こんにちは!無料留学エージェントTime studyのMiyuです!

 

 

オーストラリアに留学やワーキングホリデーで来られた方で、

オージーイングリッシュで話されて、

「???」ってなった方も多いと思います。

 

英語が誕生したのは、イギリスですが、

オーストラリアはもともとイギリスの植民地であり、

イギリスからの囚人も多く住んでいました。

 

そのため、イギリス英語とはまた違うオーストラリア英語が生まれ、

ほとんどの日本人はアメリカ英語をならうため、

新しい発見があるんです!

 

 

では、いくつか見ていきましょう♪

 

 

 

 

 

brekkie  (breaky) = breakfast

 

B.Y.O. = Bring Your Own ( alcohol / drinks)

(レストランやカフェで働く人は覚えておきましょう!)

 

capsicum = green pepper

 

Cup day = the day everyone watches the Melbourne Cup

(メルボルンカップという競馬の大会)

 

flat mate = roommate

 

flat white = a kind of coffee

(ラテに近いですが、ミルクやフォームの量が違います。)

詳しくはこちら

 

Good on ya = Great job or well done

 

heaps = a lot

 

Hungry Jack's = Burger King

(イギリスは王国であり、イギリスの植民地であったオーストラリアは、

King や Queen などを店の名前に使うのを避けます。

そのため、世界中で知られているBurger Kingは

オーストラリアでは Hungry Juck'sに)

 

Kindie = Kindergarten

 

Loppie = Lipstick

 

mate = friend / buddy 

 

petrol = gasoliine

(厳密に言うと、無鉛のガソリンです)

 

pokies = poker machines

 

rubbish = garbadge 

 

smoko = cigarette or coffee / tea break

(ファームに行ったことがある人は聞いたことがあると思います笑)

 

stubbie = bottle of beer

 

sunnies = sunglasses

 

trolley = shopping cart

 

Ute = a kind of truck

(後ろに荷台がついているタイプの車。

もともとはUtilityからきています。)

 

 

Woolie's = Woolworth

(オーストラリア2大大手スーパーの一つ)

 

 

いかがでしたか?

面白いですよね~

まだまだありますが、

語尾を伸ばしたり、yで終わるものが多い気がします。

 

 

オージーイングリッシュを使って

ローカルの人のように会話してみましょう!

 

それでは! See Ya, Mate!

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

オーストラリアで学んだ英語をベースに、

ビジネスで使える英語・実践力を向上させる

 

2カ国留学 in フィリピンのご紹介!!

 

 

 

一般的に、

フィリピン留学からオーストラリアに渡航するケースが多いですが、

 

オーストラリアで得た基礎英語能力をさらに一段階上へ向上させて帰国したい

ワーホリ後の就活・転職の武器になる英語資格を短期間で取得したい

 

と帰国前にフィリピン留学をされる方が急増しています!

 

(TOEICに関して言えば、約7割の企業がTOEICスコアを採用時に

参考にしており、配属先や昇進・昇格にも影響してきます)

 

 

こんな方には是非オススメ!

 

今のスピーキング能力で帰国なんてできない

就活・転職活動のために、履歴書に書けるTOEICスコアを取りたい

時間はないが、IELTSのスコアを最短で取りたい

マンツーマンレッスンで、弱点を克服したい

発音矯正をして、人前で堂々と英語を話したい

このままの英語力だと、オーストラリアに居たと誇らしく言えない

2年目のセカンドワーホリを充実させたい

 

 

 

 

「Why フィリピン?」

 

 

マンツーマンレッスン

 

オーストラリアの学校では複数の生徒と学ぶクラスが一般的で、

その最大の魅力が、さまざまな国籍から構成されており、

たくさんの刺激・文化の違いを感じながら受講することができ、

自分に足りない弱点を見つけつつ、新たな発見がたくさんあります!

 

 

逆にフィリピンの学校では、

自分に足りない弱点を重点的にマンツーマンレッスンで受講することができ、

オーストラリアで発言機会が少なかった方も

周りを気にせずに質問ができ弱点克服に繋げることができます!

 

 

スパルタ

 

1日平均8時間、週にすると40時間も授業が受けられることから、

最短で資格試験の目標スコアに近づける可能性も高くなります!

 

さらに、掃除・洗濯・食事が一切不要で、

すべて学校側が行ってくれるため、勉強以外のことを気にする必要がなく、

帰国前のラストスパートをかけることができます!

 

 

費用対効果が抜群

 

やはり決め手になるのは費用面ですが、

マンツーマンレッスンや週40時間受講できるのにも関わらず

費用はかなり安く抑えることができます!

 

さらに、自分に合った授業内容もリクエストでき

真面目にもう一度勉強したい方には、費用対効果が抜群なのです!

 

 

 

【フィリピン留学に関しての注意点!】

 

フィリピンでは、

多種多様な語学学校が数多く存在します!!

 

グループレッスンを受けるのか

マンツーマンレッスンを受けるのか

英語資格に特化したレッスンを受けるのか

専門的分野のレッスンを受けるのか

 

どれだけ自分の要望、

ビジョンに合った学校の選択ができるか

 

これが、一番重要になってきます!

 

 

オーストラリアライフの価値を、フィリピン留学を通して

もう一つ上のしっかりとした自分の武器を手に入れませんか〜?

 

 

無料留学エージェントTime Studyでは、

メルボルンオフィスにて、

フィリピンでの学校選び留学に必要なサポート

無料で行っています!

 

 

 

オーストラリアからの帰国前、

もしくは

オーストラリアへ渡航前のフィリピン留学を考えておられる方は、

お気軽に下記連絡先にお問い合わせ

または直接オフィスに相談しに来てくださいね〜

 

(日本からのお問い合わせ、または無料

Skype・LINE電話カウンセリングも受け付けております!)

※問い合わせフォームにて送信後、

返信したメールが迷惑メールに届くケースがございます。

数日経って連絡がない場合はご確認ください。

LINEでの問い合わせを希望の方は上記をクリック!

 


Time Studyとは

・語学学校、専門学校、大学の無料手配
インターンシップ手配(学校申し込みとセットでお得)
・ワーホリからStudentビザへの切り替え無料サポート
・英語文法解説(元英語教員ならではの個人的な趣味)

無料英語クラス(要予約)次回02月01日(木)開催予定

無料TOEICクラス(要予約)次回01月25日(木)開催予定

・メルボルン情報(オススメカフェ、レストラン情報や、メルボルン生活情報まで)

フィリピン留学情報(セブ島・マニラ・バギオ・クラークなど)

 

英語に関する質問、語学学校に関する質問、

メルボルン・フィリピンについてのこと気軽にご連絡ください!

 


過去の記事

前回までの記事へは、こちらをクリック

ホテル有給インターンシップに興味のある方は、こちらをクリック

ビジネスインターンシップに興味のある方は、こちらをクリック

バリスタコースについて興味のある方は、こちらをクリック

無料英語授業に興味のある方は、こちらをクリック

フィリピン留学について興味がある方は、こちらをクリック

 

✔︎ Time Studyのサービス一覧集へは、こちらをクリック

 

✔︎ Time Studyのお役立ち情報記事集へは、こちらをクリック

 

✔︎ あなたにぴったりの語学学校探しへは、こちらをクリック

 


  Time Study Education and Migration  Keisuke Kondo

804/343 Little Collins St, Melbourne VIC 3000
(+61)0434 741 723

  japan@timest.com.au kondo-k-1 keikei5900