雄藩日本のスカピッピパパです。

第15回雄藩日本読書部の活動報告をアップします。


実質的に、本会が「雄藩日本」に改名してから、

僕が参加した最初の活動になりました。


これは、「有志で集まって勉強し合いましょう」をコンセプトに、

月一参集して勉強会をしているものです。


読書部という命名の通り、

当初は読みたい本を輪読したり、良い本を紹介したりしていたのですが、

最近はテーマ自由の活動報告会みたいになっています。


開始して、まる一年経って、ふと考えるところがあって、

僕は、おもむろにコンピュータの話を始めました。


今回が、その3回目に当たります。


きっかけが、

「田母神俊雄氏の政治観、歴史観に共感する人たちの集まり」

だったので、僕も当初は、歴史、ないし、政治を分析する発表をしていました。

過去記事は、ここを参照して下さい。

スカピッピパパの見解 ~ 雄藩日本

でも、そもそも、「そこに共鳴したから集まった人々」なわけで、

「そこで、それを話したって、釈迦に説法」と思えていました。


また、この会の名称を変更する理由にも関係するのですが、


「いくら、信念が正しくても、世の中の仕組みを理解し、合理的に行動しなければ、自爆するだけでしょう?」


と、思わざるを得なかったと言うこともあります。


と言うことで、

「その目的を達成するために、役立てることが出来る、それ以外の僕が持つスキルは何かな?」

を考えた結果です。


ここらへんの話は、順次、このホームページにまとめているので、

興味のある方は是非それを読んでください。

日本愛国ブロガーが使う1万5千円のパソコン

僕の発表に関しては、僕の個人ブログを参照していただくこととして、


 

この場では、全体的な話を、

代表して僕が説明出来るものではないので、概要だけ。

あさまさんは、

戦後最大のタブー! ホ※※ースト論争 完全解説

という書籍と

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう一人の「明治天皇」箕作奎吾 水原紫織/著
価格:2420円(税込、送料別) (2020/3/23時点)

 

 

の書籍を踏まえた、世界の理解の仕方にかんする話。


□□□さん(現雄藩日本のか 会員ではない)は、

先般硫黄島で行われた、戦没者遺骨収集会の参加報告。


○○○さん(雄藩の会員ではない)は、何と、

自身の父母の介護を通じて得た、現在の介護施設の説明でした。


取り止めもなく話が、多様化しているとは思いますが、僕は良いことだと思っています。

政治的見解が一致する人々が集まって、

「そうだ!そうだ!」

と叫んでいるだけ。


それだけでは、世の中は変わらないと思います。


その信念を貫くためにこそ、より深い知識と、柔軟な考え方が必要と思います。

あと、まだ未読ですが、以前紹介してもらった興味深い本も2冊紹介します。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後の弾左衛門 十三代の維新 [ 塩見 鮮一郎 ]
価格:1815円(税込、送料無料) (2020/3/23時点)

 

 

 

 

私以外の人の話も興味深いです。

どなたでも参加歓迎です。

ご興味あれば、お知らせください。