エネルギーの世界は、

ガチなものほど

生かしてくれる人に懐くのが天界のものおすましペガサスキラキラ


おばけ堕ちるために力を貸すのは…?


あなたは今、どっちを向いてる?



堕ちてるとこが好きでやってる人に

おせっかいを焼いていられるほど

今は活動として許されている波動帯に余裕がない。

たぶんこれは、

どこのグループでも今は同じだと思う。


ここで合わないなら、

もう数階層下のグループへ…って

グループの存在波動帯が下に広がるのではなく

個人が別の波動帯グループへと

転移してくケースが今はとても多い。



あなたが(心の中で)放ったこと、

言動として表現したことが、

そのまま現実化として明日を創ります、と。


イライラすることや、

不安になることがあったとして、

自分は今こうだ!と表明するよりも、

次は◯◯がいい!と表明することの方が

今に連なる景色は変わる(当たり前だけどw)

で、

そっちの方が断然カッコいい(当たり前だけどw)


昨日と同じ今日を深めていくような堕ち方をしていれば、

何度も同じこと言うのはお互いに辛いしキツいよね…って

変わりたくない人に遠慮して

「助け」や「救い」や「愛」は、その場から立ち去る。



もしかして僕堕ちてる?』

堕ちながら救いを求めたら、

手を掴んだまま相手も堕とすことを想像した方がいい。


ニュースでもよく聞くよね

溺れてる人を助けた人が亡くなるって。

本気で人を助ける瞬間って、

「自分」がなくなる瞬間だと思う。

全部が「あなた(のため)」になる瞬間。


そう捧げてくれるような人なら尚更、

変わる気もないときに縋って

罪悪感を煽って付き合わせるのは

その人を堕とす行為そのもの。


「僕堕ちてるから変わるね!助けてくれる?」

▶︎明確な事態把握と認知、からの明確な答え


自分で気づき、自分で変えてからだと思うよ

全てのベクトルが「サポート」の流れを帯びるのは。




昇天今、高次元の存在たちが設定している

「この波動帯グループでは

これ以下はない、入れないし、取り合わない」というボーダーが強固に明確w


↑ウチで言えば、ここが

トッププレイヤーさん達との境界線



「みんなを導く」ような「みんなのためのもの」を

自分という存在のすべてを使って

この地球に降ろし、示し、

大きな感動を与え、魅了し、癒し、救い、愛し

お手本のようにみんなに道を拓き、開き…


地球では、ほぼ見られないレベルのものを

その高いレベルのまま現実化して

みんながリアルに目で見えるように見せてくれる存在たち…

まさに地球を牽引するトッププレイヤー


彼らの足を引っ張るような、

彼らのサポートに支障が出るような、

彼らの活動に十分な高波動帯エリアが確保できなくなるようなことは

今は一切許可されていない。



こちらで判断しているのは

トッププレイヤーである、という結果のところではなく

トッププレイヤーらしく存在してくれているという

ご本人によるご自分の位置付け


…ということは、

あなたがどうするかだけ。

あなたはトッププレイヤーですか?ってこと。


あなたが、自分をどう捉え扱っているのか、

◯自分を律するのと開放するのとのバランス

◯パブリック(立場的表現)とプライベート(個人の感情)のバランスとして

自分に何をどこまで許可しているのか


それによって、

自然と選択されるものが変わってくる。


トッププレイヤーらしい振る舞い、は

「立場が人を作る」ように仕上がっていくものでもある。


そこに立っている人にしか発想行動できない「何か」に触れているかどうか、ね?