てつさんのアスペルガー症候群奮闘記

私は35歳でアスペルガー症候群と診断されました。今までの生き難さがなぜなのか少しずつですが見えてきました。週1回、子の刻に更新されます。

 私は35歳で「アスペルガー症候群」と診断されました。


 アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムの中で、知的障害や言語障害のない人のことを指します。


 広汎性発達障害の一種です。


 当事者の視点で当事者の過去を振り返る作業を当ブログではやっています。広汎性発達障害でお困りの方に私のパターンがこうだったと言うことを発信することを主たる目的にしています。


 アスペルガー症候群にも100人いれば100通りの考え方があるため、必ずしも私の書いていることが当事者に当てはまるとは限りません。その点はご了解下さい。


(お願い)


 当ブログはリンクフリーです。ただし、当ブログの記事を引用される場合は必ず事前に私の了解を得てください。


 コメントは承認制です。運営者の私が適切であると判断したコメントのみ公開されます。

 


 文章だけで長くなりがちですが、どうぞよろしくお付き合い下さい。


テーマ:

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

前回の続きです。

 

少し時系列が前後するが、年末には2年連続社会見学でユニバーサルスタジオジャパンに行くことになっており、1年目は利用者としての参加で、2年目は職員としての参加となった。担当利用者が決まってはいたものの、引率というのはなかなか大変で疲れる。無事何事もなく終わらせることができた。

 

そうこうしているうちに年が明けた。この頃には施設長から私が前回利用者の立場で行った講演会を開催したいという話があった。テーマは何にするのかは別に決まっていないらしい。テーマが決まったら教えて欲しいという話をしていたが、一向にこのテーマで話して欲しいという要望は来なかった。これでは話の内容が決められないので私が話したいことをテーマに決めて話そうと考えていた。これを施設長の宇賀さんに伝えると、

 

「てつさんさんの話したいテーマで話していいですよ」

 

という話になった。私はこのようになることを想定していたので、事前に話のテーマを用意していた。私は就労経験のない人も多い中で日本の社会保障制度について話す場所を設けたいと考えていたので、

 

「知っておきたい!日本の社会保障制度」

 

と称して労災保険や雇用保険という労働保険に関する話をしてから健康保険やら厚生年金といった社会保険の話をする2部構成で話をすることに決めていた。

 

その第1弾として労災保険や雇用保険にといった労働保険をテーマに話をすることにした。この就労移行支援事業所は支援学校を卒業したような全く就労経験のない人もいれば、30~40歳代で就労経験がある人も多くいた。就労経験のない人にもわかりやすく説明しなければならないほか、雇用保険を受給したことのある人にも知っておきたいポイントを話すような内容を組み立てなければいけなかった。

 

私は労働保険を労災保険と雇用保険に分け、可能な限りかみ砕いてわかりやすいよう特に雇用保険に力を入れてスライドを作っていった。スライドは2週間近くかかったが完成し、一度施設長の宇賀さんに見せることにした。施設長の宇賀さんは副施設長の谷さんとも相談した上で決めるので預かるという話になった。

 

施設長の宇賀さんはこのスライドでいいということになっていたが、副施設長の谷さんはスライドにもう一工夫欲しそうだった。それでもギリギリになっても何も言われなかったので最終的に私の作ったスライド通りで講演会を開催することに決まった。

 

講演会当日、私はスライドが入ったデータとスライドのページを資料にして配ることにしたのでそれぞれ施設長の宇賀さんに渡した。

 

私も1時間を超えるような講演はしたことがないので(通所していた頃精神科領域の歴史について少し話したことはある)、時間配分がなかなか難しい。文章を書くときと同様ある程度構成を組み立てなければいけなかった。

 

私は労災保険と雇用保険について詳しく調べた上で特に就職してから重要になるのは雇用保険なので、雇用保険に力を入れて説明することに決めた。実際に雇用保険の給付を受けるために必要な書類などについても紹介してどのような手続きを経たら受給できるのかについて話すことにした。

 

雇用保険を受けるためには求職の申込みに職安(ハローワーク)に行かなければいけないこと、28日に1回失業の認定を受けなければ支給されないことに重点を置いて話した。それに必要になるのは失業認定申告書と受給資格者証が必要になることを見本を示して説明した。所定給付日数と言って離職理由等について変わることを説明したが、障害者手帳を持っている場合は1年以上勤続した場合は300日~360日と手厚い給付になることも話した。

 

余談だが雇用保険は公的保険でも比較的儲かっており、給付は手厚くなる傾向にある。

 

この難しい説明が終わると誕生日会が行われることになっており、質問等は出なかったので施設長が少し質問する程度だった。私は第2弾の社会保険の話の準備も進めていたが、現在のところまだ開催されていない。

 

 

話は次回に続きます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

前回の続きです。

 

以前の原稿でも書いたがこの事業所は入社時から一定期間社会保険に加入させないという違法行為を行っていた。これは法定福利費と言って労働者を雇用する事業所で週20時間以上労働させる場合は加入が義務づけられている。この事業所は入社前の面接で説明しているという言い逃れの文句があるが、この加入逃れは労働者の同意を得ようが違法行為であることには変わらない。

 

そのほかにも残業が全くつかない他、有給休暇の取得が認められない(入社半年経過後)、通勤費もつかないなど、ないない尽くしで責任だけ重くのしかかるこんな事業所に職員の定着率が低いのは当たり前だった。

 

これは福祉業界に共通して言えることであるが、この業界は低賃金で負担が重くなりがちで定着率も低いと言われている。この業界は人と接する仕事なので人に基本的に優しくすることが求められるが事業所対労働者の関係では労働者を大切にしようとしない事業所が多く見られる。この傾向がますます労働者不足に拍車をかけているという実態がある。

 

社会保険の加入逃れなど論外とのご指摘を頂いたこともあるが、私としては福祉事業所勤務1年という実績は欲しいところだった。これは何かというと以前にも書いた社会福祉士の受験資格を得るために必要な養成課程の実習免除を取るためである。

 

社会保険には健康保険と厚生年金があるが、加入逃れの状態なので全く何もない状態である。ここで労働者負担の保険料を控除するという事業者もあるらしいがさすがにそこまではなかった。私はこの年の国民健康保険の保険料は決定済みで月額2000円強だった。厚生年金はどうなるのかというと、国民年金は保険料全額免除の申請が通っており、保険料の負担はゼロだった。前述の通り私は精神障害による障害基礎年金と障害厚生年金を年額140万円ほど受給していた。月額給与も時給900円で月額手取りが13万円前後と通常なら生活するのも厳しい水準(←本来ここに社会保険がかかる)だが、私は体力さえ持って休まなければ安定した収入が得られるような構造になってしまった。

 

余談だが福祉の業界は倒産などが少なく、比較的安定した職場環境であるという業界のアピールが行われているが、私の私見であるがそうでもないと思う。この業界でも放漫経営による倒産は少なくないし、長時間労働や過酷な肉体労働などにより心身に故障を来す労働者も少なくない。

 

この事業所もさすがに私にすぐに辞められたら困ると考えていたようで私が苦手とする車の運転業務は全くといっていいほどなかったほか、試用期間が明けたら資格手当も出すなどと餌をちらつかせながら私の仕事ぶりを観察している様子だった。

 

私は医師にいつ投げ出してもいいのだからと言われていたので、以前の職場であれば考えられなかった社会保険逃れのブラック企業でもかつて通所させてもらったという恩もあるので当面は様子を見ながら仕事することにした。

 

 

話は次回に続きます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

にほんブログ村

 

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

 

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ

 

 

私は勤務2ヶ月が経過しており、相変わらずあたふたして仕事していたが周囲の人たちの理解もあって、大きく体調を崩すこともなく仕事を続けることができていた。

 

私が精神障害であることもみんな知っており、利用者の人も通所している時から知っている人が多くてお互いの特性もよく分かっていた。

 

そんな12月のある日、利用1年を経過していたYさんが就職のため卒業することに決まった。この事業所は立ち上げてから新しいので少しでも早く実績を作りたいという傾向があり、私の案件も早く従っていたこともこの当時になると納得できた。

 

このYさんは統合失調症で幻覚や妄想などが主症状だったが、日常生活に支障はなく、過去に就労経験もあった。余談だが病院、福祉施設などに共通して言えることであるが、精神障害のうち患者、利用者の約6割を統合失調症が占めている。あと約2割が気分障害、残りの約2割がてんかんなどである。

 

話を戻すと、このYさんは私と年はほとんど同じである。就職日が近づいてきた12月のある日の朝、私が仕事の準備をしていると、Yさんが何やら紙を持って私の元へやって来て、

 

「メールアドレスと電話番号の交換をしたい」

 

と言い出した。私はしばし交換してもいいかどうか迷った。精神保健福祉士の実習の時には利用者との私的交流は禁止と言われていたし、前回の職場でも連絡先を教えるとストーカーにつながることもあるよと施設長から注意されていたことがあるからである。

 

とは言ってもこのYさん、あと1週間で退所することが決まっている。それならば定着支援も含めて連絡できる人が1人でも多い方がいいと考えて、1番使っていないメールアドレスと携帯電話の番号を教えることにした。私の情報はYさんが用意した紙に書いて渡した。

 

ところがYさんの目的はそうではなかった。さすがにYさんが通所している間メールはなかったが、就職してしばらくするとYさんからメールが来るようになった。

 

最初は「お疲れ様でした」「体調どうですか」など当たり障りのないメールが多かったが、次第に、

 

「いついつに会いませんか」

 

という内容に変わるようになった。私は明確な返事はせず、仕事が忙しいという理由で無理だとメールを返していた。そうしているうちにYさんは、

 

「てつさんさんはつきあっている彼女や女友達はいますか」

 

というメールを送ってきた。この時にYさんが私に好意があることに気付いたが、ここはいくら就職したとは言え、元利用者と交際する訳にもいかないので、

 

「私は、彼女や女友達はいませんが、作る気もないのです」

 

というメールを返した。これは本音だった。過去の原稿で私が結婚して後にストーカーでひどい目に遭ったことは書いたので特に毎日のようにメールを送ってくるYさんも同様になるとも限らないと私は考えていた。そうするとYさんは、

 

「私はてつさんさんのことが好きです。友達からでいいのでメールしませんか」

 

というメールが来た。何度か携帯電話も鳴ったが私は出なかった。

 

これでメールは来なくなったが、私が利用者との距離の取り方に失敗した典型的なケースとなった。ちなみに職員同士でLINEをやっているらしいが、私はLINEをダウンロードもしていないのでこれにも参加していない。

 

今のところ利用者から連絡先を教えて欲しいというケースはないが、気をつけて対応しなければいけないと考えている。

 

 

 

話は次回に続きます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。