イエズス・キリストの私生活と公生活

イエズス・キリストの私生活と公生活

イエズス・キリストの私生活と公生活Kindle Editionをぜひ読んでください。ロザリオの20玄儀、審判者イエズス・キリストも必読です。

イエズス・キリストは使徒に言いました(マルコ16:15-16) 

「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。」

私の本です。イエズス・キリストの私生活と公生活 Kindle版  The Diaries of the Gospels Kindle Edition  

99%の日本人は闇の中で偶像を崇拝しています。彼らは亡くなるまで偶像崇拝者だと気付きません。彼らは原罪を帯びたままで死ぬ怖さを知りません。

私の家族は新型液晶iPhone9 のサプライヤーの株主です。 iPhone9のコンセプトデザインです。 予約受付は9月14日からです。

 

NEW !
テーマ:

2018年版iPhoneの予約受付は9月14日から!?ドイツの通信キャリア情報

 

iPhone 2018 (KGI証券) AppleInsider
 
Appleがこの秋発売するとみられる新iPhoneの予約受付は、9月14日(金)に開始されるとの情報が浮上しています。

予約開始は9月14日?

ドイツの情報サイトMacerkopfが入手した情報によれば、ドイツのモバイル通信キャリア2社が、9月14日にiPhoneの予約受付を開始すべく、準備を進めているとのことです。
 
同サイトはこの情報に基づき、AppleのiPhoneを含む新製品発表イベントは9月12日に開催され、予約開始は14日、発売は21日になると予想しています。また次期OSであるiOS12については、9月18日に正式公開されるのではないかと述べています。
 
9月12日に発表、21日発売という日程は、米メディアCNETが予測したものと同一です。

イベント開催は9月12日の可能性が濃厚に

米メディアMacRumorsも、Appleがこれまで9月第2週に新iPhoneを発表してきた回数が多いことから、やはり発表イベントは9月12日前後の開催になると見ています。
 
過去の実績を見ると火曜日か水曜日に発表されるパターンが定着していますが、今年の9月第2週火曜日は11日であり、同時多発テロ事件のあった日と重なるため、12日(水)の可能性が高いというのが、予想の主流となっています。

イベントでは多くの新製品発表が期待

例年Appleは8月末にイベントの招待状をメディアに向けて送信していることを考えると、10日以内には正式な日程が判明するでしょう。
 
今年のイベントでは、現行のiPhone Xの後継機種となる5.8インチ有機EL(OLED)搭載モデル、6.5インチの大型OLED搭載モデル、6.1インチの液晶搭載モデルの3種類のiPhoneに加え、Face IDを搭載したiPad Pro、新型Apple Watchなど、多くの新製品の発表が期待されています。

 
 
Source:Macerkopf(Google翻訳) via MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!

 

→ ソフトバンクオンラインショップ

 

→ auオンラインショップ

 

→ ドコモオンラインショップ

 

NEW !
テーマ:

西暦8年に改革した「ユリウス暦」、つまり西暦の1年は365.25日でした。

西暦9年3月30日(土)、月齢14.9の満月なので土曜日から過越祭が始まりました。

ナザレトの人々はエルサレム神殿で過越祭を祝いました。オリーブ山で寝泊まりしました。

西暦9年4月6日(土)、過越祭が終了しました。

 


テーマ:

2017年4月13日 01時36分

 

読了まで 351

 

 

米大学院生、PegatronのiPhone組立工場に潜入!!

 
 

myxj20160623070737fast 1
 
アメリカの名門私立大学ニューヨーク大学(NYU)の大学院生であるデジアン・ゼンさんが、昨年夏に上海近郊にあるPegatroniPhone組立工場で6週間働き、その時の体験を米メディアBusiness Insiderに語りました。
 
インタビューは非常に長いものとなっているため、要約してお伝えしたいと思います。

工場には電子機器持ち込み厳禁

ゼンさんは2014年にはBBC、2016年にはBloombergが、労働環境が劣悪だとして取り上げたPegatronの上海工場で、その実態について研究するために工場労働者となって潜入しました。卒業後は中国の人権擁護団体で働くことを希望しています。
 
ゼンさんがまず配属されたのは、iPhone組立の最終ラインである「FATP」と呼ばれる部門で、スピーカーをケースに入れ、ネジ止めするという作業を1日中、ひたすら1,800回繰り返しました。最初はラインの速さについていくのに必死でしたが、慣れてくると目をつむっていてもネジ止めできるようになったそうです。
 
そうなると作業に飽きてきますが、工場内への電子機器持ち込みは一切禁じられているため、音楽を聞くこともできません。おしゃべりはできますが、マネージャーによっては私語を嫌う人もいるとか。
 
もちろん携帯電話の持ち込みも禁止です。入り口に金属探知機があり、ライターを含め金属類は持ち込めません。
 
ゼンさんが働いている間にiPhone7の製造が始まりました。監視の目はさらに厳しくなり、金属探知も強化されたそうです。工場に入る際にはセキュリティチェックを2回も受けなければならなくなりました。

寮は8人部屋、1日12時間を工場で過ごす

工場労働者のほとんどは寮住まいで、寮は工場から車で10分ほど離れた場所にあります。工場と寮を結ぶシャトルバスが出ています。
 
ゼンさんの部屋は8人部屋で、最初は午後7時半スタートの夜勤でした。組立ラインの稼働時間はバラバラなため、作業時間も異なります。
 
約2時間働いて10分の休憩、また2時間働いてから50分の昼休み。その後また2時間の労働、10分の休憩、2時間の労働となり、1日の合計労働時間は8時間です。休憩時間と昼食時間を合わせると、約12時間、工場で過ごすことになります
 

 
典型的な寮の部屋

典型的な寮の部屋

 

残業の拒否権はない

その後残業があるかどうかは日によりますが、必要な場合は拒否権はないそうです。また金曜日の場合残業時間は2時間で済みますが、月から木は2時間半の残業が求められます。
 
しかし基本給が非常に低いため、残量をしないと生活できないケースが多く、結局ほとんどの人が「自ら進んで」残業をするのだそうです。

繁忙期には11日間連続勤務も

ゼンさんが働いていた時期はそれほど忙しくなく、1日8時間、週60時間勤務でしたが、繁忙期になると週60時間を超えるのは当たり前でした。ゼンさんが辞めたあとにiPhone7の量産に突入し、工場でできた知り合いによれば、土曜日だけでなく日曜日の休日出勤も始まりました。話をした男性は11日間連続で勤務したそうです。
 
また長期休暇は繁忙期にはまず取れません。忙しい時期でなくても休暇の理由を聞かれます。あからさまに嫌な顔をされるそうです。
 
離職率は非常に高く、2週間や1ヵ月で辞めていくのはザラだそうです。

月給は約450ドル。iPhoneは買えない

ゼンさんは6週間工場で働きましたが、最初の月の給与は約3,100元、約450ドルでした。これは基本給に残業代を加えたものです。基本給は上海市が定めた最低賃金の2,320元とのことです。
 
ただしゼンさんの見たところ、Appleは残業代の支払いには注意を払っており、平日の残業には1.5倍、土曜日の場合は2倍の給与を払っていたそうです。
 
とはいえ、給与の2ヵ月分に相当するiPhoneを所有している人はほとんどおらず、大半は中国ブランドのOPPOなどを所有しています。
 

 
工場勤務が決まり荷物を持って寮に向かう人々

工場勤務が決まり荷物を持って寮に向かう人々

 

作業着は1組のみ。洗濯できず悪臭放つ

jpg
 
工場労働者は「掌知识 (Zhang Zhishi)」というオンラインプラットフォームに、専用アプリをダウンロードしてそのアプリからログインすることを義務付けられており、セキュリティやトレーニングについて学習するよう求められます。アプリをダウンロードしないと、工場のラインにはつくことができません。
 
また工場で着用する衣類、帽子、スリッパが1組のみ配布されます。1組しかないため、週末の休みまで洗濯できず、なかにはかなりの臭いを放っている人もいたそうです。

米国でのiPhone生産は非現実的

ドナルド・トランプ大統領はAppleに対し、米国内でのiPhone製造を求めていますが、ゼンさんは「まったく現実的ではない」と言います。中国人労働者は月にたった400ドルで働いています。確かにこの給料で、米国で働く人など見つからないでしょう。
 
万一米国に工場を移転するとしたら、雇用にはつながらないだろうとゼンさんは指摘します。工場での仕事のほとんどは機械でも行なうことが可能なため、人件費の高い米国で生産する場合は、ほとんどが機械に置き換えられるというのがゼンさんの見方です。
 

 
 
Source:Business Insider

 


テーマ:

ユダヤ人たちは月曜日、水曜日、金曜日からは過越祭を始めません。これが過越祭の日付を確定する際の重要条件です。

「ユダヤ暦」である「太陰太陽暦」は西暦8年から西暦9年にかけて閏月がありました。だから13ヶ月目の閏月がありました。

 


テーマ:

新型iPhoneのOLED搭載2モデル、8月最終週に出荷開始!台湾メディア報道

 

iPhone 2018 (KGI証券) AppleInsider
 
今秋の新型iPhoneのうち、5.8インチと6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載モデルの試験生産が開始されており、8月最終週には出荷が開始される、と報じられています。また、6.1インチ液晶モデルの量産が10月になるとの情報もあります。

2モデルのOLEDモデルiPhoneの量産開始は9月

今秋の新型iPhoneは、5.8インチと6.5インチのOLEDモデルと、6.1インチの液晶モデルの3機種が発売されると予測されています。
 
このうち、OLED搭載の2モデルは、Foxconnが試験生産を開始しており、8月最終週には出荷を開始、9月に量産を開始する予定だ、と台湾メディア中央通信社が報じています。

液晶モデルの量産開始は10月、発売は11月?

同メディアは、液晶モデルの量産開始は10月になるとも伝えており、液晶モデルの発売は、昨年のiPhone Xのように遅れる可能性があります。
 
なお、液晶モデルはディスプレイの製造上の問題で歩留まり(良品率)が悪く、発売が11月にずれ込む、と韓国メディアThe Bellが6月に報じていました。

液晶モデルの量産遅れはFoxconnだけの可能性も

Apple最大のサプライヤーであるFoxconnは、5.8インチと6.5インチのOLED搭載モデルのうち、およそ90%の組み立てを担当しているとみられています。
 
一方、Foxconnが組み立てを担当する6.1インチ液晶モデルの割合は30〜40%とみられるため、Foxconnによる量産開始が10月にずれ込んでも、Pegatronなどのサプライヤーが予定どおり量産できれば、発売時期は3モデル同時という可能性もあります。

発表は9月12日か?

Appleは新型iPhoneを9月12日に発表、21日に発売するのではないか、と予測されています。
 
「iPhone XS」「iPhone XS Plus」の名称になると噂されているOLED搭載2モデルは、Apple Pencilに対応する、と台湾メディアDigiTimesが報じています。
 
DigiTimesは、9月の発表イベントではiPhone以外に約13万円のMacBook、12.9インチと11インチの新型iPad Pro、ワイヤレス充電マットAirPowerの価格と発売日も発表される、とも伝えています。

 
 
Source:中央通信社(Google翻訳) via 気になる、記になる…

 


テーマ:

イエズスの両親は過越祭を祝うために毎年エルサレムに上京していました。

イエズスが12歳になった時もヨゼフと聖母マリアはユダヤ人の慣習に従ってエルサレムに上京しました。(ルカ2:41-42)

 


テーマ:

聖家族がナザレトに戻るとヨゼフはイエズスに大工仕事を教え聖母マリアは神殿時代に学んだ学問をイエズスに教えました。

西暦8年頃、ベッサイダでゼベデオの妻マリア・サロメが2番目の男の子を産みました。ゼベデオとマリア・サロメはその子をヨハネと名付けました。最初の子の名はヤコボでした。

 


テーマ:

17.西暦9年4月6日(土)、安息日、イエズスが成人式の試験を受けました

 私は「ユリウス暦」を西暦に統一しました。

これからは西暦8年以降の「天文学データの暦」と同じ暦です。

西暦の1年は365.25日です。西暦の1日は午前0時~午後12時の24時間です。

 

16.西暦8年、ユダヤ教の司祭たちが「ユダヤ人の古い太陽暦」を改革しました

ユダヤ教の司祭たちはローマ皇帝アウグストゥスの「ローマ暦」の改革に従いました。

その当時の学者たちは西暦8年以前の1年が365.2425日の「古いグレゴリオ暦」の概念を知りませんでした。それから西暦1582年からローマ法王聖グレゴリオXIIIが採用した1年が365.2425日の「グレゴリオ暦」の概念も知りませんでした。

従って、1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」は1年が365.2425日の「古いグレゴリオ暦」に対して128年毎に1日の割合で日付が長くなることを知りませんでした。

だから西暦8年にユダヤ教の司祭たちは1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」を改革して「13日間」を削除したのです。

私は読者が理解しやすいように12月12日、13日、14日、15日、16日、17日、18日、19日、20日、21日、22日、23日、24日の「13日間」を削除しました。

それでユダヤ教の司祭たちが改革した1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」は12月25日が冬至になりました。

12月25日(日)が冬至になりました。

26日(月)、27日(火)、28日(水)、29日(木)、30日(金)、31日(土)、西暦8年1月1日(日)になりました。

こうしてユダヤ教の司祭たち、ローマ皇帝アウグストゥス、ローマ帝国の学者たち、その当時の人類の1年が365.2425日の「古いグレゴリオ暦」に関する無知によって12月25日が冬至になった1年が365.25日の「ユリウス暦」が誕生しました。

ローマ皇帝アウグストゥスは「ユリウス暦」を西暦8年から開始しました。

西暦8年に採用した1年が365.25日の「ユリウス暦」は西暦1582年に採用した1年が365.2425日の「グレゴリオ暦」の登場まで最も正確な「太陽暦」でした。

私は第12章と第133章でも1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の定理の応用編を解説しました。それで第12章と第16章を参照してください。

アブラハムの先祖は1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」を紀元前2558年頃の1月1日(日)の冬至に開始しました。

が1つ増えるごとにそれぞれ128年が経過したことを意味しています。

が1つ増えるごとに冬至の日付が1月1日から1日ずつ長くなりました。

紀元前2558年(=0日)1月1日(日)が冬至でした。

紀元前2430年(=1日)12月31日が冬至になりました。

紀元前2302年(=2日)12月30日が冬至になりました。

紀元前2174年(=3日)12月29日が冬至になりました。

紀元前2046年(=4日)12月28日が冬至になりました。

紀元前1918年(=5日)12月27日が冬至になりました。

紀元前1790年(=6日)12月26日が冬至になりました。

紀元前1662年(=7日)12月25日が冬至になりました。

紀元前1534年(=8日)12月24日が冬至になりました。

紀元前1406年(=9日)12月23日が冬至になりました。

紀元前1278年(=10日)12月22日が冬至になりました。

紀元前1150年(=11日)12月21日が冬至になりました。

紀元前1022年(=12日)12月20日が冬至になりました。

紀元前894年(=13日)12月19日が冬至になりました。

紀元前766年(=14日)12月18日が冬至になりました。

紀元前638年(=15日)12月17日が冬至になりました。

紀元前510年(=16日)12月16日が冬至になりました。

紀元前382年(=17日)12月15日が冬至になりました。

紀元前254年(=18日)12月14日が冬至になりました。

紀元前126年(=19日)12月13日が冬至になりました。

紀元前2年(=20日)に12月12日が冬至になりました。

①と②の定理は同じ内容の定理です。なぜならば20=7+13です。

①、(-128×20)+2=-2558

②、(-128×〈7+13〉)+2=-2558

 ローマ皇帝アウグストゥスが決定した1年が365.25日の「ユリウス暦」の閏年が西暦8年から新たに始まろうとしていました。

1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の紀元4年、1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の日付がユダヤ教の祭りの日付と合致しませんでした。なぜならばアブラハムの先祖が開始した1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の日付は1年が365.2425日の「古いグレゴリオ暦」よりも20日間長くなっていました。

アブラハムの先祖が紀元前2558年頃に開始した1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の1月1日(日)の冬至が西暦4年に20日間も日付が長くなっていたのです。

アウグストゥスは紀元前8年から「閏年」を4年に1度に改めて曜日をジュリアス・シーザーの時代と同じようにするために3回「閏年」を飛ばしました。

 

 次の一覧表は「ローマ暦」の12月31日、それから1日増減した年度の一覧表です。

-45(日)-44(月)-43(火)-42(水)-41(金)-40(土)-39(日)-38(火)-37(水)-36(木)-35(土)-34(日)-33(月)-32(水)-31(木)-30(金)-29(日)-28(月)-27(火)-26(木)-25(金)-24(土)-23(月)-22(火)-21(水)-20(金)-19(土)-18(日)-17(火)-16(水)-15(木)-14(土)-13(日)-12(月)-11(水)-10(木)-9(金)-8(土)-7(日)-6(月)-5(火)-4(水)-3(木)-2(金)-1(土)1(日)2(月)3(火)4(水)5(木)6(金)7(土)8(月)

ローマの神官の愚かな決議で以下の年号が1日長くなりました。

紀元前38年、紀元前35年、紀元前32年、紀元前29年、紀元前26年、紀元前23年、紀元前20年、紀元前17年、紀元前14年、紀元前11年がそれぞれ1日長くなって合計10日間長くなりました。

一方、アウグストゥスが閏年を3回廃止したので以下の年号が1日短くなりました。

紀元前5年紀元前1年西暦4年が1日短くなって合計3日間短くなりました。

1日増加した閏年が10回です。1日減少した閏年が3回です。10 - 3 = 7です。

①と②の定理は同じ内容の定理です。なぜならば20=〈7+13〉です。

①、(-128×20)+2=-2558

②、(-128×〈7+13〉)+2=-2558

 私は〈7+13〉の7について解説しました。

ジュリアス・シーザーが始めた「ローマ暦」が7日間長くなって冬至が12月25日(日)になりました。

 私は〈7+13〉の13について解説しました。

西暦8年、ユダヤ教の司祭たちは1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」を改革して「13日間」を削除しました。

私は読者が理解しやすいように12月12日、13日、14日、15日、16日、17日、18日、19日、20日、21日、22日、23日、24日の「13日間」を削除しました。

THE POEM OF THE MAN~GODの第30章、30. The Adoration of the Shepherds.

マリア・ワルトルタ女史はイエズス・キリストが誕生した夜の場面で下記のように月を描写しました。

Later I see a very wide country. The moon is at its zenith and she is sailing smoothly in a sky crowded with stars. They look like diamond studs fixed to a huge canopy of dark blue velvet and the moon is smiling in the middle of them with her big white face, from which streams of light descend and make the earth white.

 訳:後ほど私は大変広い田舎を見ます。月は南中で、そして月は星々で混雑している空を滑らかに動いています。それらは暗い青色のビロードの巨大な天蓋に嵌め込まれたダイヤモンドの飾りボタンのように見えます。そして月は大きく白い顔でそれらの真ん中で微笑んでいます。その月からの光の流れは降り、そして大地を白くしています。

「イエズス・キリストの生年月日」を1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の月のデータで表現すると下記のようになります。

月の出12:43 月の南中19:53:28 月の没02:09 12時の月齢9.4

 月齢を午後8時(20時)に補正すると下記のようになります。

月の出12:43 月の南中19:53:28 月の没02:09 20時の月齢9.7

 だから私は第12章に次のように書きました。

1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の紀元前5年12月25日(月)、彼らが山に掘られた家畜小屋に辿り着きました。

マリアは17歳3ヶ月17日齢でした。

午後0時43分から月齢が0.3進んで午後7時53分28秒に月齢9.7の大きな月が南中しました。とても寒い夜、聖母マリアのお産の日が満ちて男の初子を産みました。

 マリア・ワルトルタ女史は「聖母マリアの誕生」「洗礼者ヨハネの誕生日の前日」「審判者イエズス・キリストの誕生」の場面で本物の月のビションを書きました。

1年が365.25日の「ユダヤ人の古い太陽暦」の天文学データを採用することによって、私はマリア・ワルトルタ女史が見たTHE POEM OF THE MAN~GODのビジョン、原始カトリック教会の使徒伝承、長谷川司氏の天文学データは極めて正確だと証明できました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス