集大成 | 戸田和幸オフィシャルブログ「KAZUYUKI TODA」Powered by Ameba
2018年07月06日

集大成

テーマ:ブログ
  今日はいよいよ現地からワールドカップを中継する最後の試合となります。

フランスvsウルグアイ。

日本で4試合、ロシアに入ってから3試合の計7試合。

決勝戦の録画放送はまだ残っていますが、リアルタイムの放送でお届けするのは今日が最後の試合となります。

ここまでのTBSワールドカップ中継は如何だったでしょうか。
 
今までの地上波サッカー中継に新しい形をという、自分なりの使命感を胸に。

ワールドカップという、4年に1度しか行われないサッカー世界一を決める大会に参加させてもらってきました。

この仕事をする上で心掛けることは。


言うまでもなく、その中継を見る人達を意識するということです。

昨年行われたハイチ戦に引き続き、再びTBSさんからお声かけをいただき。
今回のワールドカップ中継に解説者として参加出来る幸運に恵まれました。

地上波でのサッカー中継。

難しかったです。

ついつい全体のオーガナイズやポジショニングについて、または攻守両面における戦術的な特徴などについて言及したくなる気持ちが出てきてしまう自分をグッと抑え。

それでも世界トップレベルの闘いだからこそ行われているチーム単位での駆け引きや、ゴールが生まれるまでに存在する隠れたアシストなど。

世界トップレベルだからこそ行われていることは、出来る限り伝えるべきだと考え。

スタッフさんや実況の方達の協力をいただきながら、ピッチ上にて行われている「本当のこと」を伝える事にチャレンジしてきました。

しかしながら仕事をする上で重要なことは、自分がどこにいて誰の為にその仕事を任されているのかを正しく認識すること。

これまでサッカーに関心のなかった人達も見る可能性が高い中継にて。

自分が呼ばれた理由と、役割をどう解釈し実践するか。

局としての意向を聞いた上で、自分だから出来る貢献の形とはどういうものとなるのか。

何ヶ月もかけて考えながらワールドカップに臨み、ついに現地最後の中継の日を迎えました。

つまるところ、自分に出来ることに全力を尽くすことしか出来ないと。

自分を起用してくれた人達の意向を把握し、そこに自分だからこそ出来る何かを提供する。

これしかありませんから。

自分達の中継を見る人達が実際にどういった年齢層なのか、サッカー経験者がどのくらいいて、男性・女性どちらが多いのかといった事については。

知る由もありません。

ですが自分が仕事をする場所は「地上波」だということを考えると、やはり普段とは違うアプローチからの仕事をするべきだと。
自分なりに考えて今日まで中継に臨んできました。

とはいっても、自分は自分です。

どうやっても他の誰かにはなれない、なる必要もない。

ですので、今日も自分だからこそ出来る仕事を。
地上波の放送にアジャスト出来るような形仕事を目指して。
最後の現地中継に臨みたいと思います。








戸田和幸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース