Tina Official YouTube チャンネルで

定期的にupされているインタビュー動画

「Tina’s Story」

 

【#15 東日本大震災と楽曲“Starting Over”】が

公開されました。

https://youtu.be/54SXftee9YA


日々の生活の中で予想も出来ない様な

出来事に直面する度に

 

アーティストである以前に、1人の人間として

その都度色々な事を考えさせられて、

今もそんな日々の繰り返しで。

 

そんな中でも、一歩前に進もうとしては

立ち止まったり。どちらにしても勇気が必要だったり

その瞬間ごとの自分の中で見つけた答えに

いつも自問自答してます。

 

これで良いんだ!とその都度思いつつ

本音の部分でそう思えるには時間が必要だったり、

振り返った時だったりします。

 

迷いながらも、小さな答えをひとつひとつ積み重ねて

時々、鏡に映る自分を確認して


せめて心意気は自信満々かの様な出立ちで

頑張りたいと思います♡

 

皆さま今後共温かい目で

引き続きどうぞよろしくお願い致しますm(._.)m

 

「Starting Over」MV撮影オフショット 

 

「PRIDE」ジャケット撮影のオフショット

 

9th シングル「PRIDE」CDジャケット

 

10thシングル「Starting Over」CDジャケット

 

リリースの際CD店の方が書いて下さった

「Starting Over」楽曲紹介手書きコメント

 

 

ホイットニー・ヒューストンの1stアルバム

「Whitney Houston」(邦題:そよ風の贈り物)


私と近い世代のシンガーはホイットニーの歌を

ほぼ皆んな通過してるはず♪


私も小学生の時、このアルバムに収録された

“All at once” や“Saving all my love for you”を

カセットテープで何度も繰り返し聞いて


耳コピした英語の歌詞をカタカナで書いて

歌ってみたりしました。


その後、時間が経ってホイットニーの歌を聴くと

初期の歌は晩年の歌と比べたら粗いなって思うけど、そこがイイなって思ったり。


表現するには最低限のその方法や技術を磨く事は

必要だけど、最終的には上手とか下手とかじゃないなって言う事を感じます。


経験がなくても稚拙でも、その時々の自分の精一杯を持って真っ直ぐに向き合ったものはイイね!って

胸を打たれたり、心に響きますよね♪


それの積み重ねは努力に繋がるし、

結果的に、技術を磨く事にもなると言うか。

慣れた手でそれなりにこなすよりよっぽどイイと

思ったりするこの頃です。


つい先日のレコーディングスタジオ。

着てるのは若い世代のラッパーYELLOW BUCKS(イエロー・バックス)君率いるTo The Top Gang クルーの

Tシャツ。


このTシャツの収益は全て医療従事者の皆さんへの

寄付されるとの事で、早速購入しました♡

Big Up TTTG クルー。



20代の頃より少しは経験した分、

もっとイイ歌が歌えるはずだって思いながらも

スタジオで歌って聞く度、まだまだだなーって

正直いつも思って。


それを聴いた誰かの「最高っす!」って言葉で

初めてホッと出来たりして。


私はどこか自信がないから自信持ってやってるだけだったりして。だから全然自信満々じゃなくって。


そこで自分自身に対して一喜一憂しながらも

いつもフレッシュな気持ちで

ワクワクしながら、まだまだ新しい発見があるんじゃないかって言う気持ちを保ち続けるモチベーションの源は情熱で、


それはきっと好きな事をやれてるからこそだなって

思うから、どんな時でも私は幸せだよなって

最後はいつもそこに落ち着きます。


日々、一喜一憂、自問自答しながら

泣いたり笑ったりして


ホイットニーのアルバムジャケットの様に

腰に手をあて顔を上げて自分の足で立つ。

そんな絵をイメージしながら


どんな時代も変わらず、何かを感じる人の心は

いつもアナログだってそう思っています♡


音楽を聴いて 曲の端々から感じるアレコレを
想像したり、自分なりに好き勝手自由に分析してみたりあ〜この人はこんな性格の人なのかも??とか
思い巡らせながら音を聴く時間がとても大好きです♪

私が感じた事が本当にそうかどうかなんて
わからないんだけどね。

全部が音に出るなって思います。
何がって上手く言えないんだけど、なんか出てる♪

もしかしたら
そう信じたいだけなのかもね♪

今も生涯現役だ!って元気にJazzサックスプレイヤーをしてるパパが、昔からたまに私へのメッセージを書いて私の目につく所にさりげなく置いてくのですが

随分前にくれたそれを今日は何となく
見返したくなった気分。

昔は何となく理解しつつも、特に前半のチャーリーパーカーの言葉は難しいな〜なんて。

だけど今はちょっとわかる気がする。
何となくだけどね♪  

音楽は音楽だけじゃない色んな事を教えてくれる。
音楽は最高だーーー!

このメッセージは私の永遠のテーマ。

たまに「このミュージシャンはビリー・ホリデーの彼氏だった」なんてゴシップネタも(笑)

私に音楽理論、施法(モード)を書いて教えてくれたり。
その最後に、時代背景含めた分析豆知識みたいなメッセージも。(その気持ちわかる。遺伝かな?)

正直、こう言った音楽理論的な事は
私はあんまり分かってないです。ちんぷんかんぷん。


Tinaちゃんお団子時代。
そしておそらくこの頃、団子がパパの譜面裏に書いた絵。メモ書きから「パパの顔と犬」だいぶ怖め。

パパのレイバンサングラスをかけた丸い団子(パパ撮影)

パパの顔から目がはみ出し&多過ぎ!怖っ!