● Cing倒産


http://blog.livedoor.jp/htmk73/archives/2832395.html


 「アナザーコード」「ウィッシュルーム」のCingが倒産だとか。

 うへー。

 公式サイト は現時点でアクセスできず。


 直接つきあいのあった会社ではないので、

 どういう事態なのかは想像するしかないけど、

 かなりうまくやってる印象があったんだけどなあ。


 冒頭であげたタイトル二作は、DSのアドベンチャーとしては

 出色の売上を誇るタイトルだし、

 開発コストもそれほどではないから、たぶん大成功の部類に入るはず。

 むしろ、営業的には「みならうべきタイトル」として印象深い。

 だから、何かあったとすればそのあと?


 確かに、大売れしたタイトルはないけど、

 ラストウィンドウはそこそこ売れてたんじゃなかったっけ?

 それでもどうにもならないような財務状況だったのかなあ。


 「王様物語」はきつかっただろうけど、

 実は全国トータルでは17万本 売りあげてる。

 「計画より売れなかった」場合の被害を大きく受けるのは

 販売元の方だろうし、それぞれの開発が難航しちゃって

 資金繰りがおいつかなくなったか、

 はたまたゲーム開発とは関係ない部分での原因かなあ。


 いずれにせよ、この不景気のさなかに、きびしい。

 DS初期に名をあげたメーカーだけに、

 色々ウワサされている「DS2」とかが今後出るなら、

 また真っ先に手をあげた企業だっただろう。

 そこまで持たなかったのは悲しい。



● アッタコレダ


 http://ameblo.jp/sinobi/day-20100307.html

 

 プレイしてみた感想は、個々の印象は私もほぼ同じ。

 とはいえ、「そこまでひどいかなあ?」という感じももったのは

 わたしがDSiでプレイしたからか、それともワタシの評価が甘いのか。


 確かに、最初の認識はひどいし、思い通りに動かしにくい、って欠点は大きい。

 私も、数ステージやって「もういいや」ってなったから、

 「ほめられた出来ではない」のは疑いようもないんだけど。

 うーん。「未完成品」かあ。


 まあ、ホント、アイデアは光ってるんですよねえ。

 操作性の低さは、カメラをつかうかぎり、ちょっと代案が思い浮かばないなあ。

 画面片方だけにして、傾き+タッチだけにおさえればいいかもしれないけど、

 それだとスクリーンがいかにも狭い……。


 きっちり時間をかけて調整するか、

 あるいはいっそバッサリ、カメラでの操作をなくしちゃうか。

 そうすれば、もっと綺麗なまとめ方は出来たと思います。


 とはいえ、購入前にもちょっと書いたけど、

 こういうゲームを綺麗にまとめるのはホントに難しい。

 「残念な作品」という評価が適切な感じですかねえ。やっぱり。