若年性アルツハイマーになって

しまった奥さん(八重子さん)を、

亡くなるまでの10数年の間、

懸命に介護して来た夫の、夫婦の

実話を基にした映画でした。

数年前に公開されたもののようです。

 

 

[うちの鋼鉄マダムの(元)店長様と違って]

情が深く、涙もろい私ですし、

題材が題材ですから、

ちょっと、“オヨヨ汗”になりました。

 

が、イチバンの感想は、

奥さんの役を、私の世代にとっては

懐かしい「高橋洋子さん」が!!と

書いてあったので、

それで借りようと思ったんですが、

映画自体の内容も“さることながら”

あぁ~あせる こんな感じになってたんだぁ音譜

こっちも、おじぃさんになるわけだ

わい!!でした。

 

で、2番目の感想は、

うちも、鋼鉄マダムの(元)店長様のほうが、

そうなる可能性が高いと思いますが、

その場合は、

情が深いし、腕力もある私が、懸命に

介護しますから大丈夫ですが、

万々がイチ、逆だった場合は・・・!?

です。

 

 

病気になる前の普段から、そう思って

おられる模様ですので、

こりゃあ、アウツだ❗となったら、

ソッコーで、粗大ごみシールを貼られて、

地区の収集場所に置かれてしまいます。

 

もちろん、清掃センターからは、

生き物は収集場所に置かず、センターに

直接、搬入して下さい。

と連絡が来ますが・・・(ToT)