夕暮れ 坂道 島国 惑星地球

高橋徹也 official Blog


テーマ:

drawing by aoimonaka

 

高橋徹也です。

楽しみにしていた橋本孝志さん、近藤智洋さんとの共演イベントが盛況のもと楽しく終了しました。雨の中、たくさんの方にご来場頂き、本当にありがとうございました。まさに三者三様という言葉がぴったりの充実した三時間だったと思います。皆さんに楽しんで頂けたら嬉しいです。この日の為に書き下ろした新曲「ノスタルジア」を初披露、そしてチューインガム・ウィークエンドのデビュー曲「あの娘をつかまえて」をカヴァー。更には三人でのアンコール・セッションまで、盛りだくさんな内容で最後までずっと楽しかったです。終演後に近藤さん、橋本さんから新曲を褒めて頂いたのも嬉しかったなぁ。とても感慨深い夜になりました。

ここ一ヶ月くらい、このイベントの為に、橋本さんと何度かスタジオに入ったり、チューインガム・ウィークエンドの音源を聴き直したりして、改めて気付いたことがありました。それは二十年前も今も、橋本さんの作る曲に変わりはないってこと。そして自分はずっとそれが好きなんだということです。それに尽きると思います。

うまくは言えませんが、自分にとって橋本さんの曲とは、終わりの風景であり、始まりの歌。それは決して悲観的な終末論ではないし、かといって恩着せがましい夢や希望の歌でもありません。ただどうしようもなく、そこに存在してしまった儚い風景です。同時にそれは聴いた人それぞれに託された未来のストーリーのようにも思えます。その感覚が自分にはどこか懐かしくもあります。これからも橋本さんにはたくさん素敵な曲を残して欲しいです。お互いにがんばりましょう!

そしてもうひとりの共演者、近藤智洋さん。今回どうしても付き合いの長い橋本さんとのエピソードが多くなってしまいましたが、近藤さんとご一緒できたのも、とても嬉しく光栄なことでした。ピールアウトの存在は度々耳にしていて、共通の音楽仲間もいたのですが、たまたま最近まで接点がありませんでした。近藤さんは音楽性と同様にとても男前で優しいお人柄。そんな方が橋本さんのサポートなんて贅沢すぎる!(冗談です・笑)。でも真面目な話、近藤さんがいてくれたからこそ、刺激的なセッション、そして楽しいイベントになったのは間違いありません。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

6/18(日) 風知空知 SETLIST
1. サマーパレードの思い出
2. 星空ギター
3. ハロウィン・ベイビー
4. ノスタルジア(新曲)
5. あの娘をつかまえて(the chewinggum weekend カヴァー)
6. バタフライナイト(w/橋本孝志)
7. My Favourite Girl
8. いつだってさよなら

高橋徹也 × 橋本孝志 × 近藤智洋
アンコール・セッション
1. Please, Please, Please Let Me Get What I Want(The Smiths)
2. There Is A Light That Never Goes Out(The Smiths)
3. Ice(the chewinggum weekend)
4. 真夜中のドライブイン(高橋徹也)
5. Everyday & Everynight(近藤智洋)

ライブ衣装は、山田ポチ実さん(猫)Tシャツでした!





昼からビール(ノンアルコール)を初体験する

ライブの翌日。親交のあるギタリストで絵本作家のおおくぼひでたかさんと会食。「昼からビール」の気分を初体験してみたいという、僕の謎なリクエストにお付き合い頂きました。待ち合わせは日もまだ高い午後の下北沢。開店準備中の居酒屋さんに無理矢理入れてもらって、僕は一杯だけ梅酒ロックを、おおくぼさんはビールを注文。盛夏さながらの日差しと心地良い微風が吹き抜ける店内で、さあグラスを掲げよう。乾杯!

 

おぉぉ、これが話に聞いていた昼からビールってやつか〜、なんて。爽やかな開放感と昼間からこんなことしていいのかという背徳感のギャップが面白かったです。実際に飲んだのはノンアルコール・ビールだったので、正確には「昼から炭酸飲料」だったかもしれませんね。ははは。そしてこの日も会話の七割はギターとストーンズの話。しかも会うたびにお互い新しいギター買っただの、ビル・ワイマンって今なにやってんだろうだの、おまえら洋楽好きの中学生かという感じ。それがまた楽しいんですけど。あと残りの三割は脇山広介くんの悪口ですかね、、、なんてもちろん冗談です(笑)許可なくオチに使ってしまってごめん。そんなこんなでこの日も楽しいひと時でした。


ほっぷすてっぷじゃんぷ

7月はいよいよソロ弾き語りとバンドセットによる二つのワンマンが待ってます。心はすでに7月1日(土)leteソロワンマン・モード。初夏にふさわしい軽やかなライブにしたいと思います。続く月末のバンドワンマンはサマーソング限定でセットリストを構成する初の試み。これはもう夏男モード全開でメロウに攻めます。そしてその先に見据えるのが9月のスターパインズ・カフェ20thアニバーサリー・ライブ。自分としてはこの三つのワンマンを、ホップ!ステップ!ジャンプ!と勢いよく盛り上げたいと思ってます。ぜひ皆さんにお付き合い頂ければ嬉しいです。9月のワンマン詳細についても近日お知らせできる予定です。いやぁ、今年も熱い夏になりそうですね。どうぞよろしくお願いします!

7月1日(土) 下北沢lete
『夕暮れ 坂道 島国 惑星地球 #29』
出演:高橋徹也
開場18:30 開演19:30
前売¥3,000 当日¥3,300 +1drink

☆ご予約はこちら SOLD OUT
http://www.l-ete.jp/live/1707.html#d01

7月27日(木) 下北沢440
高橋徹也 サマー・ソング・ベスト
『Summer Soft Soul』
出演:高橋徹也
サポート:鹿島達也(b) sugarbeans(key)
脇山広介(dr) 宮下広輔(pedal steel)
開場18:30 開演19:00
前売¥3,500 当日¥3,800 +1drink
☆チケットお取り扱い(同入場順)
1. 440店頭販売
2. 高橋徹也ライブ会場販売
3. メール予約
takatetsu.info@gmail.com
件名:7/27 高橋徹也ライブ予約
本文:氏名/連絡先/希望枚数
4. e+ イープラス

9月10日(日) 吉祥寺Star Pine's Cafe

詳細は近日発表いたします。

 

 

 

 

あとがき

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。7月はいよいよワンマン月間。色々と忙しくなる予定です。毎年思うのですが、ライブをするのも、レコーディングをするのも、どちらも大きなエネルギーを使うけれど、やれるうちにやりたいだけやるしかないんですよね。もうそれに尽きます。皆さんも日々お忙しいと思いますが、お互いにがんばりましょう!

 

そうそう、ブログの最初に掲載したイラストは、おおくぼひでたかさんの筆による作品です。これはライブ会場限定で販売中のCD-Rアルバム『a distant sea / 遠い海』のイメージとして描いて頂いたイラストのひとつです。アウトテイクと言うにはあまりにもったいないので、ご本人の許可を得てブログに掲載させて頂きました。おおくぼさん、ありがとう!

 

それでは今日はこの辺で。

 

良い夏にしたいですね。

 

そんな時は「The Endless Summer」でヨロシク。

 

って最後は商売かよっ。失礼しました。

 

それではまた。

 

adios!

 

 

高橋徹也

 

 

 

The Endless SummerThe Endless Summer
2,160円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。