「集中すること」と「こころを澄ますこと」は、似ているようで、とても対極でもあります。

 

たとえば、瞑想をするときは、こころを澄まします。

 

少しの集中ならよいのですが、集中しすぎると緊張につながり、こころがほぐれにくくなります。

 

集中というのは、少なからず、気合を入れる必要がありますから、緊張を伴って当然です。

 

気合を入れずに、リラックスしたままの集中力というのもありますが、これは、かなりの慣れが必要です。

 

 

私のお仕事の場合は、まさに、この対極である集中と澄ますことを同時に行って霊視したり、術を使います。

 

冷静なまま、膨大な念というエネルギーを操ります。

 

一般的には、膨大なエネルギーは、頑張って気合を入れないと動かないと思われがちです。

 

ところが、こころを澄ましきった先には、冷静なまま、流れるように膨大なエネルギーを操ることのできる世界があります。

 

対極なものは、離れていつつ、とても近い。

 

 

瞑想のお話が出たので、「外観瞑想」について少し。

 

よく言われる「無になる瞑想」は、いきなりは高度すぎて、難しいものです。

 

自分のなかを探索する「内観瞑想」は、「自分は、どうしてこういうとき、こう考えるのだろう」などと内面を観察する瞑想です。これを繊細な方があまりしすぎると、自己の反省にばかりつながり、落ち込むこともあります。

 

 

そこで、「外観瞑想」をおすすめしています。

 

 

まず、座ったまま、楽な姿勢を見つけ、気持ちを落ち着かせます。

 

次に、五感を澄まします。

 

・ 視覚 = 目

・ 聴覚 = 耳

・ 嗅覚 = 鼻

・ 味覚 = 口

・ 皮膚の感覚

 

右腕にくる空気の流れは、ちょうどいい温度だな~。

 

とか、

 

いい匂いがするな~。

 

とか、

 

今日は、晴れてて、お日様の光が気持ちいいな~。

 

などと五感の感覚を、改めて、感じていきます。

 

 

そして、一番瞑想に使いやすく、奥が深いのが、「聴覚」です。

 

われわれが生活しているときに、ぼーっと聞いている「音」の中には、実はたくさんの情報が隠れています。

 

 

こころを澄ませて、ほんのちょっぴり耳に集中してみてください。

 

リビングであれば、台所のほうから、冷蔵庫のモーターの音がするかもしれません。

 

クーラーのファンの音もするでしょうか。

 

ご家族がおられると、別の部屋での音が聞こえるかもしれません。

 

集合住宅であれば、上下左右のお部屋の、なにかの音、水道管を走る水の音等が聞こえるかもしれません。

 

 

窓をほんの少し開けてみると、近隣の、お子様の声が聞こえてくるかもしれません。

 

ひとの声も、通りを歩いていく方向に動いていくことでしょう。

 

 

遠くを走る、自動車の音。

 

その自動車の音も、よく聞いてみましょう。

 

そうすると、少し重く大きな自動車の音、小さめの自動車の音、バイクの音が、聞き分けられます。

 

速度が速い時の自動車の音と、ゆっくり走る音も聞き分けられます。

 

遠く遠くの、踏切の音も、風向き次第では届いてまいります。

 

なにも聞こえない時があったとしても、次に何か音がしたら、聞き取るぞ~!と、こころを澄まし、音に集中し続けてください。

 

だんだんと、遠くの小さな音まで、それが何の音なのか、判断できるようになっていきます。

 

 

そして、これを数分してみると、そのあと、とても頭がすっきりすることに気づきます。

 

 

こころを澄まし、軽く集中し続ける時間は、日常の生活では、あまりありません。

 

この瞑想のあいだ、ほかのことを考えていなかったことにも気づくでしょう。

 

無になる瞑想は、それだけでは難しいことですが、五感の世界に没頭することで、そのあいだ、日常の心配事などを忘れ、ある意味の「無」になっている自分が、そこにあるのです。

 

こうした、脳のリセットを、寝る前に行うと、睡眠がとても深くなります。

 

実際に、私が、脳の動きを計測できる脳波センサーで計測したところ、眠りを示す波形が大きくなりました。

 

 

 

明日は、河原に出向き、ベンチで外観瞑想でもしてみませんか?

 

 

 

===============

Twitter = https://twitter.com/MaruyamaTeruya

===============

ホームページ = 霊能者 丸山輝夜のホームページ

 ※ お問合せ、ご予約もこちらから可能です。

===============