夕暮れ 坂道 島国 惑星地球

夕暮れ 坂道 島国 惑星地球

高橋徹也 official Blog


テーマ:

 

高橋徹也です。

 

来たる2019新年最初のライブは鎌倉からスタートします。気が付けば三年連続となるペダルスティール宮下広輔くんを迎えての年初めデュオ。もはや縁起ものになってきた感すらあります。しかも今年は公私ともにお世話になっている鎌倉の雑貨屋さん"moln"からのライブ・スタート。店主のアヤさんも、パートナーの五十嵐祐輔さんも揃って縁起の良いキャラクターなので、初詣気分で鎌倉におじゃますることになりそうです。


この日は著名なアーティストも多く出演しているmolnの人気ライブ企画『貸切り図書館』での出演で、自分の愛読書を紹介しながらライブをします。今回は近年読み進めている"遅れてきた村上春樹作品"についても話してみたいと思ってます。せっかくなのでサポートの宮下くんにも本の紹介をしてもらおうかと。そして最近、草とten shoesというバンドでCDデビューも果たした店主アヤさんとも、何かセッションできればと思ってます。鎌倉の海、新しい波の音を感じながら新年の良いスタートをきりたいと思います。ぜひ遊びに来てください!

 

2019年1月19日(土) 鎌倉moln

『貸切り図書館 67冊目』

出演:高橋徹也

サポート:宮下広輔(pedal steel)

開場17:30 開演18:00

前売¥3,200 当日¥3,500(+1D)

予約受付:11/24(土)11:00より

鎌倉molnメール予約にて


こちらは前回molnライブの写真。こんなに笑ってる写真も珍しいなと。よっぽど好きなんでしょうね。

 

 

NTコネクション ライブ後記

 

楽しみにしていたイベント『NTコネクション』が無事終了しました。長くお世話になってきた鹿島達也さん、上田禎さん、山中さわおさんとの共演で、事前のリハーサルから本番まで、ずっと笑いの絶えない、それでいてピリッと緊張感のある楽しい現場でした。こういう良い雰囲気を作り出していたのは、ひとえに鹿島さんと上田さんのミュージシャン・シップによるもの。なんだか久々に二週間どっぷり"後輩キャラ"に徹していたので、今は妙な開放感すら感じてます(笑)それぐらい濃い御三方でしたね。

 

ライブはまず高橋徹也からスタート。冷静に考えてみればきっと山中さんのお客さんが多かったであろう会場。皆さんウェルカムな感じで伸び伸びと楽しく演奏できました。セットリストは事前に鹿島さんと打ち合わせをして決めたカヴァー曲を含む全10曲。一回のライブでこれだけカヴァーをやるのは初めてのこと。通常のライブとは違う緊張感もありましたが、それ以上に好きな曲を歌う楽しさが上回りましたね。

 

11/16(金) NTコネクション

1. スタイル

2. サンシャイン・ロマンス(オリジナルラブ・カヴァー)

3. 角の向こうでワルツ

4. 祭りばやしが聞こえる(柳ジョージ・カヴァー)

5. 真夜中のドライブイン

6. いつだってさよなら

intro. Shanghai (nino trincaオマージュ)

7. チャイナ・カフェ

8. We're So Fine(SUPER BADカヴァー)

9. like a love song(the pillowsカヴァー)

10. 友よ、また会おう

 

アンコール・セッション

NTコネクション×山中さわお×高橋徹也

My Ever Changing Moods(The Style Councilカヴァー)

 

image

image


カヴァーはそれぞれ鹿島さん、上田さんの音楽キャリアに関わる曲を中心に選曲。お二人がサポートしてきたオリジナルラブ、鹿島さんからリクエストのあった柳ジョージ&レイニーウッド、鹿島さんの原点でもあるバンドSUPER BAD、そして山中さんthe pillowsと。完全に俺得なカヴァー選曲でした。一昔前は頑なにオリジナル曲しかやらなかった自分ですが、今回のセッションで更にカヴァーの楽しさを知ってしまいましたね。なんだか自分の曲より上手く歌えた気もします(それは問題だろ・笑)今回取り上げた曲はせっかく練習したので、弾き語りソロライブでもレパートリーに加えたいと思います。アンコールのスタカン・カヴァーもホント燃えたなぁ。青春すぎました。

 

そしてオリジナルソングは上田さんプロデュースの曲を中心にセレクト。特に『チャイナ・カフェ』や『いつだってさよなら』については文字通りオリジナルのレコーディング・メンバーなのでとても貴重なセッションだったかと思います。あとは最後に歌った新曲『友よ、また会おう』を上田さんと一緒に演奏できたのもまた感慨深かったです。打ち上げでは上田さん、鹿島さんからも嬉しい言葉をかけて頂きました。この日の男泣きポイント。

 

そしてそして、すでに長くなってしまいましたが山中さんのライブへ。ブレない歌の強さ、人を惹きつける魅力、人間のパワーを改めて見せつけられました。あのロック魂であの可愛さは反則です(笑)そしてこのイベントの為に書きおろした新曲も素晴らしく。僕の曲『曇ったガラス』まで歌って頂き嬉しかったです。そういう男気あるところずっと憧れます。後ろでギター弾きたかったなぁ。そうそう、今回はカジュアルなイメージだと思って用意した衣装でしたが、意外とみんなドレッシーだったので俺だけ空回りな展開に。打ち上げでは山中さんさんから「高橋くんさ、ステージ衣装よりリハの私服の方がお洒落って意味わかんねーわ!」とツッコミ頂きました(笑)いや本当、最初から最後までずっと笑ってました。またどこかで皆さんとお会いできることを願ってます。ありがとうございました!


あっ、しまった。大活躍だったドラムの脇山くんのこと何も書いてないぞ(笑)ごめん!ははは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス