BlossoMoon福岡市・大人女子のお稽古教室/カリグラフィー・スピリチュアル・曼荼羅・アルコールインクアート・プリザ・パステルアート

BlossoMoon福岡市・大人女子のお稽古教室/カリグラフィー・スピリチュアル・曼荼羅・アルコールインクアート・プリザ・パステルアート

福岡市南区大楠(高宮駅近く)

・カリグラフィー
・アルコールインクアート
・パステルアート
・アカシックリーダー
・レイキティーチャー
・匂袋
・水引
・サンキャッチャー
・プリザーブドフラワー
・ハーバリウム
※お問い合わせはお気軽にどうぞ。

プリザーブドフラワー教室・資格、ハーバリウム、

曼陀羅アート・光の翼アートは、


crystalcolorsさんでもお取扱いいただいています。
ぜひご覧ください。 → はね


オーダーも受付中です








スケジュール⇒こちらをご覧ください。
・パステル&ワイヤーレッスンに関するご質問 → Q



※ オリジナル作品の無断複製・転載は、お断りしております。


ご理解の程、宜しくお願いいたします。




視察交流会レポの続きです。

最後に訪れたのは、サガビネガーさん。

今回の視察交流会の中で、お酢が好きな私が一番楽しみにしていた場所です。




お酢には、オメガ3が含まれていますが、実はこれ、体内で作ることが出来ないのです。
オメガ3というと青魚から摂れるのは有名ですが、お酢からでも摂れるわけなのです。


さらにはαリノール酸なども含まれるので、肝臓や腎臓にもよい働きをしてくれます。



さぁ、工場見学へ。



さて、お酢を仕込んでいるこの樽の内容量は、どれくらいだと思いますか?
なんとっ、4200リットルだそうです。


そしてこの木造の建物。
これにも意味があります。
酢がすみやすい様に木造なんだって。
つまり、木であることで酢酸菌がすみやすくなるということ。



樽には、菰で作られたムシロ。
これが今では、手に入りにくいそうです。ム
ほかのもので蓋をしてしまうと、お酢が育たなくなってしまったり、ダメになったりがあるそう。
ムシロだと、お酢がきちんと呼吸が出来るので、育っていくのです。




サガビネガーさんでは、『静置発酵法』でお酢を作られています。
静置発酵法は、タンクに種酢(できあがった酢)・もろみ・水・酢酸菌を入れてかき混ぜずにそのまま置き、酢酸菌の力のみで発酵させる伝統的な製法のこと。
サガビネガーさんでは、180日かけて酢を育てられています。


この方法で作られることで、ツーンと来ない美味しいお酢が完成するわけです。


建物には、こんな説明書きも。




ナタ・デ・ココにも酢酸菌とは、びっくり~。
工場見学も終わり、売店で試飲とお買い物タイム。



夏場はフルーツ酢をよく作るので、思いきって一升瓶を購入…笑
ツーンと来ないから、使いやすく飲みやすいのです。


小さな瓶は、お土産でいただきました。
ありがとうございます💕
一日一回、大さじ一杯のお酢を飲むことで、血圧や肝臓などに、よい働きをしてくれるそうです。
試してみよう☺️



こちらは、外にあった陶器製の入れ物。
昔は、これに入れて使っているお店も多かったのだそうです。
下方に注ぎ口を付けて、コックをひねると出てくる仕組みです。



ツーンと来ないお酢、おすすめですよ☺️
サガビネガーさんのお酢は、オンラインショップなどでも購入できますので、のぞいてみてね。



視察交流会レポの続きです。

2つ目に訪れたのは、えこびとさんが育てておられる「えごま」。




こちらも無農薬で育てておられます。
このような敷地の場合、自身のスペースが無農薬でも、隣の敷地が農薬を使っている場合もありますので、こちらの敷地は隣とのスペースを5mあけているそうです。


栽培には蓮華緑肥というものを使っているそうです。
今からの時期は、毎日草取りで大変だとか😂


そして、温室栽培。



土の改良は、3年続けることで虫がわきにくくなるんだって。
そして、より良い育成の為に年に3回ほど、馬糞堆肥を入れるそうです。
どんな肥料よりも、これが一番よいらしい。

アップにするとシソみたいですね。



ハウスの外には、樟のチップが敷いてありました。
これを敷いておくことで、雑草が生えにくくなるそうです。




エゴマの栽培見学のあとは、おまちかねのランチ。
えこびとさんで、『えこびと御膳』をいただきました。



エゴマ葉のサムギョプサル。



満腹にっなった後は、お買い物。
朝採りのエゴマとサプリたまごを購入しました。



そして最後はサガビネガーさんの見学です。
続く。

友人のお誘いで、視察交流会というものに参加しました。

体に優しい物の取り組みをされている箇所を視察。

一つ目に訪問したのが『農業生産法人 株式会社サガンベジ』。




農薬、化学肥料、除草剤等、化学物質を一切使用しない栽培方法で有機農産物を生産し販売されておられます。


こちらは虫除け。
細かい網目のネットと虫がひっつく?テープが張られています。
虫が入りやすいのは、人が出入りする入口側だそうです。



そして虫がわかない様にするには、土作りからだそうで、耕し水を含ませた上にビニールを被せ、太陽の熱殺菌させるんだって。
まさに大地と太陽のコラボレーションのもたらす力。


サガンベジさんでは、32棟のハウスの中で葉物野菜を育てられています。



敷地内には、ひつじさんがいます。
ひつじさんも草を食べるというお仕事をしています。
ハウス回りの雑草を食べて、まわりを綺麗にしています。



可愛い子ひつじも💕



色鮮やかな葉物たち。



こちらでは、土に、酵母菌や納豆菌を混ぜることで、除草しない、雑草取らないという農法をされているそうです。
菌の力って凄いっ😳



ドアストッパー。
これをかけておかないと、ひつじさんが上手に開けて入ってしまうんだって😅
賢いね、ひつじさん。



ちょうど収穫をされておられました。
一つ一つ、優しく丁寧に扱われています💕



収穫時、こちらの椅子に座られてました。



ハウスの葉物の間にあるこれ。
スベリヒユという食べられる雑草だそう。
山形や沖縄では、いろいろな調理法で食用としているそうです。
ってことで、もちろん食べましたよ😁
クレソンやルッコラの様なちょっとした苦味と食べていると少しだけ粘りがありました。
とても、美味しかったです。


スベリヒユには、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるそうで、その他にもカリウム、鉄分、ビタミンA、ビタミンCを含んでいます。
ただし、シュウ酸を多く含むので食べすぎは注意が必要。



そえそう、栽培されておられたルッコラとわさび菜を食べさせていただきました。
わさび菜は、ふだん購入しているものとは、食感も味も別物😲
いつも購入する、わさび菜は食べた時に葉がキシキシする感じがあるのですが、それが全くなく柔らかくて感動しました💕


さて、こちらに到着した時は、美しいハロが出ていました。



こういうのって、早めに消えてしまうことも少なくないのだけど、この日は長い間出ていたので嬉しかった。



生産者のお話や現地の様子を知ると、たくさんの想いと手間がかかっていることが、よくわかります。
農薬、化学肥料、除草剤等、化学物質を一切使用しない栽培方法のお野菜が、高値で店頭に並ぶのも頷ける時間でした。


体に良いものを取り入れることも運気アップの1つです。
なぜなら、私たちの体は口から摂ったもので作られているから。
運気アップをかねて、食生活を見直してみませんか?

次のエゴマ栽培に続く。