@tijymmt ブログなう。
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

5月まとめ

5月の内訳は亀山が3回、豊英が2回。

亀山はスポーニングから明けていく過程で、少しずつ釣りやすくなっていきました。得意のカバーをなるべく封印し、本湖〜中流域の魚を釣るように心掛けていましたが、あまり釣れず、試しにカバーを打ってみたら、割と簡単に釣れました。あとは相変わらず水が綺麗で、個人的には釣りがしづらい印象です。6月にはレジットデザインの試合もあるので、当日までには減水+アオコがたくさん出てきて欲しい。



豊英は前半・後半に1回ずつ行きました。GWに行った時はミッド〜ポストのタイミングだったのか、かなり苦戦。昼過ぎになんとかキロくらいの魚をカバーを絡めたミドストで釣ったのと、虫系への反応が良かったことに最後の方で気がつきました。
月末に行った時は表層系の釣りがハマり、10本くらいキャッチし、今年初のゴーマルも頂きました。

トップに2投連続で激しくバイトしてきたけど、うまく乗らなかったので、高級虫ギズモを結んだタックルに持ち替えて釣りました。

4月まとめ

4月は豊英と、初場所の片倉に1回ずつ行きました。どちらもすでにスポーンが始まっている感じで、シャローのサイトで釣っている人が多々見られましたが、ネストが多い時期なので自分は非サイトの釣りでいろいろ試してきました。

4月8日は豊英へ。朝一だけ魚の反応がありましたが、日中は何をやっても釣れず。カバーにも魚があまり付いていない感じで苦戦しました。けど朝一にワイドTXとチャター釣った2本の魚が良いやつだったので、豊英のポテンシャルの高さを感じました。パワーフィッシングが普通に通用するので、亀山より好きかもしれません。

スタッガーワイドツインTX
KDM氏より格安で譲ってもらった新兵器、MACCA 71Hも入魂できました。

コブラチャター+ZAKO


4月22日は初の片倉。笹川ボートで船をレンタルし、取り敢えず湖の全体を周りました。当日のコンディションは水がクリアで自分の苦手な感じ。色々やってみた結果、カバーの廻りの深めのレンジをマイラーミノーJHのミドストで通すと下から湧いてくる感じで好反応でしたが、サイズは選べない感じ。唯一濁りの入ったエリアのカバーでワイドTXで釣ったのが一番マシな魚でした。片倉はしばらく行かなくて良いかな…笑



3月まとめ

2月は一度も釣りに行かなかったので久しぶりの更新になってしまいました。3月は亀山の他、初場所の豊英にも行ってきました。

2月はがっつり休んで、3月の春爆に備えたわけですが、3月の亀山は日替わり感が強く、厳しかった。自分は2回行ってどちらもノーバイトに終わりました。

亀山では釣れないので豊英に行ってみました。
{3CEDC609-DF7A-403E-824F-3A014957BE9F}
{B1CCF264-5C05-4423-86F1-61FA39D48669}
ジグヘッドのミドスト

{3BAA00DD-5543-4829-BE8D-0D34691708A4}
{0872EEDA-80BD-42C9-BBAC-EAB53E820996}
チャターベイトでは2本キャッチ

当日の豊英は濁りがキツく、周囲の釣果をみても、想像していた程は簡単ではありませんでしたが、今後は定期的に訪れたいと思います。

4月には亀山でタックルアイランドの大会がありましたが、松下の12ft船が取れなかったので未定。他のボート屋からも出られるそうなので考え中なのですが、気持ち的には豊英です笑。

1月まとめ

1月は年明け2日より釣り始めで、
例年通り初バスを釣りました。

翌週はトキタボートさんの五十嵐カップ。
結果はディープで1本のみ。

さらに翌週は出ない予定だったシンザン亀山。なんと朝一少し過ぎた頃に5連発しましたが、一番良かった5〜600の魚がまさかのデッド(ーー;)

そして先日の日曜日はSeeker☆S1最終戦。3戦目終了時点で暫定一位に付けていました。背後には馬場プロとキヅ氏が同率で並ぶ展開。とはいえ自分が今回仮に外しても、2人が2位以上に入らない限りはシリーズ優勝をとれるという好位置。少しでもポイント稼ごうと、4位以上の入賞を目指して臨みました。またとないチャンスでしたが…。
{E4F353CF-E675-4C76-B5DB-094DF669C36F}
{88BF1E5C-9EA4-4306-AECE-35D26B25506B}
シリーズ優勝は最も警戒していた馬場プロではなく、最終戦2位で捲ったキズプロに奪われ、僕はデコって年間も2位に転落。そういえば昨年も似たような展開でしたね。相変わらず鬼門の1月。

かなり凹んでしまいましたが、亀山の休日戦でタイトル的なものを争えるのはSeeker☆S1オープン戦だけ(のはず)なので、来年もまた参加する予定です。

エレキもアレですし、僕には魚釣れないので、しばらくは亀山お休みかなー?

2017年まとめ

2017年、振り返ると亀山湖へ通い始めて6年目でした。今年は試合の出場回数が12〜13試合くらい(うち高滝2試合)で過去最も多かったのですが、その分プライベートの釣行日数は例年と比較してやや少なかった(といっても月2〜3日は通っていた)ように思います。

亀山はハイシーズンの試合数が少ないため、ハイシーズンより秋〜冬の試合が多数開催されます。今年も後半の10〜12月の時期に集中的に試合に参加してきましたが、出る試合ほぼお立ちという、自分でも理解不能な絶好調が続きました。10月以降は7戦中6戦でお立ち、そのうち3戦は100人規模の大きな大会でした。

6戦全ての試合でキーとなった釣りは自分が最も得意としているカバーネコです。カバーが複合的な亀山のカバー攻略ではPFの方がポピュラーですが、自分の場合はスピニングのスプールに人差し指が届きづらいため、自分は非力でも扱いやすいベイトフィネスを選択しています。

{8D9F6400-FBC8-4A51-9E17-C96877C4DDC7}

ロッドは昨年から使っているMACCA66MLSTがお気に入りです。今年からリールをREVO-LTZ BFC930PROに入れ替え。これでカバーネコタックルはほぼ完成形で、人が入れられないようなカバーも狙い撃ちできる組み合わせです。

番外編として今年最後の試合、Seeker☆S1第3戦から使い始めたものがあります。
{15FD9BAB-88FC-4411-9A18-697BEE924731}

遊心の12ft用ハイデッキです。まだ一度しか使っていませんが、目線がこれまでの自作デッキより十数cm高くなるだけで、想像以上に遠くのカバーが見通しやすく・撃ちやすくなりました。また自分は6ft〜7ft前後まで、様々なレングスの竿を積むことが多いのですが、全てが収まり良く綺麗に置けるため、釣りをしていて気持ちが良い。もっと早く買えばよかった。


最後に、今年は色々な試合に出たこともあり、利用ボート店に縛られず、交流の範囲もぐんと広まりました。試合に出ると凄いなーと思う人が必ずいるので、話を聞いたりすることで毎回刺激を受けています。来年も色々なところに顔を出すつもりなので、湖上でお会いした際はよろしくお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>