目指すはあそこ

だだっ広い田畑の真ん中に道が続く

私達も導かれるように向かいました
こちらは熊野本宮旧社地 大原  

明治22年8月の水害時まで

熊野本宮大社は熊野川・音無川・岩田川の3つの

川の合流点にある

大斎原と呼ばれる中洲にありました

かつての本宮大社は

およそ1万1千坪の境内に

五棟十二社の社殿が立ち並び

幾棟もの摂末社もあり

楼門がそびえ、神楽殿や能舞台、

文庫、宝蔵、社務所、神馬舎などもあり

現在の8倍もの規模を誇っていたそうです
身長約185cmののぶりんが

近くに立ってこんな感じ
 
全高33.9×全幅42m
もちろん世界遺産
もうね、ここにいるだけで

身体に入ってくる空気が違う
自分で言うのもなんですが

みんな穏やかな顔しています☺️
熊野川と音無川に挟まれ

さながら大河に浮かぶ小島のようであったと

いわれるかつての本宮大社

熊野川は別名、尼連禅河といい、

音無川は別名、密河といい、

2つの川の間の中洲は新島ともいったそうです。

参詣者は音無川を草鞋を濡らし

徒渉して本宮の神域に入ったそう

これを濡藁沓(ぬれわろうず)の入堂といい

参詣者は音無川の流れに足を踏み入れ

冷たい水に身と心を清めてから

本宮の神域に入ったのだそう

昔の人ってホンマに偉いですよね

こちらの川は熊野川

お天気も良かったので

川原で遊ぶ人達が目立ちました

のぶりんが羨ましそうにしていましたよ(笑)

誰が積んだのか、

このように石が積み上げられていて

もちろん私達もチャレンジ

手前のが私の作品

いずちゃん真剣勝負
のぶりんのは石が大きい‼️
ええ感じに仕上がったのはいずちゃんの作品
離れがたい気持ちはやまやまでしたが

次のミッションに向かいました
スケジューリングされたお店

本宮近くの「めはり本舗三軒茶屋」
中身は味の付いたご飯で温かい

みんな大絶賛していました
スケジュールより時間がかなり押していましたが

次の目的地へ向かいます

と、その前に寄り道

香梅堂というお店に立ち寄りました

こちらは「鈴焼」という

ベビーカステラのようなお菓子が有名です
見た目はベビーカステラですが

食べると全く違います‼️

和三盆を使用しているせいか

優しくて上品なお味

日持ちは1週間

もちろんすぐに開封して車中で頂きました☺️
タイトなスケジュールのための

どこかでゆっくり昼食取る時間なく

このように

いろんな物をちょこちょこ食べる旅

「悪くない」と、ロッジが言っていました(笑)