永年預かり・シーズーのハナちゃん♀(推定15才以上)は、保護当初からヨボヨボなお婆ちゃんでしたが、最近さらにぐっと老いを感じるようになりました。

預かり会員として、今まで何匹か老犬をお世話させてもらいましたが、犬も人間同様、老いると人の手助けなしでは生きられなくなります。
 

痴呆で徘徊や夜鳴きをする子もいますし、それまで問題のなかったトイレも少しずつ失敗が増えるようになります。

ごはんも上手に食べられなくなったり、寝たきりになると褥瘡(じょくそう)を防止するため1日に何度か体勢を変えてあげる必要もあります。

お世話(介護)はときには深夜にも及びます。

ハナちゃんは少しずつ痴呆が進み、夜間徘徊や旋回運動(痴呆症が原因の行動)などの症状がありますが、今はまだ自分でごはんも食べれますし、オムツに自力で排泄もできます。

まだ介護とまでは至っていませんが、これから遠くない将来、食事介助などが必要になってくるでしょう。

少しずつ、少しずつハナちゃんと向き合う時間が増えていくと思います。

 

保健所へ老犬・老猫を持ち込む理由に「お世話ができなくなったから」という人がいます。

仕事が多忙になり時間がない、ご自身も高齢になると同時に持病や手術、入院などで世話が難しくなった…事情はさまざまですが、生き物を飼うということは、どのような理由があろうとも生涯お世話が必要です。

「可愛いから」という一時の感情だけで飼うのではなく、その子の生涯を面倒をみてあげられるかどうか…今一度考えてみることがとても大切ではないでしょうか。

 

そんなこともあり、ティアハイム十勝では飼い主希望者さんの年齢によっては、後継人をつけていただくようにお願いするときがあります。

「手術でしばらくの間留守にするのだけれど、預かってくれる人がみ見つからない…」

「ペットホテルに預けたくても、長期間入院するとなると代金が支払えない」というお話しを耳にすることがありますが、そういったときにも、後継人を探しておくと飼い主さんも犬猫も安心だからですほっこり音譜

 

そして、初めての介護に迷ったり、悩んだりしたときは……決して一人で考え込まずに、家族や周りの人に相談して協力してもらいましょう!

ティアハイム十勝のスタッフ同士も日頃からよく相談しあうんですよニコニコ

 

老犬・老猫の介護は人間と比べてあっという間です。

家族の一員として共に生活し癒しを与えてくれた犬猫に、今度は私たち飼い主が最後まで寄り添ってあげたいですね犬猫ハート

 

スタッフraichi