杉長水産 自称・看板娘のブログ

杉長水産 自称・看板娘のブログ

静岡県沼津市、杉長水産の勝手に広報です。

NEW !
テーマ:
ちょっと前…。えらい人々が
「沼津の干物のブランド力をつけるには
どうしたらいいか。」
「消費を拡大するにはどうしたらいいか。」
という話し合いをしたそうです。 
静岡新聞で読みました。

おはようございます。
口と性格の悪さに定評がある、まゆみんです。

…先にこう言っておけば、
何言ってもいいと思ってます。腹黒いです。

沼津の港は、ここ数年で観光地化が進み、
土日や連休ごとに人が沢山集まります。
来訪者は年間150万人とも、
それ以上とも言われています。

(沼津港大型水門びゅうおの夕暮れ)

賑わうのはいいのですが、その中の皆さん、
干物を買わない。
お土産に干物を選ぶ率が、
非常に低いそうです。

それをどうしたらいいか、というのが
冒頭の会議かと思われます。ふふっ…。

干物は冷凍で販売なので、持ち歩きがネックです。
同じ観光でお越しでも
「最終日、これから帰る。」なら希望が持てますが
「今日は初日。沼津港を見てから伊豆に移動します。」
と、先がある方は買わないのです。

観光で沼津にお越しのあなた!
冷凍販売ですが、お土産の選択肢に干物を
入れてください!!

発泡スチロールに入れれば、
半日は溶けずに持ち歩けます。
また、全国発送もその場で依頼できるので、
手ぶらで観光できます。

沼津の真の名物は、バラマキに便利な○○や
可愛い××ではありません!
(営業妨害になるので具体名は伏せます)

HI・MO・NO!
HI・MO・NO!

観光地で買い物して、帰ってよく見たら
製造元が「東京都」だった、とか
別の観光地で同じものを見つけてしまった。
こんなこと、ありますよね。

私は沖縄で熊本のものを
買ってしまったことがあります。
(めちゃくちゃ美味しかったけど)

ですが、HIMONO…干物は
完全に沼津独自の宝です。
昔、沼津港にアジが沢山揚がっていた
大正時代。
地元の人が腐らせず、
長く美味しく食べれるよう
塩水漬けにしたのが、干物の始まりです。

漁港に力と勢いのあった頃より
干物屋は3分の1まで数が減ってしまったそうです。
工場の老朽化、後継者不足、
消費縮小による資金繰りの悪化 、
一部の成功者による独占。
どこの産業でも同じ悩みを
抱えていると思います。

杉長水産も、母の顔を見るのが辛いくらい
ギリギリで頑張ってます。

じゃあどうしたら事態は好転するのか。
会議じゃなくて発信だ‼

そう思うのです。

勝手に広報を始めてもうすぐ3年になります。

Facebookで最初の呼びかけをしてから、
全国の若い方々が干物を買ってくださいました。
「こんなに美味しいなんて、知らなかった。」
という声をいただきます。

そこにあっても、
知られてなければ無いと同じ。
知られてなければ、
無くなっても気づかれない。

杉長水産には、
「干物を食べ慣れた、地元のお客様」
が沢山いらっしゃいます。
ご新規よりリピーターの方が多いです。

最近始めた
「ラブライブ!サンシャイン‼まちあるきスタンプ」
のお陰で、若い男性が干物を
買ってくださる機会が増えました。
そして、スタンプ関係なく2度目3度目に
来てくださった❗という方もいます。

「知らなかった」方が干物に出会ったのです。

地元が舞台の「ラブライブ!サンシャイン‼」
を応援したい。
聖地巡礼の方に楽しんでいただきたい。
というのが、もちろん第一の目的です。

では何故干物屋がそれをやるか、というと
沼津に干物が昔から根付いていて、
作品中の9人(梨子ちゃんは転校生だから、正確には8人)が
それを身近に育ったんだよ。
…というのを知っていただきたかったからです。

(黒澤ルビィちゃんスタンプ。可愛いよ。)

私はこれからも沼津を、杉長水産を
長生きさせるために出来ることを続けます。

会議に呼んでもらえなかったことを
別に恨んではいません。
ブランド力はいらないと思っています。
力があるのはブランドじゃなくて、
発信の回数だと思います。

日本全国、老若男女の日常の食卓に
沼津の、杉長水産の干物があってほしいな。
と日々考えているんですよ!

「感動した!干物を食べてみよう!」
そう思った方は、是非ご連絡ください。

メッセンジャーで価格などのご案内します。
年中無休で対応します。

〒410ー0847
静岡県沼津市千本中町35
(有)杉長水産
055ー962ー1438
(20日(水)臨時休業
21日(祝・木)は営業します。)


(大人気!竹炭干しサンマ。
水産庁長官賞受賞歴あり。)


Ameba人気のブログ