昨年、2019年4月に、日本ヴァージョンの「Kinky Boots」を観に行きました。

 

きっと、数年後またやるだろうと思って楽しみにしていたのに・・・

 

ショック過ぎて、まだ信じられません。

 

本当に残念です。

 

三浦春馬君のローラに魅了され、

 

ラストの曲、”Raise you up/Just be”で

 

I was truly raised up !でした。

 

本当にありがとう。

 

その感動を職場のニュースレターでTopicにしました。

 

約1年前のニュースレターです。

 

News Letter - May 2019

 

「 好きな世界観をありのまま認めよう ~ Raise you up / Just be 」

 

先日、ブロードウェイミュージカル「Kinky Boots」の日本版を観に行きました。

 

一昨年は、ワールドツアー版を観て、今回は日本人キャスト。

 

日本版の方はかなりの人気で、チケット入手がとても困難でしたが、なんとか手に入れました。

 

キンキーブーツは2013年トニー賞6部門受賞、そして、プロデューサ―のひとりとして初日本人が携わったということで話題になりました。

 

実話を基に倒産寸前のイギリスの田舎にある靴工場を若いお堅いオーナーチャーリーとロンドンのドラッグクイーンのローラが共に工場の経営を立て直す物語です。

 

ローラが靴工場で働き始めるのですが、斬新なセンスとアイデアを持ち、才能溢れていても、そう簡単には周囲の人間に認めてもらえません。

 

皆と同じでないという偏見があるのです。

 

しかし、

 

最後は人々が変わります。

 

”Accepting yourself and accepting other people for who they are”

 

「ありのままの自分を、そして他人を受け入れて」というローラの願いが皆に伝わったから。

 

エンディングの曲、”Raise you up/Just be“では、1番の偏見堅物従業員仲間のドンが

 

”You change the world when you change your mind!”

 

「あなたが変われば世界が変わる」と歌います。

 

このミュージカルを観て、このセリフ、歌、まさに、教育界に1番必要!

 

みんな同じでなくていい。

 

Just be! 

 

ありのままの目の前の子どもの姿を受け入れて、その子の好きな世界観を認めることが大切なのだと再認識させられました。

 

大人達の願い通りにしてくれないとついつい

 

「どうしてみんなと違うの?」と悩んでしまいがちですが、

 

それでいいんです。

 

今それがしたいから、今これが好きだから、という子どもの世界観を認めてあげる。

 

これは、モンテッソーリ教育で1番大切な理念である「敏感期」を見極め、

 

満足いくまで取り組める環境を与えてあげるということに繋がる!のでは、と思いました。

 

 タイムリーに「リトルモンテつくば」さんのブログ

 

リトルモンテつくば

 

 

を読み、キンキーブーツと重なりました。

 

実際のニュースレターには、上記のリトルモンテつくばさんの記事を引用させていただきました。

ここでは、省略します。

リンクを貼りましたので、ぜひ読んでいただきたいです。

 

 子どもたちに限らず、仲間が自己肯定感を持てず落ち込んだ時は、

 

”Just be”で励まし、”Raise you up!”してあげられる人になりたいです。

 

(Raise you up.日本語歌詞では”手を差し伸べよう”と訳されておりますが…)        

 

    

 

と勇気づけられたミュージカルでした。

 

 

 

キンキーブーツの前に、2019年1月には、罪と罰の舞台も観ました。

 

舞台、もっともっと観たかったです。

 

ほんとはどこか田舎の方の誰も知らないところで自然に囲まれて、

別人になってのんびりすごしてるんじゃないかって思ったり・・・

 

農業したいって思った時があったみたいだから・・・

 

やりたいと思ったときにやりたいことをした方がいいと思う。

 

でも今になってはもう・・・

 

 

何か、不思議な印象を感じる役者さんだったなって感じます。

 

 

初のキンキーブーツ日本ヴァージョンはチケット入手出来ず、見逃したので、2回目は絶対観たいと思い、チケットゲット頑張りました!

 

観てよかった。

 

でも

 

もう1度観たかった。

 

 

 

 

 

 

 

ご冥福をお祈り致します。

 

安らかに・・・

 

 

 

 

 

7月23日 (木)☔️

 
 
トマトの形になってきました。
 
このまま大きくなって赤くなってくれるといいな。
 
 
 
 
 
みかんの木も葉っぱがついて綺麗になりました。
 
 
 
手前の植木鉢は、バジルとラベンダー。
 
種から育てました。
 
 
向こう側は、ミントとローズマリーです。
 
この2つは水につけて、根っこが出てから土に植えました。
 
しっかり根付いてくれたようです。
 
 
植物を見ていると生命力を感じます。
 
与えられた環境で、一生懸命に生きている植物たち。
 
心癒され、パワーを感じます。
 
のんびり、マイペースで生きること・・・・・
 
これでいいんです。

 
7月19日 くもり晴れ

ミニトマトの花が咲いていました。

この後どうなるかな?

トマト🍅になるかな?









ミニトマトを潰して、中の種を埋めて、こんなに大きくなりました。

スーパーで売ってる野菜、果物は人工的に改良されているものが多いらしいので実が成らないと言われておりますが…

どうかな?

楽しみです😊🍅
7月19日 くもり晴れ

バルコニーの子宝草 Mother leaves にクロアゲハが止まっていました。

綺麗です。

今度は、クロアゲハが卵を産みつけてくれるといいな〜

みかん🍊の木には止まらず飛んで行きました。







久しぶりに太陽☀️が出たので、蝶も気分高まって思いっきり飛び回っているようでした。

晴れ

7月7日

 

今日は、カマキリの赤ちゃん発見!!

 

カマキリは、幼虫を餌とするので、小さい幼虫を食べていたのですね。

 

 
 
 
7月8日
 
とても大きくふくよかになってます。
 
 
 






 
 
大人気のあおむしたちでしたが・・・・・
 
自然界は厳しいのでした。
 

 

 

7月9日(木)の朝、

 

残念なことに、

 

みかんの木には、3匹のあおむしの姿も、

 

カマキリの赤ちゃんの姿も

 

みんな無くなっていました。

 

子ども達は、

 

「どこにいっちゃったの?」

 

「どうしたの?」

 

と不思議で大騒ぎ。

 

おそらく、9日の早朝、鳥に食べられたのでしょう。

 

鳥たちも食べごろを狙っていたのかもしれません。

 

「鳥さんたちに食べられちゃったかな・・・」と話したら、

 

「え~どうして~かわいそう~」と言う残念な声が響き渡りました。

 

「かわいそうだね。

 

だけど、みんなも、鶏肉食べたり、豚肉、牛肉食べたり、

 

お魚食べたりしてるでしょう。

 

魚も、豚も、牛も、鶏も、みんな元気に生きていたんだよ。

 

でも、みんなが生きて行くためにお肉になっちゃったんだよね。

 

鳥もあおむし食べて生きているんだよ。

 

みんな他の生き物の命を食べないと生きて行けないの。

 

かわいそうだけど、

 

鳥たちが生きて行くために、あおむしは朝ごはんになっちゃったんだね」

 

というお話をすると、みんなとても真剣に聞いていました。

 

どのくらい感じているか、理解しているかはわかりませんが、

 

きっと何かは感じ取ってくれたと信じています。

 

今回は、まったく手を加えず、自然のままでの観察でした。

 

最後は残念な結果となり、悲劇で幕を閉じることとなりましたが、

 

次回は、ちょっとだけ保護して、蝶になる旅立ちを見せてあげたいなと思います。

 

蝶なれるってすごくラッキーなんですね。

 

そして、子孫を残すという使命を全うすることはほんとに偉大なことなんですね。

 

あおむしたちが教えてくれたこと・・・・

 

”生きて行くってすごく大変なことなんだな~”

 

”サバイバルだな~”

 

”生きて行きたくてもこうやって犠牲になってしまう命もあるんだ”

 

”命を大切にしよう!”

 

と「蝶になれなかった3匹のあおむしたち」が教えてくれた教訓を

 

心の片隅のフォルダにしまってもらえたらいいなと思っています。

 

そしていつか、何かのきっかけで、

 

この3匹のはらぺこあおむしたちのことを思い出し、

 

役立ってくれるといいなと思います。

 

そして、生きて行くパワーの源のひとつになってくれることを願います。

 

アゲハチョウは、年に4回卵を産む時期があるそうです。

 

10月に産んだ卵は蛹で冬眠して春先に蝶になります。

 

春先に産んだ卵は6月に蝶になります。

 

6月に産んだ卵は8月に、8月上旬に産んだ卵は9月末に蝶になるそうです。

 

ということは、

 

次回は梅雨明け頃かな?

 

梅雨明け、また蝶が飛んできて、卵を産んでくれることを祈っています。

 

そして、

 

幼虫を餌とするカマキリもまたやってくるでしょう。