-夜から朝の心象-

テーマ:


こんにちは     杉原茂樹です。


大阪で、ヘルパーという直接支援の仕事をし、

ヘルパー派遣の事業所の仕事もしています。


支援という仕事を通じて、

世界を理解したいと思っています。



夜から朝

浅い眠り、まどろみの中

思考の意思のない心象が展開した。


それは不安や物足りなさの感情を伴いながら展開する。


後悔はなく、ぼんやりとした罪悪感と力不足を感じた。


肉体を感じない心象は

どのような世界を眺めているのだろうか。


日中は個としての存在はなく、意識はほぼ外に向いている。


なら、その心象は日中の世界と自己の関係性を観ているのか。




であるならば、自分が存在する世界を肯定するという試みは間違ってはいない。


それは、世界に対する思い込みや信念を正すことかもしれないし、入れ替えることかもしれない。



存在のあるがままと共振し、

存在の本流に添うことを目指して、


可能性の扉を開ける。