夕暮れ 坂道 島国 惑星地球

夕暮れ 坂道 島国 惑星地球

高橋徹也 official Blog

image

 

高橋徹也です。
 
年明け以来となるソロワンマンが盛況のもと楽しく終了しました。今回はまもなく4周年を迎える(時間が経つの早い!)11thアルバム『怪物』にフォーカスしつつ、トークを交えながら気が付けば2時間半、全20曲でお届けしました。ライブ前半1〜10が『怪物』全曲、中盤11〜13は最近読み直した小説『路上』をテーマに、そして終盤14〜20はアコギに持ち替え新旧曲を楽しくお届け。尻上がりに声の調子も上がって、後半はもう自由自在というか。なんだか歌い足りない気もした充実の時間となりました。最後までお付き合い頂きありがとうございます。皆さんの手拍子や笑顔を見れて本当に嬉しいかったな。みんな最高。音楽最高。
 
3月2日(土) 下北沢 lete
"夕暮れ 坂道 島国 惑星地球" #65
1. 怪物
2. ハロウィンベイビー
3. トワイライト
4. グッドバイ グッドバイ グッドバイ
5. 醒めない夢
6. always in the same place
7. 川を渡れば
8. 夜はやさしく
9. feeling sad
10. 友よ、また会おう
11. ドライブ
12. かっこいい車
13. 新しい世界
14. My Favourite Girl
15. 真夜中のドライブイン
16. いつだってさよなら
17. 八月の流線形
18. 美少年
19. 犬と老人
20. Summer Soft Soul

 

 

昔からだけどライブが終わったその晩は、テンションが上がったままで遅くまで起きていることが多いです。普段わりと規則正しい生活をしているので、寝る時間が遅くとも翌朝は時間通りに起きて時差を修正していく感じになります。なのでライブ翌日は軽い筋肉痛と、ちょっとふわふわした気分で過ごします。そういう日は早い時間から喫茶店に行って、目覚めのコーヒーを飲んで本を読んたりするのですが、これが自分にとって本当に贅沢で幸せな時間です。そんなの家でもできるだろって言う方もいるかと思いますが、家じゃだめなんですよね。外出してこそ感じられる幸せタイムなんです。上手く説明できないけど、外に出掛けて喫茶店に入ることで、少し自由になれるというか、独りになれる感じがして好きなんですね。やっぱりライブって、ある意味で濃密なコミュニケーションの場ですから。それとは全く逆のスイッチが必要だったりするのかもしれません。そうそうところも音楽の面白さかなと。まぁ俺だけの話かもしれませんが。そんな訳で今日は朝から、抹茶ロールケーキとカフェ・アメリカーノでふわふわした幸せな日曜日を過ごしてます。スイーツ最高。って話ちがうがなっ。
 
今日はこんなところで。
 
素敵なひな祭りを。
 
adios!
 
高橋徹也