小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

渋谷駅から当店まで直線で2525m
渋谷区と、目黒区と、世田谷区の境目
「代沢2丁目」という、静かな町の
とっても小さなギター屋さんの
何気ない日常と独り言のブログです。

 

本日のお昼前

 

 

下北のジモチーの通る裏道は

 

 

いつもこんな感じで

 

 

全く密にはなりませんが、

 

 

ちょっと人通りの多い道に出ると

 

 

わんさか人が居ました=

 

 

下北沢駅前のマックなど

 

 

長蛇の列が。。。

 

 

店の外まで続いています

 

 

見るからに

 

 

「密」ですよね=苦笑

 

 

 

さらに商店街を歩いて行くと

 

 

混んでいる時と比べれば

 

 

人が少ないとは言っても、

 

 

それなりの人出はあって、

 

 

これは気の緩みではなく、

 

 

国民が政府の無策ぶりに

 

 

呆れ果てた結果の

 

 

ささやかな抵抗なのでしょうか?

 

 

 

 

それにしても、

 

 

老若男女問わず、

 

 

結構、人が出ている

 

 

今日の下北沢駅前の

 

 

様子でした=笑

 

 

*今日気がついたのですが

メインの通りの人気のカラオケ店が

閉店しておりました===

 

 

 

 

 

お昼前の散歩が終わって

 

 

店に到着すると、

 

 

PRSから私と家族宛に

 

 

ポールが毎年送ってくれる、

 

 

ハッピーホリディのレターが

 

 

届いていまして、

 

 

ちょっとほっこり。

 

 

*インターネットの時代に

やはり郵便は遅い。。。ですが、

これはこれでなんか嬉しい=

 

 

 

午後は

 

 

アポイントメントの合間に

 

 

リペア用の木材を買いに

 

 

東急ハンズに行ったのですが、

 

 

渋谷の街は

 

 

下北沢と相反して

 

 

思いのほか

 

 

空いていました。

 

 

ちなみに昼間の3時です=苦笑

 


 

 

はてさて政府は

 

 

これから2/7までに

 

 

本当に感染を

 

 

収束させられるのでしょうか??

 

 

p.s.

そんな今日のおすすめは

大好きなギル・スコット・ヘロンの

「We Almost Lost Detroit」

自動車産業の低迷でデトロイトはかつての繁栄がまるで夢のような空洞化が進んでいます=そんなデトロイトを歌った曲です。今日の渋谷を歩いてたら、いつの間にかこの曲が頭を流れてました。



p.p.s.

先日の施政方針演説の時、

大勢の国会議員が寝ていた。

危機感が無い国会議員。





 

去年の夏早々と

 

 

2021年の1月のNAMMショーを

 

 

開催しない旨の発表をした

 

 

NAMMの運営委員会。

 

 

日本政府と全然違い、

 

 

とても懸命な判断だったと思います。

 

 

そして同時に

 

 

ヴァーチャルNAMMショー

 

 

題して「Believe In Music」を

 

 

発表いたしました。

 

 

そして、ついに今週

 

 

1/18〜1/22に開催します。

 

 

 

 

日本に住んでいると、

 

 

マスコミや新聞の刷り込みなのか?

 

 

日本は優れている。。。と

 

 

勘違いしがちですが、

 

 

実態はあらゆるジャンルで

 

 

世界から何歩も遅れてしまっています。

 

 

特にこの20年の

 

 

日本の足踏みぶりは

 

 

本当に酷いです。

 

 

その証拠に去年開催された

 

 

ヴァーチャル楽器フェア。

 

 

その手の情報通のお客様ですら

 

 

ほとんどの方が開催すら

 

 

知りませんでしたし、

 

 

そのウエブサイトの中身の

 

 

コンテンツの低さには

 

 

閲覧したお客様が皆

 

 

唖然としていました。

 

 

。。。とちょっと愚痴っぽくなりましたが

 

 

NAMMのメンバーになって20数年

 

 

毎回本当に中身のある情報提供と

 

 

中身の濃いイベントを開催してくれて

 

 

本当に仕事の励みになります。

 

 

 

そんな訳で今週の

 

 

Believe In Musicのウエブサイトは

 

 

要注目でございます=

 

 

p.s.

1999アナハイムコンヴェンションセンターでの

エディーのNAMMでのデモンストレーション

この時のピービーのブースはまさに、はちきれんばかり(というかはちきれていた)の状態でした。。。懐かしい!!ちなみにこのブースは防音ブースなのですが、ブースの外の騒がしさが聞こえて、いかに会場が盛り上がって賑わっているのか?感じていただけるのではないでしょうか〜まさにアメリカンパワーですね!

 

 

p.p.s.

国会開会の際のガースー首相の施政方針演説と言う名の朗読会。中身ゼロでした=時折ロレツが回らなかったり、時折大声になったり、まるで壊れたロボットにしか見えませんでした。「あ〜こんな人達が首相だから、日本人は20年も足踏みさせられてたんだなぁ〜」と、改めて実感させられました=

 
PRSラウンチパーリー2021にて
 
 
今年の新製品が発表されました🥳
 
 
先ずは、新しいコアモデル
 
 
スペシャルセミホロー
 
 
22フレットジョイントで
 
 
セミホローボディのこのモデルは
 
 
かつて、限定モデルとして発表され
 
 
後の進化系スーパーイーグルも
 
 
思い起こされる、
 
 
密かにPRSファンの
 
 
待望のモデルではないでしょうか😊
 
 
 
  
次は、
 
 
シルバースカイの
 
 
限定生産カラーモデル
 
 
世界限定1000本の
 
 
ルナアイス。
 
 
今回は貼りメイプルネック。
 
 
これも前回同様に、
 
 
即完売しそうですね😅
 
 
 
 
 
続いて、
 
 
新しいボルトオンモデル
 
 
マークレッティリ・モデル
 
 
 
 
ボルトオンで、
 
 
SSHのレイアウトは
 
 
70〜80年代の
 
 
スタジオミュージシャンの
 
 
ギターを思い起こします😍
 
 
 
 
続いて、
 
 
SEザックマイヤー
 
 
 
シングルカットの
 
 
セミホローで、
 
 
このカラーは
 
 
オシャレです😋
 
 
 
 
続いて、
 
 
コアモデルの
 
 
カスタム24ー08
 
 
スイッチのコンビネーションで
 
 
8種類の
 
 
多彩なサウンドが可能に。
 
 
 
 
更にそのカスタム24ー08の
 
 
SEモデル。
 
 
 
 
そして、更に
 
 
ブラッシュアップされた
 
 
SEカスタム24
 
 
5ウェイブレードスイッチ仕様です😀
 
 
 
 
そして更に、
 
 
SEキングフィッシャー
 
 
34インタスケール
 
 
24フレット
 
 
デュアルハムバッカーの
 
 
パワフルなベースです😤
 
 
ちなみにSEシリーズはこのほかに
 
 
SEマッカーティー594シンラインや
 
 
SEホロボディー2ピエゾなどもリリースして
 
 
さらにパワーアップされます==
 
 
そして最後に
 
 
PRSのクリップチューナー
 
 
インチューンで光る
 
 
バードインレイが
 
 
可愛いですね😉
 
 
 
 
と、足早にご案内しましたが、
 
 
今年はウインターNAMMがないので、
 
 
各メーカーが
 
 
ネットを通じて
 
 
新製品を発表して来ると思います。
 
 
しかし、私は一日も早く
 
 
元のNAMMショーが
 
 
開催される事を、
 
 
心から願っています🤞
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、いくつかのメーカーの

 

 

新製品のオーバードライブを

 

 

試させていただいたのですが、

 

 

そんなサウンドチェックの前の

 

 

私の日課でございます。

 

 

。。。と言うのも、

 

 

人間の耳というやつは

 

 

いい加減なもので、

 

 

その日の体調や、

 

 

気候でも、

 

 

聞こえ方が違いますし、

 

 

記憶というやつは更に

 

 

いい加減なものですから

 

 

今回みたいにTS808系のペダルの

 

 

サウンドチェック時の前には

 

 

お気に入りのヴァージョンの

 

 

TS-808とOD-808を

 

 

引っ張り出して、

 

 

音の再確認の

 

 

儀式を行います=笑

 

 

 

 

もちろん各ヴァージョンの808にも

 

 

おのおのに個体差はございますので、

 

 

この6個の808はそんな中でも

 

 

特に音の良い個体を

 

 

厳選したものです==

 

 

 

 

ではまず、

 

 

マクソン君のちびっ子OD-808

 

 

この回路はその後の808とは違いますが、

 

 

いい意味で、808と

 

 

サウンドの共通点もある個体です。

 

 

ゲインが高くコンプ感もありますが、

 

 

非常にロックでダイナミックなサウンドで

 

 

俗にいうチューブスクリーマーよりも

 

 

若干甘いサウンドではあるものの

 

 

トーンを若干上げ気味に使えば

 

 

後発の808よりも

 

 

カッコ良いサウンドの個体も存在する

 

 

そんなモデルです。

 

 

 

 

続いてこのヴァージョンの

 

 

マクソン君のOD-808

 

 

これもとてもロックなサウンドで、

 

 

ミッドレンジの密度があって、

 

 

ゲインも高めで、

 

 

バイト感も抜群です。

 

 

強いていうとキャラクター濃いめですので、

 

 

そこで好みが別れるかもですね=

 

 

ちなみに私は、

 

 

このパターンはこれで有りです=笑

 

 

 

 

更にこのマクソン君の

 

 

このヴァージョンのOD-808

 

 

これは若干

 

 

TS808寄りなサウンドで

 

 

個人的にはTSとODの中間的位置付けで

 

 

これはこれで好きです=

 

 

 

 

次にこのアイバニーズ君のTS-808

 

 

これは、ゲインが高すぎず、

 

 

オーガニックなサウンドで、

 

 

楽器のキャラクターを壊しません。

 

 

柔らかくしなやかですが

 

 

音にしっかりとしたエッジがあり、

 

 

存在感のあるサウンドです。

 

 

 

 

そしてこのヴァージョンの

 

 

アイバニーズのTS-808。

 

 

これは私的に最も典型的な

 

 

TS-808サウンドだと思っています。

 

 

アンプライクでいながらオーガニック、

 

 

単体でも、ドライブブースターでも

 

 

原音を崩しすぎず

 

 

とても使いやすいペダルです=

 

 

 

 

そして最後にこのヴァージョン。

 

 

これは各弦のバランスが

 

 

とても整っていて、

 

 

コードワークでも、

 

 

ソロワークでも、

 

 

デッドポイントや

 

 

変なレゾナンスが無いので、

 

 

ローポジションでも

 

 

ハイポジションに於いても、

 

 

とにかく気持ちよく弾けます=

 

 

更に柔らかさの中にも

 

 

音のエッジがあって

 

 

ローカットしすぎてないサウンドです。

 

 

さらにセッティング次第で

 

 

やんちゃでアグレッシブな

 

 

側面も持ち合わせていて、

 

 

とても音楽的刺激を

 

 

与えてくれるペダルです=

 

 

。。。。とまあ、

 

 

ある意味、味の素フリークや

 

 

調味料フリーク的な世界ですが、

 

 

こんなちょっとしたエッセンスで

 

 

更にギターが楽しくなるのですから、

 

 

それはそれで良いじゃ無いですか!

 

 

という訳で、

 

 

完全な自己弁護な結論でした。。。笑

 

 

ところで、これで耳が

 

 

イニシャライズしたので、

 

 

例の新しいペダルの

 

 

サウンドチェックへと

 

 

入らせていただきます=笑

 

 

p.s.

今日は朝からレザージャケットな気分ですので、

ミックテイラーで「レザージャケット」

 

 

p.p.s.

海外からオリンピックに悲観的な報道が相次ぐ。。。私も去年までは正直新型コロナが原因で、オリンピックの開催が不可能だと思っていました、ですが今は違います。

ガースー政府の日本の国民に対する対応のあまりの酷さに、「自国の国民すら大切にできない国(政府)が、世界中のアスリートや人々を安全に迎え入れる事なんか出来る訳無い」と言う理由でオリンピックが不可能だと考えるようになりました。

国民に対する罰則を検討する以前に、国会で嘘をつく人間に刑罰を。秘書のせいにして自らの罪を覆い隠す人に刑罰を。議員会館で袖の下をもらう国会議員に刑罰を。国民の生きる権利を奪う政権にも刑罰を与えてから、その先を考えるべきです。

 

 

 

 

Sheeran by Lowdenの

 

 

第二便が入ってまいりました=

 

 

 

 

今回の入荷はW-03

 

 

 

 

シダートップ

 

 

5pcサントスローズのサイド&バック

 

 

24インチスケールになっています。

 

 

 

エレキと並べると

 

 

こんなサイズ

 

 

 

このサイズ/シェイプは

 

 

ローデンがエドシーランの為に

 

 

開発したモデルを

 

 

ベースにしたWLという

 

 

スタイルになります。

 

 

 

 

LRバッグスの

 

 

エレメント搭載

 

 

サウンドホールに

 

 

ヴォリュームとトーンが

 

 

配置されています。

 

 

 

 

さらに厚めのパッドが施された

 

 

ギグバッグも付属していますので、

 

 

家でも、外に持ち出すのにも

 

 

とても安心です=

 

 

 

アコギプレーヤーも

 

 

さらには普段エレキしか

 

 

弾かない人も

 

 

ぜひ一度手にして欲しい

 

 

とってもコンビニエンスな

 

 

アコースティックギターです=

 

 

 

p.s.

実は私的にLowdenというと、まずはこの人

ニックハーパーのファーストアルバム

「Seed 1995」

アコースティックギター&ボーカルの

超名作です=