大根掘り2019。

テーマ:

昨日は、ゆにわのたくわん用に

 

作っていただいている大根を掘りに

京都まで!
 

 
 

 


たくわんは、

 

かれこれ8年前くらいから

 

自家製で作っているのですが

昨年はちょっとしたきっかけから

大根を掘るところから参加することに・・。


(農家の塩見さんとのお付き合いも12年という月日が流れています)





それにしても、さっむい!さっむい!
 

 

 
(↑雪の中で甘さをぎゅっと出した大根たち。)
 
 
 
 

昨年は何も知らずに

 

乗り込んだことの反省を活かして

長靴にゴム手袋(厚手)、ホッカイロ・・・

やれる限りのことは尽くして

いざ!

 

 

 
 


・・・それでも寒い。


 

 

 



でも、動くしかないので

みんなでたくさん掘ってきました。

 

 
 
 

 
 
わたしは割れた大根をかじりはじめ
 
そしたらみんなもかじりかじり、、、
 
 
「梨みたいに甘い~!!美味しい~!」
 
 
 
と絶賛。
 
 

スタッフのこどもたちも連れていきましたが

走り回ってとってものびのびと過ごしていました。

 

(こういう時間も勉強になるときがきます。)
 

 

 
 



みんなでやるとわいのわいの楽しく
勢いもつきますからね。

 

 

 

そういったパワーに後押しされて
農家の塩見さんからも「ほんまに助かる。」と喜んでいただきました。

 



いつもはひとりでやっていることですからね。




これをひとりで・・・・





そうした背景を感じずに、雑に触れて、切って、作って、なんてしたくないんですよね。


全部料理にうつっていくと思うので。







わたしたちからすると

こうして農家さんが大切にされていることに触れさせてもらえて

ありがたいということと、

 

触れることでまた料理するときの気持ちなどが

高まっていくので嬉しいんですよね。

 



今回新しいメンバーも数名連れていきましたが

こういう感受性って

 

理屈とかでは伝わらないですからね。
 

ましてや、

 

スマホで検索して知った気になっちゃう世の中ですから。

 

自分の足で行って、見て、感じて、食べて、知らないと育まれないように思います。


「自分たちが料理をしているそのお皿の背景を感じれて本当によかった」

とスタッフのしゅんくんは言っていました。

 

 
 
 
 
 
 


わたしが感じることと

また違う感じ方をみんながする


それがまた力を合わせることで

壮大な背景を含んだ料理になると思います。
 

 

 
 
 
 
 
(昨年のたくわん)






今朝はこの大根掘りの動画をLINE @でも紹介させていただきましたが

感想をいただいているものを

 

こちらで紹介しますね。



「おはようございます。
街で育ち
スーパーの野菜や
お米しか食べたことがなかった私が
田畑がある家に嫁ぎ
当たり前にお店で買って食べていた
お米や
野菜たちが
こんなにたくさんの
過程を経て
私たちの食卓に並べられ
私たちの命に繋がってゆく。

それでも
日々の
田畑を管理するのは
本当に大変で

田畑の仕事が
嫌で嫌で
それでも
サラリーマンの主人が
ご先祖様から受け継いだものを
休みの日に
早起きをして
田畑を耕し
働いてる姿を見て
私も仕方なくお手伝いをしていました。

でも
ちこさんの著者をきっかけに
ゆにわの皆様の
日々の暮らし
考え方
自然と向き合い
日々生かされていることに
感謝する姿を
拝見し
私も
今からでも
田畑がある環境であることに先ず
ご先祖様に感謝して

丁寧に
仕事をしよう。


思います。

雪が積もってる畑には一度も足を運んだこともなく

皆様の
無垢な姿に
朝から
心が暖かくなります。

私も
去年50歳になり
これからの人生をどう生きていこうか。

そんな時
若いゆにわの皆様の
姿から
いっぱい
ヒントを頂き
残された
命を
どんどん輝かせていきたいと
思います(*^^*)」



ここまで。

ありがとうーございます。

 



こうしてみなさんの日常にもなにか発見や光が見出してもらえると嬉しいです。
 

 

 

たくわんの動向はまたLINE@でも配信するので

そちらもお楽しみに・・

 

 

 

・LINE@「ちこ@美味しいごはん

 

・映画の上映会情報はこちら

 

ちこインスタ

 

ちこオフィシャル

 

 

【まぼろしのディナーコース】

 

ゆにわに立つ者が意思・役割をもって見続けてきたことで形成された「場の力」が及ぼす人・食材・調理法・食卓を味わっていただけます。

 

立ち入るだけでびっくりするほど元気になり、食べる料理も作る料理も美味しくなる場です。

 

みんなで田植え、収穫までをおこなった“まぼろし米”を使用した土鍋ごはんを堪能していただけるお任せコースです。

 

毎月のテーマに合わせて人との出逢いや季節の香りをつなぐ料理構成となっております。



◆日時
  2/3(日)、9(土)、12(火)、15(金)、16(土)、18(月)
  3/3(日)、8(金)、16(土)、23(土)、24(日)
  18:00~/19:30~

 

◆ご予約

  こちらのフォームからお申込みください。

 

 

【ゆにわのバレンタインチョコレート】

 

今回使用する「幻のカカオ」は、ご縁で結ばれた収穫量の少ない農薬不使用の希少なカカオ。

 

雑味・苦みが少なくマイルドな味わいと、程よい酸味とフルーティーな香りが特徴です。

 

ロースト方法も市販のような高温短時間ではなく、低温で長期間焼成しているので、ほろ苦い大人味の奥に、独特の甘みが感じられます。

 

どんな高級チョコレート店でも味わえないような、本物の味とあたたかいやさしさを堪能していただけることでしょう。

 

 

◆ご予約

  こちらのフォームからお申込みください。

 

 

【ゆにわの赤飯】

 

運気の切り替わる月初めの1日。

おめでたい赤飯を食べてお祝いしましょう!

こちらのフォームからお申込みください。