レインボープロジェクトのブログ

阪神大震災により甚大な影響を受けた神戸営業所は当時、色々な人に助けられました。
『神戸から恩返しがしたい』『東日本大震災で被災された子供たちの為に役立ちたい』の思いからうまれたプロジェクトです。


テーマ:

この度、レインボープロジェクトに賛同して頂いた企業様は、

明石市にある木村工務様です。

設置に向けての御提案の中で、3月に行われた東北復興イベント

「LOVEフェス」の話となりました。

自動販売機を通じてこのような活動をしているんだ とお褒めの言葉

を頂き、設置するならば是非ともレインボー自販機が良いと言われ

今回の設置となりました。設置時におきましても自動販売機の

ラッピングを見て「かわいい」 と言って頂いた時の社長の笑顔は

忘れません。多くの支援が出来るよう、今後も頑張って参ります。

本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、「レインボープロジェクト」の活動の一貫として東北復興支援イベント「第6回LOVEフェス3.11」に参加してきました。当社も神戸地区を中心に活動を行って参りましたが、今回は初の大阪での活動!!もっともっと支援の輪を広げるべく、熱い想いを持ってPR活動を行いました。

 

 

当社と共に支援活動を行っている「キリンビバレッジバリューベンダー株式会社」様の協力のもと、現地に「レインボー自動販売機」を設置しました。その隣にはイベント用飲料クーラーを置き、手売りをしながらアピール!また来場者入口付近におきましてポケットテッシュ配りでのアピール!来場者及び関係者の方々にインパクトを与えられるように活動を行いました。

 

 

ステージ上では「トークイベント」・「ステージライブ」・「ゆる☆キャラショー」が行われました。「ステージライブ」は歌手の方々が東北に対するそれぞれの想いを歌によりエールを届けようと力強く、力一杯ステージで歌われ、「ゆる☆キャラショー」では、写真撮影や激しいダンスにより笑いや癒しで熱く会場を盛り上げていました。

 

午後2時になり黙とうセレモニーが始まりました。そして「東日本大震災」が発生した午後2時46分には全員にて黙とうを行い「上を向いて歩こう」合唱、大型70tクレーンを使っての「巨大こいのぼり掲揚式」が行われました。20匹の「こいのぼり」には、来場者の方々や子供達が東北への想いを直筆にてメッセージを書きエールを送りました。

 

 

今回イベントに参加させて頂き、まだまだ「東北に支援」を行いたいという方々がこんなにたくさんいるのには驚かせられました。当社が用意していたポケットティッシュ(1000個)が3時間余りで全てなくなりました。TVやインターネットの画面からの情報ではなく、「肌で感じること」「体験すること」その印象は全く違います。

東日本大震災が発生して6年 当社が今出来ることは「レインボープロジェクト」を通じて次の世代に想いを伝える事であると認識しています。このイベントの趣旨を忘れず、今後の活動に活かして参ります。

 

最後になりましたが、実行委員会の皆様・ボランティアスタッフの皆様・キリンビバレッジバリューベンダー株式会社様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、5月21日~22日の2日間で東日本大震災の被災地、宮城県に行ってきました。

普段は「レインボープロジェクト」として自動販売機を通じて支援をさせて頂いておりますが、今年は節目の5年目ということもあり現地を訪れての復興活動を考えておりました。

この度、飲料メーカーであるキリンビバレッジバリューベンダー社様及び東北で支援活動を行っている神戸製鋼コベルコスティーラーズ様(ラグビー部)のご協力を頂き、仙台レインボーハウスで被災された子供達を対象に「ラグビー教室」を開催し、また子供達、ご家族と一緒に「キリンビール仙台工場」を見学してきました。工場見学まで少し時間がありましたので、東日本大震災の津波で甚大な被害が残る「仙台市若林区にある荒浜地区」へ行って参りました。


(荒浜地区)
堤防工事は完成しているように見えましたが、そこから見る光景は5年が経った今でも想像を絶するものでした。津波で流された家の基礎が残った状態で、覆い隠すように高く伸びた雑草が生い茂っていました。周辺の復興はまだまだ長い年月がかかりそうです。
    



(荒浜小学校)

震災で被災した荒浜小学校は4階建ての校舎で津波で2階まで浸水しました。校舎は震災当時のままで、ドアや窓は津波で壊れたままの状態でした。



荒浜地区を見学した後、子供達が集まる仙台駅東口集合場所に直行しました。初めて被災された子供達、ご家族の方と出会い、どう話しかければいいのか?と思っているとバスが到着し、順番に乗車



(キリンビール仙台工場)

キリンビール仙台工場に到着し、ビールの製造工程を見学しました。麦芽を試食したり、ホップの実を取って豊かな香りを嗅いだり、一番搾りの麦汁と二番搾りの麦汁の試飲と、さまざまなことを学び工場見学は終了しました。そしてお待ちかねのビール試飲で、お母さん方は「美味しい」を連発していました。





(ビアポート仙台)

キリンビール仙台工場内にあるレストランにて夕食会をしました。神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手が合流した瞬間、一気に会場が熱気で溢れました。お肉をお腹いっぱい食べて、ジュース・ビールを飲み、お腹も満たされたタイミングにてイベント開始。「腕相撲」・「リフトアップ」・「お姫様抱っこ」を行い、プロラグビー選手のパワーに圧倒されつつ笑いの絶えない楽しい夕食会となりました。









(あしなが育英会仙台レインボーハウスにて)

翌日は仙台レインボーハウス内の体育館にてラグビー教室を行いました。前日の夕食会の効果なのか選手達と気さくに触れ合っていました。ラグビー教室が始まると、予想もつかない動きをするラグビーボールに悪戦苦闘しながらも笑い声が絶えませんでした。プロ選手がテクニックを披露すると、歓喜の声や拍手が起こりラグビー教室は更に盛り上がりました。子供達は体育館の中でラグビー教室で汗をかき、笑顔で走り回っている中、保護者の方は3階にてお話をしていました。「震災で家族を亡くした」 「小学生の子供がいる」 という共通点があるせいか保護者同士の連帯感が強まったようです。初対面同士の方もいたようですが、震災のときのことや、その後の生活のこと、子育てのことなど、互いに気持ちと経験を分かち合う会話もあり、保護者の方にとっても貴重な時間となったそうです。あっという間にラグビー教室も終了時間となりました。最後にプロ選手のサインを貰ったり、子供との2ショット写真・家族写真を撮ったり記念に残る日となりました。


(仙台レインボーハウス)











今回の体験を通じて、子供達の笑顔、ご家族の方の笑顔を見ていると涙が出そうになるぐらい喜びを感じました。徐々に風化しつつある東日本大震災。現地ではまだまだ支援が必要で、「継続」する重要性を感じさせられました。絶対に風化させない想いを社員一同及び関西のご賛同者と共有しあい、更なる支援を目指し頑張って参ります。現在、賛同して頂いている企業様・個人様に感謝すると共に、賛同して頂いている方からの紹介や、これから賛同して頂ける方、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、弊社「レインボープロジェクト」までご連絡よろしくお願いします。

今回ご協力頂きました企業の皆様、選手の皆様、ご参加頂いたご家族の皆様、ありがとうございました。

今回、都合が合わなく参加出来なかった子供達・ご家族様、次回また開催出来る様に更なる支援を目指し頑張ります。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度レインボープロジェクトに賛同して頂いた企業様は、

神戸市西区のすみれ建築工房様です。     

















支援自販機に関して、社長様サイドからご質問を受けて内容を説明させて

頂き、支援自販機の設置に至りました。



ありがとうございました。今後ともご支援、ご協力の程 宜しくお願いします。
















【社長様も想いに関してブログより↓ ↓ ↓】






毎年、年末に行なっている施設の子供達への助け合い運動だけでなく、

継続的に子供達への支援が出来る様になったのは嬉しい限り。

思わぬところで想いをカタチにする事が出来る様になりました。





























詳しくは↓ すみれ建築工房様ブログ 『すみれパパ日記』





http://sumireco.co.jp/blog/sumirepapa-nikki/?p=7202












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度、レインボープロジェクトに御賛同頂いた御客様は

神戸市長田区のよこて酒店様です。


内容資料をご説明させて頂きました。また既存先福島繋がりもあり

快く承諾を頂き設置に至りました。


今後もご支援・ご協力お願いします。


(*レインボープロジェクト自販機 60台に到着です。)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。