くせ毛の気持ち

テーマ:
こんにちは高円寺の美容師 原哲平です!!

僕は髪の毛のクセがかなり強い方です。
{27367E15-5879-49AC-8848-1A9C0F76198C}

子供の頃はサラサラだったんですが
{5B1F91E9-4A42-4989-8AC9-2A3C8CF4F141}


小学校の途中で寝ぐせが取れないと思っていたら
クセだった。。
そして中学ぐらいから段々と強くなり、高校に入る頃にはぐりぐりガーン

思春期でホルモンバランスが変わり髪質も変わってしまったようで。。。

余談ですが、よく坊主にすると髪質が変わるという都市伝説も思春期に髪質が変わることからきていると僕は思います。
中学に入り運動部で坊主にして引退して髪を伸ばす頃には髪質が変わっていて坊主が原因となっているのではないでしょうか?
なので坊主にしてもら髪質は変わらないんですよねアセアセ

話は戻りますがなので昔からクセ毛の手入れに悩んでいました。
高校生なんてある意味一番髪型が気になる時期は友達に何が変わったかわからないと言われながら鏡の前で無駄に格闘していました。
そして美容室に行き無茶な注文をしてスタイリングの仕方も分からず失敗するという結末でした。

中学三年生の時スポーツ刈りで前髪を上げる髪型が流行り、したのですが前髪がクセでクルンとなりアイパーの様な髪型になり。。。
しかもhip-hopにはまり海外アーティストの写真を真似してミリタリーファッションをしてみたら友達にアイパー&ミリタリーで『右翼になりたいの?』という衝撃的なセリフを言われてしまいましたガーン

高校生の頃はロン毛オールバックが流行りその時はまだましでしたが、無造作ヘアが流行りだしたぐらいからまた雲行きが怪しくなり

ヘアカタログを美容師さんに見せてお願いすると

『原くんの髪はクセが強いから同じには出来ないけど近い感じにしておくね。』

と言われてなんだかいつも変わりばえのない髪型になるという落ちでした。

当時は美容師さんをネットで探す様な術もなかったですし、見かけた美容室に言って失敗してまた探すまさに美容室ジプシーの様な感じでした。

そして美容室バブルの時代と共に軽さが全盛期の時代になります。
その頃はもう働いていましたがまだまだアシスタント。
技術や知識もなく先輩などにカットしてもらいますがスカスカになりまとまらない。。。
そんな仕上がりが多かったです。
当時は『クセ=スカスカにしてスタイリングでまとめる』みたいな感じがセオリーだった気がします。

でもなんか違うなと思い自分がカットモデルを切るようになってからや、お客様をカットするようになってから何とか出来ないかと試行錯誤をする事に。

そもそも梳いたり軽くしたりする理由は大きく分けて『毛量を減らす』と『動きをつける』の二つがあります。

しかし、クセが強い人はそもそも動きはいらないですからね。
しかも
『クセは軽くなるとより動く』
動きをつける為にもかるくするので考えてみると当たり前なんですが、意外とわかっていない美容師さんも未だにいらっしゃってびっくりします。

もちろんスタイルによって全く梳かないと重くて駄目な場合もあります。
ただその場合はきちんとコントロール出来るように梳かないとボサボサと広がってしまうという結果になってしまいます。
なのでクセ毛はカットの仕方がとても大事です。
カットの仕方でクセ毛はお手入れの楽さが全く違ってくるのです。
クセの様子は人それぞれ、カットの仕方やスタイリングの仕方も人それぞれです。
クセに悩んでる方、クセを活かしたカット&スタイリングでクセ毛ならではの髪型を提案させて下さいウインク

{B40B5EB7-D363-41D8-8DBC-036E5AEA7C0D}

{2541CDA2-736A-4482-8DAE-F3223ABB3CF5}
クセ毛を活かしたツーブロックのメンズスタイル




AD