鈴木重好 (すずき しげよし) | げむおた街道をゆく

げむおた街道をゆく

コーエーの歴史ゲームが大好きです。なんちゃってガンダムヲタでもあります。どうぞよろしく。

鈴木 重好(すずき しげよし、? - 寛永12年9月25日(1635年11月4日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。鈴木重時の子。子に鈴木重辰。通称は平三郎、平兵衛。石見守を称す。玄夢斎と号す。鳥居元忠の養女を室とする。



ー 生涯 -
徳川氏の家臣・鈴木重時の子として誕生。永禄12年(1569年)、父・重時が堀江城攻めにおいて戦死すると家督を継いだ。
元亀3年(1572年)に甲斐武田氏が遠江国へ侵攻した際に、信濃国から南下する別働隊の山県昌景によって三河国八名郡にあった居城・柿本城を攻められると、叔父・出雲守が守備する遠江井伊谷の小屋山城へ退く。しかし、ここも山県勢に陥落させられると徳川氏の本拠であった浜松城に退いた。
その後、徳川家臣・井伊直政が旧領を回復すると近藤秀用、菅沼忠久と同様に、井伊勢に付けられる。天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いでは、一番槍を入れた直政の眼前で槍下の高名を挙げた。慶長7年(1602年)には、井伊氏の居城となる彦根城普請に勤しんだ。
同10年(1605年)には、嫡子・重辰に譲って隠居。元和4年(1618年)、徳川秀忠により水戸付きを命ぜられると、孫の長松丸(のちの鈴木重政)を伴って赴任、知行5千石を給され、水戸の家老となる。
寛永12年(1635年)、水戸にて死去した。戒名は慈照院殿華翁宗春居士。
なお、子の重辰は寛永11年(1634年)に急死したため、跡目は重辰の子である長松丸(のちの鈴木重政)が継いだ。


以上、Wikiより。



鈴木重好