東亜物流の社長ブログ

東亜物流の社長ブログ

人生で成功するには人と人との関わりを心から大切にし、自分自身を人間的に成長させていくことが基本的要素であると思います。

本当に早いもので令和4年も三分の一が終了したことになります。 残り120日

毎月感じてますが、歳を取ると時間間隔が早まると言いますが今年は特に早く感じますニヤニヤ

第7波の終息が見えない中、なかなか終息を観ないコロナの感染状況が続いていますので、当社内においても濃厚接触者、感染者も出ており少なからず影響が出ております笑い泣き

そういう状況下ですが、

今月は上半期の締めの月でありますので、

多少なりとも荷動きが活発になることが予測されておりますので取りこぼしの無い様に務めて参りたいと考えております。

 

 

 

昨日、8月15日は『終戦の日』でした。

戦後77年になります真顔

川柳で『8月や6日、9日、15日』という句がありますがその意味が分かる人がどの位いるでしょうかはてなマーク

 

今年は暑さを避けて13日に雨の中、靖国神社にて英霊に感謝の想いを込めて合掌して参りました拍手

 

今日8月10日は道の日です。

1920年に日本で初めて道路整備長期計画が実施されたことに由来し、1986年に制定されました。

因みに現在、日本の道路の総延長は約6万5千キロメートルで地球一周分を超える長さだそうです。

当社の様に道路を使って事業を営んでいる企業には由縁がある日だと思います。

 

8月に入りました真顔

 

5月からスタートした当社第33期第一四半期も特に大過なく終了することが出来ました。

感謝御礼

夏本番を迎え記録的な猛暑が続いておりますが、予想以上に感染が急拡大しておりまして、国や都がこの第7波への、対応をどの様に執って行くのかが、今後の最大の懸念材料でありますが、

コロナ禍以降のこの2年間の経験と知見で何とか乗り越えて行きたいと私個人的にはそのように念じております。

 

来週末からはお盆休みに入りますので第7波の最中ではありますが、その前の駆け込み等で貨物の動きも活発となる時期でありますので取りこぼしの無い様に務めて参りたいと考えております。

 

今年もコロナと向き合いながらの夏休みの過ごし方になりますが、ご先祖様への供養や両親への孝行または家族サービスなどこの時期にしか出来ないことしてお過ごしくださいやしの木

さて、7月になりました。

夫々に感じ方は違うにしても本当に早いもので、1年の半分が終わりいわゆる折り返し地点ですびっくり

会社経営においても、私生活のおいても前半戦の反省を踏まえて、後半戦に生かして頂きたいと思います。

ここ数日、都内における感染者は先週比で増加傾向にあるという事で少し嫌な感じがします。 最近では慣れという感情も加わり、人々のコロナに対する捉え方が変わってきたように感じますが、ここで気を抜いてすべてフリーパスという事ではいけないと思っております。 

引き続き警戒は必要であると思います。

 

世間的には10日投票の参議委員選挙やウクライナ情勢や様々な物の値上げ話題で持ちきりですが、7月は当社の1年のサイクルの中でも繁忙月に当たりますので、稼ぎ時に取りこぼしの無い様に、まずは安全第一で務めて参りたいと考えております。