先日、サッカー専門誌「サッカーダイジェスト」で、

ガイナーレ鳥取が取り上げられました。


ライターでカメラマンの宇都宮徹壱氏の取材・テキストによる

比較的中身の濃い2ページの記事でありました。


御存知のように、ガイナーレ鳥取は現在、

Jリーグ入りを目指してJFLを戦っています。

その中で、9勝3敗2分の成績を得て首位を走っています。

日曜日には、昨秋の最終節で煮え湯を飲まされた相手でもある流通経済大学との一戦が、

ホームのとりぎんバードスタジアムで行われます。


現時点で、ガイナーレ鳥取は成績面では特段問題を有しませんし、

(試合の内容などについては、ひとまずここでは論じません)

公式ファンクラブであるガイナーレ・グリーン・クラブの入会者数も

約5,700人を数え、目標数値である6,000人の加入まで

あと一歩というところまで迫ってきています。


問題は集客面だけで、現在、ホームゲーム7試合を終えた段階で、

以下のようなことになっています。

(末尾の記号は試合の勝敗。○=鳥取勝利、△=引き分け、×=鳥取敗戦)


第 1節:MIOびわこ草津戦(とりぎんバード)     3,187人 ○

第 3節:三菱水島FC戦(どらドラパーク)       3,040人 ○

第 5節:FC琉球戦(とりぎんバード)          2,166人 ○

第 7節:町田ゼルビア戦(とりぎんバード)       1,267人 ○

第 9節:SAGAWA SHIGA戦(どらドラパーク)     3,430人 ×

第11節:ニューウェーブ北九州戦(とりぎんバード) 1,438人 △

第13節:FC刈谷戦(とりぎんバード)          2,168人 ○


総 合 計:16,696人(平均動員数=2,385.14人)

とりぎんバード合計:10,226人(平均動員数=2,045.2人、5試合)

どらドラパーク合計: 6,470人(平均動員数=3,235人、2試合)


前年比としてはどうなのか。これも洗い出してみます。

サンプル数は今シーズンに合わせて、開幕からホーム7試合目までとします。

(末尾の記号の意味は、上と同じです)


第 2節:流通経済大学戦(とりぎんバード)      3,066人 ○

第 3節:ジェフリザーブス戦(とりぎんバード)     2,156人 ×

第 4節:栃木SC戦(とりぎんバード)          1,363人 ×

第 6節:Honda FC戦(とりぎんバード)       1,769人 ○

第 8節:SAGAWA SHIGA戦(どらドラパーク)    5,031人 ×

第10節:ファジアーノ岡山戦(とりぎんバード)    3,118人 ×

第12節:FC琉球戦(とりぎんバード)          2,083人 ○


総 合 計:18,586人(平均動員数=2,655.14人)

とりぎんバード合計:13,555人(平均動員数=2,259.17人、6試合)

どらドラパーク合計: 5,031人(平均動員数=5,031人、1試合)



昨年が招待券を相当数配布した上での数字だと考えれば、

集客ペースがそう極端に低下しているわけではなさそうです。

昨シーズンは同じ時期に成績面で多少もたつきがあったので、

それを考慮に入れると、動員数としては着実に地固め出来ていると言えるでしょう。


ただ、Jリーグ側が要求する基準のひとつであるところの

平均観客動員数3,000人という基準からしてみると、

残念ながら、まだまだ数字として物足りないということは言えます。


では、どのようにして観客動員を伸ばしていくべきなのか。


まず、駐車場確保の問題が挙げられると思います。

とりぎんバードスタジアム開催時には、基本的にVIP駐車場が会場そばにあるのと同時に、

一般駐車場として、2箇所が割り当てられているのですが、

これがスタジアムから非常に遠いのです。

そこで、地元バス会社との協力でシャトルバスを運行してもらい、

駐車場と会場とのピストン輸送を行っています。

距離面に問題はありますが、とりぎんバードスタジアム開催の際は、

現時点で特に問題となる要素はないかもしれません。

(交通アクセスの悪さは多少問題ですが・・・)


一方、どらドラパーク開催になると、競技場内各所に駐車場はあるのですが、

当然ながら駐車可能台数に限りがあり、また他の大会が併催された場合は、

それらの車も駐車するわけですから、当然、台数はさらに減ります。

ここら辺がネックになると思われます。

一つの方法としては、JR米子駅近辺にある駐車スペースを借りて、

列車で最寄の東山公園駅まで来てもらうという手があると思います。

これも費用面などの問題は出るでしょうが、

公共交通機関の利用促進という側面を考えれば、決して悪い話ではないでしょう。

JR西日本に一部列車を臨時停車してもらうことも、試みとして行っているようですし、

今後、その辺りにさらなる工夫をすれば、アクセス面の伸びが期待できます。


続いて、ガイナーレ鳥取というチームのさらなる周知が必要だということ。


現状、地元メディアがガイナーレ鳥取を多数取り上げてはいて、

それらは非常にありがたいことに多くが好意的に取り上げてくださるのですが、

ガイナーレ鳥取としても、もう少しアクションを起こしてほしいところです。


各種イベントへの選手派遣など、努力している要素は多々ありますが、

一方で、ガイナーレ鳥取の知名度をさらに高める努力が必要だとも思います。


たとえば、先日、チーム側から応援用のうちわの制作がアナウンスされました。

そこに企業名を入れてもらって広告しようということのようで、

相応の価格で制作できるということを売りにしているようです。


また、先日、チーム主催の独自イベント「復活!公園遊び」に参加した

大阪プロレスに参戦しているプロレスラー、ブラックバファロー選手を通じて、

今週末の流通経済大学戦のチケット半券と引き換えに、

翌週鳥取市内で行われる大阪プロレスの興行に、小中高生を招待するという

そうした他競技との連動企画も行っています。


こうしたコラボレーションを、さらに推し進めていくことも可能と思います。

たとえば、同じ鳥取県内を本拠に活動している

アマチュア野球クラブの鳥取キタロウズと連携した動きなども

模索できるのではないでしょうか。

特にどらドラパーク開催だと、昼間にガイナーレの試合を行い、

夜にキタロウズの試合を行うというような方法によって、

(米子市営球場にはナイター設備がある)

連動して観に行ってもらうなどの方法が採れるような気がします。

こうすることで、キタロウズにもメリットが出てくるでしょうし、

ガイナーレ鳥取にも一層のメリットがあると思われます。


ともかく、さまざまな方面との協力関係を築いていくことで、

他方から認めてもらえる努力を、さらに推し進めていくことが

ガイナーレ鳥取自体の発展にもつながると考えます。



現状、ガイナーレ鳥取は、身の丈経営を主眼として行い、

そのために「強小元年」というキャッチフレーズをつけて

そのような姿勢を強くアピールしているところです。


だからこそ、さまざまな知己を得て、協力関係を築き、

ガイナーレ鳥取が発展していくのであれば、

それに越したことはありません。


ぜひ、これからもより一層の努力をして、

ガイナーレ鳥取をさらに成長させてほしいですね。

そうすることによって、Jリーグに上がっても簡単にびくともしないぐらいの

強い基盤作りに寄与できるよう、さらなる行動を起こしてほしいです。


山陰の地からJリーグクラブを発足させるためにも、

今後のガイナーレ鳥取の発展とその努力に期待しましょう。

最近、筆者が思っていることを少し書きます。

長くなりますが、お付き合いください。



サッカーを観戦される皆さんには、

概ねひいきのクラブというのがおありだと思います。

それがたとえば、Jリーグのどこかであったり、

それ以下のカテゴリーの、たとえばJFLだったり

地域リーグのどこかだったりするかもしれませんし、

あるいは海外のクラブだったりするかもしれません。

ごくまれに、ひいきのクラブを持たない方もいらっしゃるでしょうが、

(たとえば、特定の選手を応援している、などの場合)

だいたいはひいきのクラブをお持ちの方で占められていると思います。


それが、いわゆるサポーターと称される人々であるか、

そうではないファンと称される人々であるかは、

ひとまずここでは論じないこととします。


さて、そのようにひいきクラブをお持ちの方の場合、

通常はどうやってそのクラブについての視点を持ちながら

応援されているのでしょうか。


何があろうともひたすら応援し続ける方なのか。

良いことは良いと言い、悪いことは悪いと言うのか。

(まあ、ひいきのクラブについてただひたすら批判だけするような人はいないでしょうが・・・)


どちらにしても重要なのは、サッカーをしっかりと見ることです。

中には応援していたら見る暇なんかない、という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そういう方はスタジアムに何をしにいらしてるのでしょうか。

「応援」という行為に酔いしれるだけの応援団は

本当にサッカーが好きでそうしているとは思えません。


好きなクラブを応援することはもちろん大事なことです。

順調な時も、そうでない時も、好きなクラブが掲げた目標を達成できるよう

応援することで援護射撃をすることは非常に重要なことです。


が、それがひいきの引き倒しになってしまっては

元も子もありません。


重要なことは、まず、熱狂的に応援していながらも、

心のどこかに常に冷静さを保っておくこと。

たとえば審判による判定がおかしいと思っても、

そこでただ単に審判に向けてブーイングや罵声を飛ばすだけでは無意味です。

逆に審判を敵にしかねません。

逆にそういう時は落ち着いて味方の選手に切換えを求めましょう。

居丈高に審判にモノを言っても、その場ではスカッとするでしょうが、

たいていの場合、ひいきの引き倒しにしかならないものです。


ひいきクラブの選手が行った局面でのプレーについて、

自分が今いる立ち位置でできる最大限の観察によって、

あのプレーは何がいけなかったのか、

何が良かったのかを判断する以外にないのです。

テレビのニュース映像などは、その補完や再考察に利用します。

もし、その場では○○に見えても、実は××だった、

というようなことがあった場合、もう一度考え直してみたり、

見方を改めることも可能であろうと考えます。

もちろん、すべてのケースで見方が変わるわけではなく、

事と次第によっては、そのままの見方を通して良いこともあります。

その辺はケースバイケースで判断します。


とにかく、サッカーを見るにあたっては、冷静さを絶対失わないことです。

これは、サッカーのみならず、他の様々なスポーツに当てはまりますが、

あまり感情移入しすぎて論点がずれてしまってはいけません。


監督が提示してやらせようとする戦術についても然りです。

現在の状況において、それは本当に正しい選択なのか、

あるいはおかしな選択なのか。


少なくとも監督は選択した戦術に一定以上の自信を持ってやらせているのでしょう。

しかし、それで本当に正しいかどうかは、やってみなければわかりません。

仮にその戦術で求めた結果が出なかった場合、

たとえば、戦術自体に誤りがあったからなのか、

戦術としては間違っていなくてもそれを遂行できない選手たちに問題があるのか、

そこら辺を見極める必要があります。


このような行為は非常に難しく、時として議論を巻き起こすこともあります。

持論に賛同してくれるような人たちだけだったらまだしも、

中には(根拠の有無はさておき)反論を試みる人々もいます。

その場合、有効な反論の根拠を持ち得るかどうかが重要です。

そのためにも、冷静さを持ち合わせることは非常に大切なことです。

もちろん、自身の見方が客観的に見て全くでたらめなものであった場合は

素直に「ごめんなさい」するしかありません。


しかし、そうでないという自信をお持ちなら、

まず根拠を示した上で、反論することも可能です。

ただし、あまり議論が沸騰しすぎないようにすることも重要です。

モノの見方には人によって違いがあるのですから、

そこはくれぐれも尊重しなければなりません。


何はともあれ、ひいきクラブにモノを言うならば、

まずは論拠をしっかり持ち、一方通行の批判だけに終わるのではなく、

提言になり得るようなものにしなければなりません。


もちろん、実際にそのようなことをするのは非常に困難だと思いますが、

困難だからとあきらめて安易な批判の垂れ流しに流れるのではなく、

ひいきクラブが少しでも良い方向に向かうような

何らかの提言として物事を言えるように

サッカーという競技を見る目を養っていくことが

最も大切なことではないかと思います。


筆者だって、そんな偉そうなことを言えるほど

サッカーを見る目が肥えているなどとは決して思っていませんが、

(むしろ見る目はそれほど養われていないとさえ思います)

何とか少しでもそのような域に近づけるように努力していこうと思っています。

いよいよ、鳥取県社会人リーグ1部が幕を開けます。


昨年の2部を圧倒的成績で優勝したSC鳥取ドリームスが昇格したことで、

今年のリーグ戦は、俄然活気づいてきたと言ってもいいでしょう。


そのドリームスが中心となるのではないかと思われそうですが、

ただ、ドリームスには1つだけ問題点がありまして、

それは、メンバーの集まりによって成績に変動が出かねないという点です。


御存知のように、ドリームスはガイナーレ鳥取/SC鳥取のOBチームですが、

OBの中には教員をやっている選手が複数名おり、

しかもそれらが主力を張る選手というところが・・・。


戦力的な安定度が高くないドリームスですから、

キルシェンや鳥取KFCなどにも、十分にチャンスがあると思います。


ということで、今年の鳥取県1部は混戦模様になるような気がします。

島根県社会人リーグでは、ヴォラドール松江が3連勝しているようです。

聞くところによれば、昨年も無敗で優勝していたそうで、

今年はそこに、元ガイナーレ鳥取、元バンディオンセ加古川、元サンフレッチェ広島の

西村英樹を加えて、一段高いチームになろうとしているようですね。


かつて中国社会人リーグにもいたことがある石見FCを、

先日の試合では6-0と斬って捨てるなど、

文字通り盤石の試合ぶりを発揮しており、

このまま独走で優勝するんじゃないかとさえ思えます。


もちろん、そうなっている要素の1つに

西村の加入はあるんでしょうが、

西村だけの力ではなく、チーム力の総合的な底上げが

為された結果として、今の結果があるものと思われます。


ゆくゆくはJリーグを目指したいという意欲もあるようですし、

また、少年たち向けの普及活動として

ヴォラドールサッカー塾というサッカー教室も開講しているそうで、

その意味からも、今後、目が離せない存在になるような気がします。


中国社会人リーグのデッツォーラ島根が

もう一つ知名度や実績を上げきれていない今、

ヴォラドール松江は、島根県の台風の目になるかもしれませんね。

そんなわけで、山陰地方のサッカー事情を軽く考察してみたりするブログです。

タイトルに深い意味も持たせず、いつまで続くかもわからない

わりと無責任なブログかもしれませんが、

しばしおつきあい願えれば幸いです。


島根・鳥取両県リーグから、JFL、ひいてはJリーグまで。

あるいはスタジアムやら何やらまで。


思いついた時に思いついたことだけ書きます。

(よって、更新間隔は適当です)


なので、試合の速報だの詳細な観戦記だの、

そういう面には全く期待しないでください。

このブログはそういうブログではありません。

そこだけ、最初にお断りしておきます。


では、よろしく。