小さなギター屋さんBlog

小さなギター屋さんBlog

渋谷駅から当店まで直線で2525m
渋谷区と、目黒区と、世田谷区の境目
「代沢2丁目」という、静かな町の
とっても小さなギター屋さんの
何気ない日常と独り言のブログです。

 

 

1954年のテレキャスター



ブラックガード最終期の個体。。

 

 

。。。ではなくて、

 

 

本日はこのギターの



フォームフィットケースを

 

 

ご紹介します=

 

 

 

蓋を閉めると

 

 

こんな感じで、

 

 

裏側を見ると

 

 

こんな感じ。。。

 

 

丈夫な足がついていて

 

 

蓋を開けても



とても安定しています。



更に側面はフラットですから



横向きに立てても



安定感が良いので、



大好きなケースです😍😍

 

 

 

 

ハンドルは太目で

 

 

ふくよかなデザイン。

 

 

とても持ちやすく、

 

 

耐久性にも優れています。

 

 

 

 

そしてこの止め金も

 

 

アンティックなデザインしてます。

 


、と言うかこれ自体が



アンティックでした😅😅


 

 

 

いい状態のギターはやはり

 

 

ケースのコンディションも

 

 

経年変化を考えると

 

 

良いものが多いですね=

 

 

 

 

p.s.

キャロルキングとダニーコーチマーの二人の

「It's Too Late」

これは聞かないとIt's too lateです。。。笑

 
今回の連休は
 
 
感染拡大など鑑みて
 
 
連休中日の日曜日だけ、
 
 
お休みを頂きました😊
 
 
そして
 
 
晴天の日曜日ですから
 
 
癒し担当大臣と共に
 
 
ロング散歩を敢行です!
 
 
 
 
いつもは、下北沢を目指しますが
 
 
ロング散歩の時は
 
 
あえて下北沢と反対方面の
 
 
駒場野公園を目指します。
 
 
その後淡島通り経由で、
 
 
大きく迂回しながら
 
 
下北沢を目指すのです😊😊
 
 
 
 
我が家から歩いて
 
 
6〜7分、
 
 
駒場野公園は
 
 
駒場東大前駅を挟んで
 
 
東京大学の駒場キャンパスの
 
 
南側に位置する公園ですが、
 
 
なかなかいいサイズの公園で
 
 
バーベキューサイトもあります😊
 
 
 
 
その駒場野公園の南側には
 
 
大学入試センター、
 
 
その西隣りは
 
 
目黒区立駒場体育館とプール
 
 
そしてテニスコートです。
 
 
そこから南に抜けると、
 
 
NTTデータ駒場トレーニングセンターと
 
 
その隣にも飛び地で
 
 
淡路島通り沿いに
 
 
コンパクトな
 
 
これまた駒場野公園がございます😀
 
 
 
 
ちなみにこの地域は
 
 
緑道があって、
 
 
車通りの少ない路地も
 
 
たくさん有りますので、
 
 
とにかく散歩に
 
 
最適です😊😊
 
 
 
 
更に現在、
 
 
淡路島通りから、
 
 
246方向に一気に通り抜けそうな
 
 
新しい道路の建設も
 
 
かなり進んでいるらしく
 
 
 
 
これが完成したら
 
 
更に散歩ルートが
 
 
広がりそうです😊😊
 
 
 
 
そんな訳で、今日は
 
 
三宿まで周り込んでから、
 
 
下北沢方面に北上します。
 
 
 
 
しかし今日は
 
 
日差しは暖かく、
 
 
風は涼しいので、
 
 
正に秋の散歩日和。
 
 
 
 
癒し担当大臣の表情も
 
 
スマイル😀
 
 
 

。。。だよね!?
 
 
。。。笑
 
 
p.s.

そんな休日は、静かなバーでこんな曲が聴きたい

エラ・フィッツジェラルド、ジョーパスの伴奏で

「Cry Me A River」

 

 

最近、D-Fifty Updatedの

 

 

話題ばかりでしたので、

 

 

久しぶりの気分転換に

 

 

6V6のアンプ

 

 

Fender 57 Tweed Deluxe Head Modを

 

 

引っ張り出しまして

 

 

同じボードと同じギターで音出し

 

 

。。。ちなみにこのアンプ

 

 

アンプソムリエに全面的に

 

 

トゥイークして頂いたのですが、

 

 

フェンダー独特のレンジ感

 

 

そして6V6独特のドライブ感

 

 

そしてTweed時期の回路独特の

 

 

倍音感が、

 

 

とても素晴らしい

 

 

仕上がりのアンプです=

 

 

 

 

そして、あえて

 

 

D-Fifty Updatedとは

 

 

比べませんでしたが、

 

 

クリナードアンプのTS-1NOSプロト

 

 

これもダンブルのODS

 

 

インスパイヤー系アンプにとどまらない

 

 

ミッドレンジの気持ちの良い倍音が特徴で

 

 

マスターボリューム絞り気味では

 

 

「なるほど〜」という感じですが、

 

 

マスターボリュームが

 

 

11時を過ぎると

 

 

モンスターに豹変!!!

 

 

これまた、止まらなくなってしまいます=

 

 

 

 

さらに後ろの

 

 

「秘密スイッチ」を入れると

 

 

。。。もうヤバし。。。です。

 

 

気持ち良すぎて。。。時間を忘れてしまいました=

 

 

 

 

ちなみにこのフロントパネルの、

 

 

白い「KRINARD」の文字の下の

 

 

線みたいなのが、

 

 

ビル・クリナードの

 

 

本来のシグネーチャーで、

 

 

あまりにも知る人ぞ知る過ぎるので、

 

 

直筆シグネーチャーの上に彼自身に

 

 

KRINARDと書いてもったものです=笑

 

 

しかし、アメリカ人って

 

 

字が下手って言いますが

 

 

字が下手な私の

 

 

上を行ってる気がします=笑

 

 

*ビル・クリナード

Two Rockのファウンダーであり

Two Rockの全ての回路を設計する

まさにTwo Rockの中心人物。

 

 

*クリナード・アンプ

ビル・クリナード自らが設計だけでなく

製作全てにおいてを彼自身一人で手がける、

まさに究極のマスタービルドモデル。

 

 

 

p.s.

そんな今日のおすすめはJoyceの「Passarinho」

 

本日、お立ち寄り頂いた

 

 

とってもお世話になっているお客様。

 

 

ODSのオーナーでも有りますので、

 

 

参考までにD-Fifty Modを弾いて頂き

 

 

ご意見を頂きました=

 

 

 
 
「倍音感」そして
 
 
「ドライブ感」の違い
 
 
。。。なるほどです=
 
 
確かに同感です。
 
 
私自身も現在数台のダンブルを
 
 
持っていますが、
 
 
ダンブル特有の
 
 
絶妙に倍音がコントロールされた
 
 
そしてそれを
 
 
自分の手元でコントロール出来るあの感じ
 
 
それは流石に同じになりません=笑
 
 
ただ、有難い事に
 
 
完全なダメ出しもされませんでした=
 
 
*とってもピュアで
音に正直な方なので
変な気を使ったりは
されていないと思います=

 

 

あとはとにかく次の入荷分の

 

 

トゥイークをどこまで行うか!?

 

 

そのお客様は

 

 

アンプソムリエの

 

 

ポテンシャルをご存知なので

 

 

「クライアントからのリクエストに答えて

オプションにしてみるのは?」と

 

 

アドヴァイスを頂きました=

 

 

確かにそれもありですね!

 

 

image

 

 

。。。という事で、

 

 

次回入荷分の6台を

 

 

どの様なレベルの

 

 

トゥイークに仕上げるか?

 

 

今からワクワクしてしまうのです=

 

 

p.s.

私がダンブルに興味を持ったきっかけの

大好きな二人のギタリスト、

ボニーレイット&ディヴィッド・リンドレーの

「Everywhere I go」

あとYouTubeにこんな素敵な映像が。。。

 

 

p.p.s.

ちなみに歯の痛み最悪です=涙

診断の結果、

噛み締めによる炎症と。。。

しかし、歯の痛みほど

テンション下がる事ないですよね〜苦笑

 

私の最も苦手な場所

 

 

歯医者さん🦷

*子供かっ!?

 

 

ちなみに幼少期から

 

 

ほぼ虫歯知らずだった私も

 

 

親知らずの洗礼は受けまして

 

 

お陰でほとんど行った事の無い

 

 

歯医者さんも

 

 

全く行かない訳にはいかず、

 

 

そんな私の最近の困り事が

 

 

歯の疼き🦷

 

 

原因不明の疼きが時々ありまして、

 

 

今日、ついに耐えかねて

 

 

かかりつけの歯医者さんに

 

 

行く事になりました🦷

 

 

ちなみに、

 

 

その歯医者さんは

 

 

とても有能で、

 

 

処置も全く痛みが無いのですが、

 

 

ただただ私の先入観からの

 

 

恐怖は年齢に関係なく

 

 

襲いますので、

 

 

やはり毎回、

 

 

めっちゃ緊張してます😨😨

 

 

しかし、せっかく続けていた

 

 

定期的なメンテナンスを

 

 

コロナ禍を口実にパスってた

 

 

バチが当たったのかも

 

 

知れないですね〜😭

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、ソムリエが

 

 

モディファイした

 

 

D-Fiftyのサウンドが

 

 

想定以上に良すぎて😱😱

 

 

Ceriatoneどころか、

 

 

Bludetoneも、

 

 

Two Rockも、

 

 

全然上回ってしまい、

 

 

違った意味で悔しくて、

 

 

アンプソムリエに

 

 

改めてTwo RockのStudio35を

 

 

ブラッシュアップして

 

 

頂く事になりました😊😊

 

 

*しかしTwoRockのMOD

既にTwo Rockをもう一台

余裕で買える位、

MODに注ぎ込んでます😭

 

 

ちなみに私のMacBook Air、

 

 

Big Surをインストールしたら

 

 

いつまで経っても

 

 

この画面のままです😨

 

 

故に、

 

 

全く仕事が進みません😭

 

 

故にブログは携帯で書きました=笑

 

 

p.s.

今日のオススメのYouTubeは比較的最近の2020年7月24日のベルリンで行われた「カート・ローゼンウインケル」のソロライブ。

ギターは最近の彼のメインギター、クリーム色のヤマハのSG-300(トラスロッドカバーにはそう入っています)と、後半でちょっとだけPRSのフルアコを使用。ギターのアウトプットはフラクタルオーディオの様な??ラックにインプットしています(エフェクターはラックの上に無造作に乗せていますが、POGらしきものが見えます)。。。しかしカートはここ最近、音の密度感が増してリッチなサウンドになっている様に感じます😊ファーストかセカンドアルバムの頃、ニューヨークのヴィレッジヴァンガードで初めて彼のカルテットを見たのが懐かしい😊😊