作業所のスタッフさんは皆さん女性で、利用者さんも女性が多く、男性は少ないようです。
そんな中、1年ほど前に新しく男性の利用者さんが入って来られたらしく(45歳で発達障害がおあり)、
一人で一方的に喋り続けるとか、、
それは障害のせいでもあるので、息子はわかっているのですが、それとは関係なく
「元々男の人は苦手やねん」
と、言います。
「髭の粉」が不潔恐怖の一つでもあるので、それが理由かと思いましたら、そうではないと、、、

「僕は小学校の時は1年から6年までずっと女の担任の先生やったやろ?他のクラスは男の先生やった。男の先生のこと、みんな怖くないんかなぁと思ってた」と言うのです。
もちろん怖い先生などいなかったと思うのです。

もしかすると、物心ついた時には父親がいなかったので男の人に慣れていなかったのかもしれません。
それか、私の知らないどこかで、本人も覚えてはいないけど、男の人に「怖い目」にあったのか、、、

再婚した夫を息子は大嫌いだったので、それからなのか、、

わかりませんけど、、

でも、作業所の利用者さんの中で、私と同じ歳ごろの男性がいらっしゃるそうですが、その人は好きらしいです。

「おっちゃん」の年代なら大丈夫なのかもしれません。

主治医の先生は女性なので、ご縁があってよかったと思います。