猫の脳炎・脊髄炎 | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

猫の脳炎・脊髄炎

ウイルスや細菌・真菌などによって脳や脊髄が炎症を起こした状態です。ヒマワリ


脳や脊髄の組織が破壊されると発熱や発疹、麻痺、痙攣などの神経症状が見られます。チューリップ赤


原因としては
・伝染性腹膜炎(ウイルス性)
・猫エイズ(免疫不全症)
・クリプトコッカス症(真菌)
・トキソプラズマ症(寄生虫)
・フィラリア症(寄生虫)
などがあります。オバケ


治療には薬物療法が主でそれぞれの原因に応じた抗生剤や駆虫薬の投与が必要です。チューリップオレンジ


また対症療法として抗けいれん薬やステロイド、利尿薬など様々です。チューリップピンク


これらの初期症状は風邪と似ているため、発見が遅れて後遺症が残る事があります。ねこへび



当院での症例

突発性前側頭葉脳炎


チンチラの子。にゃー


突然歩けなくなったとのことで来院されました。ヒヨコ


食欲がなく、吐き気が続き、頭部振戦(頭が左右に震える)がありました。クマ


右後肢の姿勢反射も弱くなっていました。ぶーぶー


血液検査・レントゲン・エコー検査・尿検査など精密検査をしましたが、特に問題ありませんでした。パンダ


脳疾患を疑いMRI検査をしました。同時に脳脊髄液検査も実施しました。うり坊



左前頭葉に一部炎症を疑う像がありました。ブタ


脳脊髄検査から猫伝染性腹膜炎やトキソプラズマ・真菌などの感染症は否定的でした。ペンギン


炎症細胞も少なかったため壊死性脳炎やその他原因不明の脳炎の可能性もあります。クマノミ


確定診断には病変の細胞を病理検査できるといいのですが、現実的ではありません。ヒツジ


非感染性の脳炎疑いの為ステロイドでの治療を行いました。しっぽフリフリ


投薬後3週間ぐらいでかなり改善しました。晴れ


元気食欲もあがり、神経症状もほとんどなくなりました。馬


現在は休薬し、定期的な経過観察をしております。ブタネコ




神経症状が出ている場合、原因の早期発見早期治療が重要です。しっぽフリフリ


なかなか全身麻酔をかけてMRIを撮ることや脳脊髄液検査に抵抗はあると思います。ヒツジ


しかし、感染症の場合ステロイドの使用が致命的になる場合もありますオバケ


また原因に病原体に対して有効な薬を使用しないと進行が止まらない場合などもあります。馬


よく主治医の先生と相談して治療方針を計画することをお勧めします。虹




戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス