こんにちは。

横浜市の整理収納アドバイザー 松本真子です。

 

よろしければ、みにきてくださいね♪

ホームページ

整理収納サポート 受付中♪

・自宅セミナー リクエスト開催受付中

 

予約・問い合わせ申し込みフォーム

 

実は私、

横浜市旭区で、

ナチュラルママという団体で活動しています。

 

ナチュラルママのことについて書いた記事はコチラ

ジャイロキネシス+お片付け講座

横浜市旭区 ジャイロキネシス講座

 

簡単にいうと、

子連れで参加できるママ向け講座を主催しているんですが、

今年の講座が決定したので、

お知らせですキラキラ

 

 

今年は、

初!小学生が対象。

初!お片づけがテーマ。

初!自由研究に使える内容。

 

ママ(保護者)は、

講座に一緒に参加してもいいし、

終わる時間に迎えに来るだけでもOKOK

 

下に妹・弟のきょうだいがいる場合は、

キッズスペースを用意しているので、

連れてきてもOKOK

 

講座終了後、

そのまま部屋が使えるので、

プチ・ランチ交流会も予定していますウインク

(ランチ持参・希望者のみ)

 

講師は私!

・・・ではなくててへぺろ

偶然、近くに住むアドバイザーの、

小倉さんです。

 

私は、主催団体のメンバーとして、

講座の運営にあたっていますニコニコ

 

相鉄沿線の方、

横浜近辺の方、

子供が片付け苦手で困っている方、

自由研究に困っている方、

 

ぜひぜひご参加下さいルンルン

こんにちは。

横浜市の整理収納アドバイザー 松本真子です。

 

よろしければ、みにきてくださいね♪

ホームページ

整理収納サポート 受付中♪

・自宅セミナー リクエスト開催受付中

 

予約・問い合わせ申し込みフォーム

 

 

今日、本屋に寄ったついでに、

こんな本を買っちゃいましたニコニコ

 

 

小説もノンフィクションも、

実用書も、本ならなんでも好きですが、

こういう雑誌も大好きな私。

 

魅力的な特集がいっぱいで、

(プールで遊べる宿とか!

バイキングが楽しい宿とか!

花火大会とか!)

眺めてるだけでニヤニヤルンルン

 

夏休み、どこに行こうかな~?

何しようかな~?

 

計画立てる段階って、

ワクワクしますよねラブラブ

 

 

さて、そんな旅行の計画、

みなさんの家では、

だれが、どうやって決めていますか?

 

わがやでは、

行き先

日数

宿泊先

ざっくりした計画は、

大人で決めています。

 

こまかい内容は、

子供達と話し合いながら、

具体的につめていきます。

 

いや、正確にいうと、

「・・・いました」かな。

 

今年の夏休みは、

一番初めの行き先を決める段階から、

子供たちと話し合おうと思っています。

(小4長男・小3長女・年中次男)

 

それで、この雑誌を買ってきたというわけ星

 

この雑誌をみながら、

あーだこーだ言いながら、

5人全員参加で決めていきたいと思いますグッ

 

正直、

5人いると、

話し合いってすっごく面倒もやもや

 

意見が合うときのほうが少ないし、

ケンカもしょっちゅう。

 

ほんとはね、

大人で決めてしまったほうがラクなんです。

想像つくと思いますが。

 

でも、あえて計画段階から子供達に入ってもらいます。

 

理由は、

 

「異なる意見や価値観を持つ人の中で、

話し合って、自己主張をしつつ、

グループでのベストを決める」

 

ということを経験してもらいたいから。

 

大事にしたいことは、

「決める」ことです。

 

「決める」って、

片付けで大切なポイント。

 

どれがいるかいらないか決める。

どれくらいいるか決める。

いるものをどこに置くか決める。

いるものをどんなふうに置くか決める。

 

片付けって、

自問自答しながら、

決めていく作業です。

 

これができるようになるためには、

子供の頃から、

自問自答して決める経験を積むことが大事だと思います。

 

経験なくてもスパッと決められちゃう子も、

いるとは思いますがアセアセ

 

わがやでは、

旅行に限らず、

最低限のルールや枠だけ決めて、

できるだけ子供達の裁量を多くしています。

 

旅行は、

子供たちに「決める」経験をしてもらう絶好のチャンスウインク

 

(かなり)面倒だけど、

ただ旅行先に連れていくだけではなく、

ちょっとの範囲でもいいので、

子供達に決めてもらう部分を残して、

一緒に計画を立ててみませんか?

 

その結果のトラブルは、

大人も成長させてくれるはず!?

こんにちは。

横浜市の整理収納アドバイザー

松本真子です。

 

先日、本棚について書きました。

 

今日はそのおまけ(?)。

 

小学生におススメ!

勉強に興味を持たせてくれる漫画本の紹介です星

(わがやの場合)

 

全然整理収納には関係ないけどアセアセ

 

本好きの私の単なる趣味の記事なので、

興味ない人はスルーして下さいニコニコOK

 

漫画なんて読書じゃないって意見の方もいるかもしれませんが、

難しかったり、

なじみがない単元への興味のとっかかりとして、

私は漫画はおおいにアリだと思いますOK

 

まず、理科編。

 

 

 

こちらは定番ですよね。

幅広い知識が得られて、

キャラクターもストーリーもおもしろくて、

子供達大好きラブラブ

 

4歳の次男も好きなので、

読書が好きなら、

幼稚園児も楽しめると思います。

 

会話の中で、

「これってどうだっけ?」と私が分からないようなことも、

「サバイバルシリーズの〇ページに載ってたよ~」と、

子供達が言うくらい読み込んでいます。

 

 

 

浦島太郎、

シンデレラ、

美女と野獣など、

有名なおとぎ話を、

科学の視点で「それってどーなの?!」と、

検証した漫画。

めっちゃ笑えますグッ

 

続編でないかなぁ。

 

 

 

こちらは、人体の中の細胞

(赤血球や血小板など)を、

人間のキャラクターにして、

体内で起こる現象をコミカルに描いた漫画。

 

難しい用語や、

現象も、

おもしろいストーリーで引き込まれます。

 

花粉症や大量出血のとき、

体内はこうなってるのか~って、

よくわかる!

 

ちなみに、こちらも4歳次男も読んでいるので、

読書好きなら幼稚園児もいけるかも。

ウィルスとの闘いがちょっとグロテスクですがアセアセ

 

 

 

こちらは細菌版。

悪玉菌の闘いが笑えます照れ

 

 

 

王道のドラえもん。

今年の映画は月がテーマだったので、

「月のサイエンス」が発売されていて、購入しました。

 

ドラえもんならつい手にとっちゃう。

そんな子供多いのでは?

勉強にもドラえもんの力を借りたいところ。

 

続いて社会編。

 

 

 

知識量は少ないけど、

日本史への興味を持たせる、

という点ではストーリーがおもしろくて、

子供達も共感できて、

はじめに手に取るにはオススメ。

 

こちらも4歳次男も読んでいます。

 

 

 

最近、世界史版も発売になりましたね。

日本史に登場するキャラクターが出てきて、

こちらもよく読んでいます。

 

 

 

これは長男だけが読んでいます。

おもしろいけど‥、

長女はリアルな人間キャラのほうが好みらしい。

 

 

 

近頃、忍者にはまっているので、忍者編だけ。

コナンはちょっと文章量が多いので、

高学年向きかな。

文字を読むことに抵抗がなければ、

3年生くらいから読めそう。

 

忍者はわがやの子供たちはみんな大好きなので、

4歳次男、長女、長男みんな読んでいます。

 

 

 

紙芝居で興味を持ったヘレンケラーを調べるために購入。

読みやすいので、

買い足していって、

いまでは20冊くらいあるかも。

 

キュリー夫人やエジソンなど、

科学分野で活躍した人たちも、

多くとりあげられているので、

理科的知識もつきますよねキラキラ

 

 

 

地理は、最近好きなクレヨンしんちゃんで。

でも、地理は実際に足を運ぶに勝るものはないと思う。

ちょこちょこ時間を見つけて、

全都道府県を制覇したいもんです。

 

 

 

これは私の好みで。

長男だけが読んでいます。

こういうシュールな笑いをシェアできるのは、

今のところ長男だけ。。。

 

日本史に出てくる有名人もしょせん人。

いろんな性格やエピソードがあるわけで。

教科書に出てくる優等生的側面だけでなく、

「なにそれ~!」って笑える一面を知ったら、

忘れたくても忘れられなくなりますウインク

 

最後に、番外編。

 

漫画ではないですが。

 

 

なりたい職業ランキングだと、

教師や幼稚園の先生、

たべもの屋さんなど、

身近な職業が上位にきますよね。

 

職業の枠にとらわれず、

いろんな道があるということ、

人と違っても変じゃないってこと、

時には困難もあるということ、

知ってほしいなぁと思って、

長女のために購入しました。

 

 

 

こちらは男の子版。

 

長男は野球もサッカーも好きではなく、

カードゲームもDSも、

小学男子が好きそうなものに興味がないので、

1人悩むことが多いのではないかなぁと

勝手に心配し、

これまた、いろんな道があることを知ってほしくて、

購入しました。

 

とまぁ、

こんな感じです。

 

まだまだ紹介したい大好きな本はたくさんあるけどアセアセ

ここらへんで終わりにしますパー

 

漫画っておもしろーい照れ