雨上がりのチューリッヒの街をぶらぶらしながら目的のハマムを目指します。


ヨーロッパの街は複雑に道がつながっていてひとつ道を間違えるとその場所には永遠に辿りつけないのではと思ってしまします。

今回もそんな感じで1時間くらい街を彷徨いやっとのことでハマムを見つけました。



チューリッヒの市内に唯一ある温浴施設です。

いや最近ビール工場跡を温浴施設にしたB2ブティックホテルがありますから2件でした。

ウエッブサイトからでは全く想像がつかないのでどんな施設なのかとても楽しみです。


3階建のビルの地下にあります。

受付で料金45フランを支払います。

ここも例にもれず高いです。


 

小さな白いローションと白いパウダーをもらい更衣室に入ります。




更衣室ではハマムでの必需品腰巻を巻き浴室側に出ます。

施設全体がほの暗くかなり退廃的なムードが漂っています。

浴室中央には大きな楕円の石台が有り男女皆そこに寝そべっています。


 


トルコ式の腰巻をパレオのようにまとっている女性の姿はセクシーです。

周りはと言えば波打ったようなスリットの壁かありその中には人の姿が見え隠れしています。


このブース状の小部屋が6か所あります。

また入口左手にドライサウナ、正面奥右にはスティームサウナがあります。

入口右手にはハマムマッサージベッド(あかすりベッド)が2台あります。



皆さんが使っている様子を学習して利用することにしました。


AD

まずドライサウナかスティームサウナに入ります。

その後ブース状の場所に入り受付でもらったローションとパウダーを混ぜ全身に塗ります。



そのまま10分くらい放置してその後シャワーで洗い流します。

波打ったスリット壁が中央ホールとこの泥塗りブースとを隔絶することなく微妙につなげていて独特の空気感があります。





互いを伺い知るのです。

ホールでは皆腰巻をを巻いておりリラックスしていますしブースでは裸で全身に泥を塗っています。(たいがいカップル)

まさに大人の場です。

こんな空気感を自然に楽しめるのはヨーロッパ以外にありえません。



やっぱりヨーロッパは深いな~と感心しながら休憩エリアに移動します。

途中にトリートメントルームが2室あります。

休憩エリアがこれまたシュールなハマムカフェです。




中央は普通の椅子テーブルがありますが周りには高床の寝ころびエリアとなっています。


中目黒に「chano-ma」というカフェがありますがあれをもっとディープにしていった感じです。

またここの居心地が良くってとってもリラックスしてしまいました。


これが東京にあれば毎週行くのにな~。



Stadtbad Zurich








AD

以前から気になっていたスイスチューリッヒにあるドルダーグランドに行きました。


このドルダーグランドは、かのノーマンフォスターの設計によりリニューアルと増築がなされました。その中でも4000平米にも及ぶスパの新設は興味深い物で楽しみです。


ホテルは歴史ある建物でしっとりしたいい感じのものです(写真1)。



(写真1)


車寄せは何も無いスペースですがそこに止められた車が素敵な場づくりをしています。

ポルシェ、BMW、ベンツ、アストンマーチン、ベントレーと高級車勢ぞろいです。

またその並びがおしゃれです。何か車のレースのスタートグリッドにならんでいるかのようです(写真2)。



(写真2)



チェックインして部屋にはいります。中央に置かれたベッドから外を眺めるレイアウトになっています(写真3)。



(写真3)



ヘッドボードの後ろがワードローブさらにその後ろがバスルームです。

バスルームはバスタブが独立おかれバスソルトも朝用と夜用の2種類が置かれています。

バスの上にお茶が置けるのもリッチな雰囲気です(写真4)。



(写真4)





THE DOLDER GRAND http://www.thedoldergrand.com/

AD