツルツルしていて内部はゼリー状の物質で満たされています。その中を3本の血管が走っています。2本は臍帯動脈。あと1本は臍帯静脈です。 赤ちゃんの体でいらなくなった二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、臍帯動脈を通って胎盤に運ばれ処理されます。そして胎盤から酸素や栄養を受け取った血液が臍帯静脈を通って赤ちゃんに運ばれます。臍帯は赤ちゃんにとって命綱と言えるでしょう。 へその緒が絡まることを臍帯巻絡といいます。一番絡まりやすい部位は、赤ちゃんの首です。お産の時、陣痛によって絡まった部分が締め付けられると臍帯の中を走る血管が圧迫され赤ちゃんの血の巡りが悪くなります。赤ちゃんは強いので少し圧迫されたくらいではびくともしませんが、圧迫が繰り返されることでちょっとづつ苦しくなることもあります。 お産の最中は赤ちゃんの心拍をモニターしながら赤ちゃんが苦しくなっていないかどうかを慎重に見極める必要があります。 日本には造血幹細胞移植法という法律に基づいて厚生労働大臣が許可した公的な臍帯血バンクが6箇所あります。北海道には日本赤十字社北海道臍帯血バンクがあります。生まれた後赤ちゃんのおへそにやや近いところで臍帯は切り離されます。切り離された部分から胎盤まで長さが40cmくらいありますのでその中に臍帯血が少し余ります。これをいただいて血液病の治療に役立てるのが臍帯血バンクの趣旨です。 臍帯血バンクとの提携産科施設でのみ採取が可能です。 札幌東豊病院、愛産婦人科は提携産科施設です。 radikoでも聴くことができます。radikoのタイムフリー機能を使えば1週間以内ならお好きな時間にお聴きいただけます。是非聴いてみて下さい。

      テーマ:
  • 19Oct
    • 今週のベストショット

      先日、外来受診された妊娠32週の方のエコーです。”わたあめ” 食べているみたい?ですよね。(ホントは胎盤ですが、、、)            数年後、家族みんなでお祭り行って実際食べたりするのかな?    楽しみですね!  (ご本人に掲載の許可をいただいております。)                                          医師 W

      テーマ:
    • 10月19日 本日の昼食は、牛丼です。

        日に日に寒さが身に染みる今日この頃です。 温かな鍋物や丼物は、気持ちをほっこりさせてくれますね。今日の昼食は牛丼です。 牛ロースがメインですが、コクを出すために牛バラ肉を少し加えてました。赤みそを使った味噌汁を添えて、より温まっていただけますように・・・。      献立内容     ・牛丼     ・赤だし味噌汁     ・枝豆とエビの寄せ揚げ     ・法蓮草のサラダ     ・ブドウ(レッドグローブ)                                     管理栄養士

      テーマ:
  • 18Oct
    • レアード選手からもらっちゃいました

       プロ野球は、ペナントリーグが終わり、セパともクライマックスシリーズ・ファイナルステージの真っ最中です。 我が、北海道日本ハムファイターズは、惜しくもパリーグ3位という成績でした。 クライマックスシリーズで勝ち上がり、日本シリーズへの挑戦をめざしましたが、ファーストステージで敗れてしまい、今シーズンのすべての試合が終了しました。  来季も、栗山監督の続投が確実になりました。気持ちを切り替えて、来年もみんなで応援しましょう。写真は、寿司を握る仕草のパフォーマンスで有名な ブランドン・レアード選手から頂いた、公式ボールです。                                       医師 M

      1
      テーマ:
    • 小児科外来風景から

       小児科は季節の移り変わりをよく映す診療科です。 最近、外来ではRSウイルスが増えてきました。「あー、冬になるなあ」という感じです。RSウイルスは小さな乳児では重症になることが多いので、注意しましょう。 RSウイルスの後は、いよいよインフルエンザ、ノロウイルスの季節がやってきますね! 後で後悔しないよう、インフルエンザワクチンを接種しましょう。ちなみに当院では10月23日(火)から接種開始です。ただいま、絶賛予約受付中です。 それと年長児のマイコプラズマ肺炎もチラホラ・・。 全国的には風疹流行が話題で、特に30〜50才台の男性がかかる例が増えています。 風疹の診断は難しいですが、写真のような紅い細かな発疹が出て、耳の後ろや首の後ろのリンパ節が腫れます(シコリ)。妊婦さんがかかると赤ちゃんに重大なことが起きる場合があるので、とりわけ注意しましょう。わかりやすい風疹の流行情報はこちら↓https://www.kosodateouendan.jp/pc/article.html?id=IE00000293 小児科医師 I

      1
      テーマ:
  • 17Oct
    • 10月17日 本日の昼食です

      カレークリームスパゲティ、シーーフードサラダ&柿のデザート  本日は、パスタメニューの中でも人気の「カレー味のクリームスパゲティ」です。 豚肉・玉ねぎ・シメジ等の具材をニンニク・生姜で風味付けしています。 トッピングはスナップエンドウですが、役割は2つ。 鮮やかな彩り、それと食べすすめるうちにくどくなりがちなクリームパスタの“お口直し”です。 付け合わせはシーフードサラダです。                         本日の担当 管理栄養士でした。

      テーマ:
    • 北海道胆振東部地震 ①

        北海道胆振東部地震から早いもので1ヶ月余りが過ぎました。被災された多くの方々にお見舞いと、お亡くなりになられた方に心よりお悔やみ申し上げます。 9月6日早朝、私は当直をしていました。お産や外来患者さんがいらっしゃらないときは、基本ベッドで就寝しています。ベッドの横にある不安定な高いテレビ台に乗った液晶テレビが、地震とともにベッドの脇に倒れてきました。 その大きな音にびっくりして、目が覚めました。慌てて病棟へ駆けつけ、すぐに患者さんの安否確認と安全な場所へ移動していただきました。            札幌市東区 道路陥没の状況                                          つづく  (医師A)

      テーマ:
    • ハロウィン

        木々の葉が色づき始めるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。さてもうぐハロウィンですね。ハロウィンといえばかぼちゃです。 我が家では毎年スイカ栽培をしておりますが、スイカの苗は非常に弱く特に寒冷地ではタネから出た苗は、そのままではうまく育ちませんのでかぼちゃの台木(接ぎ木)から育ています。 この夏は初夏の頃寒暖差が大きく、肝心のスイカよりも台木のかぼちゃの方が育ってしまいた。かぼちゃは沢山出来てしまいましが、甘くてほくほくのかぼちゃは子供達の大好物でパクパク食べてます。 一番大きなかぼちゃはジャックランタンにする予定です。                                             医師 I 記

      テーマ:
  • 15Oct
    • すこやか母子手帳 10月14日放送

       札幌東豊病院ではSTVラジオにて毎週日曜日朝7時20分から「すこやか母子手帳」という番組をお送りしております。STVのアナウンサー熊谷明美さんとともに当院産婦人科医師の菅原正樹が毎週ひとつのテーマについてお話ししております。 平成30年10月14日の放送では「産前産後の尿のトラブル」についてお話しいたしました。簡単に内容をご紹介いたします。 妊娠中の頻尿、尿もれは大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで起こります。したがって、妊娠のいずれの時期でも起こり得ます。排尿時に痛みがあったり血尿が出るような時は膀胱炎や腎盂腎炎などの病気かもしれません。そういった症状が出る場合は医師にご相談ください。 産後の頻尿、尿もれは咳やくしゃみなど不意にお腹に力が入った時に尿が漏れる、トイレが近いといった症状が多いです。お産によって骨盤の底をふさいでいる骨盤底筋群が緩みます。 骨盤底筋群は尿道や膣、肛門を締める働きがありますがこの緩みが産後の頻尿、尿もれの原因です。この症状に悩まされる方がはかなりの高い頻度でいらっしゃいます。通常は自然に治ってきますが、骨盤底筋群を鍛える体操で治りが早くなります。体操といっても難しいものではなく尿道や膣、肛門をギュッと3秒間締めたあと緩めます。これを3回1セットとして1日まず5セット、少し慣れてきたら10セットくらいまで増やしてください。 1ヶ月続けてみてください。あまり根を詰めてやるとこういう体操は長続きしません。回数はあくまで目標です。「やらないよりはまし」くらいの気持ちで少しの回数でも良いから続けてみましょう。radikoでも聴くことができます。radikoのタイムフリー機能を使えば1週間以内ならお好きな時間にお聴きいただけます。是非聴いてみて下さい。

      テーマ:
  • 12Oct
    • 昨日のベストショット

      昨日、来院された妊婦さんの健診時の超音波画像です。すまし顔から突然にっこり、とびきりの笑顔を見せてくれた赤ちゃんです.(妊娠31週の妊婦さんに掲載のご了承頂きました。ありがとうございます。)

      テーマ:
  • 11Oct
    • 「体のご不自由な方専用の駐車スペース」の利用に関するお願い

       産婦人科入口の一番近い場所に「体のご不自由な方専用の駐車スペース」を設け、車イスでの乗り降りが可能なよう広いスペースをとっています。 ご利用頂ける方は「障がい者、高齢者、けが等で歩行が困難な方」です。 それ以外の患者さんやご家族の方のご利用は、ご遠慮ください。  病院には、「車イスを使用している。自分で車を運転して通院しているが、障害者用の駐車スペースに健常者が駐車するケースがだびたびあり、駐車することができずに大変困っている。」というご意見が、たびたび寄せられています。 明らかに健常者が利用していると思われる場合は、お声かけさせていただいていますが、「すぐに戻るから・・・」とか「他のスペースがいっぱいだったから・・・」というような理由をおっしゃいます。 どうか今一度、このスペースを設けている趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

      テーマ:
  • 10Oct
    • 命を救う AED

       最近、駅や飛行場などで、AEDと書かれた器械を見かけることはありませんか。このAEDは、突然の心停止を起こして倒れた人を、そこにいる人たちがその場で使って倒れた人の命を救うことができる医療機器です。   東豊病院では産婦人科入口の右壁に設置しています■どうしたら救える・・・必要なことは3つ  ①119番通報とAEDの要請  ②心臓マッサージ  ③電気ショック■救急車を待っていては遅すぎる 心停止の際の応急処置は「秒」を争います。 一刻も早く救命処置を始めないと、助かる可能性がどんどん低下していきます。■行動を起こすことを恐れない 仮に心停止でなかったとしても、心臓マッサージによって状態が悪化することはありません。 AEDには、診断機能がついていて、必要のないときに電気ショックを与えてしまうこともあり  ません。倒れた人に反応がなかったら、恐れずに行動を開始してください。 (公益財団法人日本心臓財団ホームページより引用) そのためには、日頃から心臓マッサージの方法やAEDの使用方法等を確認しておくことが大切です。                        当院では、先頃全職員を対象にAEDの講習会を開催しました。写真は、そのときの模様です。                                                                                     

      テーマ:
  • 09Oct
    • 本日のお食事(昼食)

        朝晩肌寒くなり「温かい食事」が恋しい季節になりました。本日の患者さんの昼食は、温かい「にしん蕎麦」デザートは「柿」でした。(他にも鶏挽ごぼう揚げとオクラとタコの酢の物がつきました)紅葉のような「生麩」も添え、心身共に暖まっていただけたと思います。

      1
      テーマ:
  • 08Oct
    • 10月7日放送 すこやか母子手帳

      札幌東豊病院ではSTVラジオにて毎週日曜日朝7時20分から「すこやか母子手帳」という番組をお送りしております。STVのアナウンサー熊谷明美さんとともに当院産婦人科医師の菅原正樹が毎週ひとつのテーマについてお話ししております。 平成30年10月7日放送分は「赤ちゃんの性別」についてお話しいたしました。簡単に内容をご紹介いたします。 お腹の中の赤ちゃんの性別は昔も今もママ、パパだけでなくおじいちゃん、おばあちゃん、上のお子様、ご親戚さらにはお友達までみんなが気になる関心事です。 赤ちゃんの性別は卵子と精子が受精した瞬間に決まります。性別を決める染色体にはX染色体とY染色体があります。卵子はX染色体を持っています。ここにX染色体を持った精子が受精すれば女の子、Y染色体を持った精子が受精すれば男の子になります。 性別は超音波検査でわかることがあります。陰茎、陰嚢が見えれば男の子、両側の陰唇が合わさって木の葉様に見えれば女の子です。妊娠中盤まで行けば超音波で性別がわかることが多いですが、どうしても最後までわからないことが稀にあります。性別がわからなかったからといって赤ちゃんがお腹の中で変な姿勢になっているわけではなく、たまたま見えないだけですから心配いりません。 radikoでも聴くことができます。radikoのタイムフリー機能を使えば1週間以内ならお好きな時間にお聴きいただけます。是非聴いてみて下さい。

      テーマ:
  • 05Oct
    • 駐車場のご利用について

      病院の東側と南側に駐車場があります。台数に限りがありますので、満車の場合は「北18東15提携駐車場」をご利用ください。 なお周辺は明園小学校のスクールゾーンに指定されており図の黄色の道路は 7時~9時、     13時~15時 (土日祝除く)は通行できません。 ※この標識にご注意ください。この時間帯は上の地図の緑の道路を矢印方向から進入してください。(出庫の際も同様です。)   ■利用時間   8時~20時30分(出庫は24時間可)   ■駐車料金   外来受診・お見舞い              いずれも3時間まで無料です。(以降は30分100円)   ■認証  駐車券をお持ちになり、院内で認証を受けてください。

      テーマ:
  • 02Oct
    • STVラジオ「すこやか母子手帳」

       札幌東豊病院ではSTVラジオにて毎週日曜日朝7時20分から「すこやか母子手帳」という番組をお送りしております。 STVのアナウンサー熊谷明美さんとともに当院産婦人科医師の菅原正樹が毎週ひとつのテーマについてお話ししております。  平成30年9月30日放送分は「羊水」についてお話しいたしました。簡単に内容をご紹介いたします。 羊水はただの水ではなく赤ちゃんを守り育ててくれる水です。羊水は妊娠のはじめの方は赤ちゃんを包んでいる膜から作られます。 妊娠中盤以降は羊水の大部分が赤ちゃんのおしっこです。しかも赤ちゃんはその羊水を飲み込んで体で吸収してまたおしっことして出して羊水として使います。 したがって、羊水量は赤ちゃんの元気具合を知る手がかりになります。 健診の時、医師は超音波で羊水量を評価をしています。羊水量が多いから、少ないからといって赤ちゃんに必ず異常があるわけではありません。慌てず医師からの説明をよくお聞きになって下さい。 radikoでも聴くことができます。radikoのタイムフリー機能を使えば1週間以内ならお好きな時間にお聴きいただけます。是非聴いてみて下さい。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス