―――あなたは昨日、何かおいしいものを食べましたか?

 

えーと、はい。
地元のケーキ屋さんで購入したアップルパイをいただきました!

 

―――いいですね~。
     なぜ、アップルパイを購入したの?

とくに理由はないけど、

仕事がんばったなーというときに、よく買っちゃいます。

―――そのアップルパイの感想を教えてください。

 

感想? ああ、すごくおいしいんですよ! 

 

―――「おいしい」というフレーズ以外で、そのおいしさを

    伝えていただけますか?

 

えっ。「おいしい」以外で?

うーん、なんだろう。最高、ですかね。大好きな味なんです。


 

 

 

 

 

……上記のやりとりを読んで、みなさんはどう感じましたか?

 

そのお店のアップルパイがおいしいのはわかった。

でも、何がどうおいしかったの??

もっと、ちゃんと伝えてくれないと、全然わからないでしょー!
あーモヤモヤする!

 

と思ったのではないでしょうか。

 

 

 

そう、何かの感動や魅力を文章で伝える場合、
「おいしい」「きれい」「すてき」「おもしろい」

のような、抽象的であいまいな言葉だけでは、
誰の心にも響かないし、なーーーんにも、伝わりません。


★文章に「五感」を使う

→読み手のイメージを広げる

→共感が得られる!

 

じゃあ、どうすれば、

読み手に伝わる文章が書けるのか。

 

そこでおすすめしたいのが、

文章に「五感」を使うという方法です。

 

 

人は何らかの文章と出会ったとき、

「この文章に、自分の考えに近い部分はあるかな?」

「なるほどー、と思わせられるような価値はあるかな?」

と、

共感や気づきを探しながら読むものです。
 


ただの事実やあいまいな言葉を並べても、

共感や気づきは得られません。

 

 

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。

 

五感を意識した描写を取り入れると、
読み手にとって、

リアリティーやストーリーのある文章になり、

多くの人の共感や気づきを得られるものになります。

 


まあ、いいことばかり!

こんなに効果的な「五感」を、

使わない理由って逆に何?

 

 

 

 

……というわけで、冒頭の不毛なやりとりが、

小川こころの「五感を使った文章講座」を通して、

このような描写に変身しましたー。

 

 

 

仕事に疲れたときや、今日はがんばったなーというとき、

わたしが必ず買って帰るもの。

それは、地元・高円寺の焼き菓子専門店「〇〇〇」の

アップルパイです。


つやっとした素朴な焼き色が食欲をそそる、

網状の繊細なパイ生地に、

国産の紅玉のみずみずしい甘さとほどよい酸味が

ぎゅっと詰め込まれた、これぞ「ザ・アップルパイ」。


ひと口食べると、

サクサクッというパイ生地の音とともに、

芳醇なバターの香りと

シャキシャキ&ジューシーなりんごの味わいが

口いっぱいに広がります。

 

ああ、シアワセ。
気がつけば、週に一度はこれを食べているわたし。

通い続けて早5年。

店長さんや奥さんと、今ではすっかり仲良しになっています。

 

 

 

 

五感の使い方は、人それぞれ。

みんなちがって、みんないい。

そうじゃなきゃ、文章はおもしろくありません。


 

あなたの中の眠っている五感を引き出して、

豊かで味わい深い文章を書いてみませんか?
 

東京青猫ワークスの文章講座
「ゼロから始める文章教室 ~五感を使って『読ませる・伝わる』文章に!」で、
お待ちしておりまーす!

 

 

そのほか、

さまざまなジャンルの文章講座を開催中!
すべて初心者対象です!

 

 

★文章スタジオ【東京青猫ワークス】単発講座のお知らせ

東京・銀座にあるセミナールームにて、
すぐに使える、身につくライティングのワークショップを各種開催中。
すべて単発講座なので、お気軽にご参加ください!

「ゼロから始める文章教室 ~最初の一文ですべてが決まる!」
「ゼロから始める文章教室 ~五感を使って『読ませる・伝わる』文章に!」
「『読むだけ』から『伝える』人へ! ブックレビューの書き方入門」
「たった5行で説得力のある文章に。すぐに使えるコラムの書き方入門」

各講座の詳しい内容、ご予約はコチラまで!