国立市ピリピリしない白髪染40代以上の83%がリピートする本物の弱酸性カラー

こんにちは

 

国立市で

白髪染めのダメージから

あなたの髪と地肌を守り

 

非常識なヘアケアで

大人女性のお悩みを解決する

 

美容室Ricoを経営しています

三島忠です

 

 

 

 

当店の取り扱う薬剤は

 

パーマ カラー ストレート

全て弱酸性です

 

 

弱酸性しか取り扱わないので

 

ヘアカラーは一般的な

ヘアカラーの取り扱いがなく

 

マニュキアタイプの

白髪染めのみになります

 

 

 

なぜ

弱酸性の薬剤しか

取り扱わないかというと

 

 

お客様の

髪と頭皮にダメージを

できる限り与えたくないから

 

 

できる限りといっても

 

 

限りなくゼロにです

 

 

ダメージを50%に抑えました

ではなく

 

 

目指すは

 

 

ダメージゼロです

 

 

 

 

 

この50年間で

日本人が失ってしまったものが

いくつかあるとしたら

 

 

 

髪の美しさは

そのひとつです

 

 

 

緑の黒髪

烏の濡れ羽色

 

 

 

日本人の髪のつくしさを

表現した言葉です

 

 

今では

死語になってしまいました

 

 

 

若かりし頃の私が

ヘアカットの修行のために行った

ロンドンで生活をしていた頃

 

 

そこで関わったイギリス人たちは

日本人の黒髪に対して

 

憧れを抱いているということを知り

とても驚きました

 

 

「なぜ日本人は

 せっかくの美しい黒髪を

 ブロンドに染めてしまうんだ?」

 

 

と不思議がっていたのを思い出します

 

 

 

日本人の髪の美しさは

 

世界が憧れる美しさなんです!

 

 

 

 

 

人それぞれ

美しさを感じる価値は違います

 

 

いくらダメージしていても

キレイに発色したカラー毛を

美しく感じる人もいます

 

 

くせ毛でも

生まれたままの

 

自然なツヤのある髪を

美しく感じる人もいます

 

 

 

弱酸性の薬剤しか

使わないということは

 

 

生まれたままの

自然な髪の美しさを

壊さずに

 

本来の人それぞれの持つ

素髪の美しさを

活かすということです

 

 

素肌の美しさ

素髪の美しさ

 

 

 

 

人工的に手をかければかけるほど

髪は汚れてしまいます

 

 

弱酸性での施術は

髪や肌といった素材に対して

決して無理をしない施術です

 

 

その代わり

 

カラーやパーマの持ちが悪かったりと

デメリットがあります

 

 

しかし

 

本来の髪と肌に

ダメージを与えてしまって

得られる美しさは

 

 

本来の美しさを

超えることは出来ません

 

 

 

あなたは本来のご自分の持つ

素肌と素髪の美しさを

知っていますか?

 

 

弱酸性専門美容室は

本来のあなたの美しさを取り戻す

 

そんな場所です

 

失ってしまった

本来のあなたの美しさを

 

弱酸性カラーや弱酸性パーマで

取り戻しませんか?

 

いつでも

お待ちしております

 

 

それでは

また明日

 

Rico

Ricoホームページはこちらから