のの。のひとりごと☆

のの。のひとりごと☆

自由気ままなのの。のひとりごとです(´∀`*)
日頃思いついたことやあったことをマイペースにゆっくり書いていきます♪

ほんわり、のんびり徒然なるままに。。


テーマ:
こんにちは晴れ
昨日はすごくいいお天気で暖かかったので、主人とお義母さんと3人で可愛いピンクの梅の花を観に行って来ました♡
もう満開でしたよ~~
梅の花観ながら食べるお弁当は最高でした爆  笑


{9BB6CDE8-FAA2-4C89-AD10-A26D4316974C}



いつも3人で美味しいもの食べに行ったり、旅行に行ったり、カラオケ行ったり、お義母さんとはすごく仲良しなんです。

とっても優しいお義母さんでわたしは大好きで、本当のお義母さんのように思ってます。
そのお義母さんに言われたことにすごく傷付き、わたしの心はぽっきり折れてしまいました…

わたしはたま~~に便秘になったりします。
前回は年末からお正月にかけて、実家に帰ってるときや旅行とか行くと毎回便秘になります。
今回わたしはお恥ずかしいのですが、痔になってしまいましたあせる
便秘でなったんではなく、体質のようなんです。

何年か前に痔の手術したときに、先生に言われました。

梅の花観たあと、主人の実家で晩御飯食べて帰ることになったんです。
最近お尻が切れてヒリヒリ痛くなるので、ちょっと辛そうにしてたんですよ~

それに気付いたお義母さん、「どうして顔しかめてるの?」と聞かれたので、言おうか迷ったんですけど、カミングアウトしました。

それで心配してくれてゆっくり入るようにとお風呂を入れてくれたんですよ〜

お風呂に入ってるときにお義母さんの大きな声が聞こえてきたんです。

「便秘になったり痔になったり、そんなんじゃ子供できても育てられない」
「もう43歳になったし、治療やめると思ったのに、いつまでするの?43歳で妊娠しても流産する」とか話してるのを聞いてしまったんです。
 
わたしたちの問題なのに…
一番言われたくなかった…
こんな風に聞いてしまったの2回目なんですよね。
 
もちろん悪気はないのはわかってます!
心配して言ってくれてるだけなんです!!
でも便秘や痔で「子ども育てられない」なんて意味がわからないプンプン
育てられるわ‼️
 
わたしはそんなに弱っちいわけではないんです。

頭痛持ちはあるけど、どんなにきつくても仕事頑張っていきます。

子どもいるお母さんたちだって365日毎日元気いっぱいなわけじゃないと思うんです。
たまにはどこか不調があったりもすると思います。
それでも頑張って子育てしてるんだと思います。

妊活のことは詳しいことはお義母さんには話してません。
色々言われるから…

治療ももう6年になりました。
正直焦る気持ちもあるけど、毎日楽しく笑って過ごすようにしてます。
年齢は重ねて言ってるけど、主人も精子も増え、わたしもよくなっていってると思うんです。

お義母さんには迷惑かけてないんです。
それにわたしたち夫婦の問題で、わたしたち夫婦の人生なんです。

一晩中涙止まらず全然眠れませんでした…

お義母さんのところには毎週のように遊びに行ってたのですが、もう今までのように親身には付き合えません…

子どもができたらできたで、また色々自分の考え押し付けてきそう。

いつか同居だってあり得ます!
とりあえず今はしばらく距離を置くつもりです。

言いたくはないけど、お義母さんが主人が子どものとき、もっと早く停留睾丸をみつけてくれてたら…と思ってしまいます。
そのこと何にも知らず、子ども諦めろ的に言ってるのムカつきます!!!
わたしたちがどんな思いで今までの治療してきたか…
この忘れてたモヤモヤ、また復活です。
お義母さんに言いたくなる…
でも主人が悲しむと思うと言えません…
 
主人はお義母さんの超心配性、思い込みが激しいところは理解してくれてます。
目がハニワになりそうなくらい泣いてるわたしにすごく優しくしてくれて、
ちょっと遠くても美味しいお寿司屋さんに連れてってくれたり、わたしの好きなケーキ買ってくれて、気持ち切り替えることが出来ました。
 
迷ったけど、うちの母に話したら、泣きながら話を聞いてくれて、怒ってくれました。
うちの母は、いつもわたしのこと応援してくれてます。
心配することもあるけど、遠くから見守ってくれてます。
有り難いことだなぁと改めて思いました。

妊活していると色々なことがあって、こういうことも普通なのかもしれないですね。。
わたしたちの気持ちはわからないのが普通であって…
乗り越えていかないとですね。
いっぱい泣いてすっきりしたので、また毎日笑って過ごそうと思いますニコニコ
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス