よくがんばってるね、が言えないとき | 南大阪泉州子育て支援おやとこらいぶねっと

南大阪泉州子育て支援おやとこらいぶねっと

乳幼児期の触れ合いや関わりは一生の財産!ベビーマッサージ・1歳からのおやこリトミック・2歳からこどもアトリエの教室と、講師養成を開講しております。おやとこ防災講座・子育て情報誌「えぇのみぃ」発行しています。


テーマ:

褒めて育てろとは言うけれど。

 

わたし、思ってもいないこと言えません。

 

本音はそこじゃないのに褒めなあかんのか〜。。。

 

そう、大人気なく子どもみたいに40過ぎた母がだだこねてしまう、、どっちが子どもかわかりません。

 

息子のこと。

 

火曜日は、遅刻でも行ってくる、と言い、

出るのを待って見送ってからと私もできる限り付き合おうと、、、。

リュックも背負って学ランにちゃんと着替えて。。

 

 

行ったーーーーー

 

 

やっと行ったーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

帰ってきた。

 

 

やっぱり、行けなかったんやね。

 

 

 

そうか。

 

 

 

褒めるべきところは

 

 

行こうと思って着替えて家を出れたこと。

 

 

 

でも、私はね

 

 

それが素直に言えず

 

 

苦笑。。。

 

 

 

心の中では

 

「門の前まで行ったのなら、、、行けや〜〜〜〜〜〜」

 

 

と、大叫びしていました^^;

 

 

 

行けないことを行くように「押し付けない」。わかってる、頭では十分わかってる。

 

 

 

「認める」「見守る」って簡単に言えるけれど

 

本当は、本当に難しい。

 

担任の先生の前でも何度も泣き

家庭児童相談所でも嗚咽し

 

 

私の中ではまだまだ先は長いです。

 

 

これは、私にとっての活かされる学びであるのだろうか。

 

こんな辛いことないなあ。

 

 

 

 

 

本人はめちゃめちゃ頑張ってるのに

 

よく頑張ってるね、が言えない母。

 

 

まだまだ、ありのままを認めてあげれていない証拠だと思います。

 

 

 

 

 

こんな母でごめんね。

 

 

さてさてまだまだ続く。

 

 

 

NPO法人おやとこらいぶねっと代表さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス