続きブログ










注意

またまた
まあまあ長いです。。。

読んでくれたら
Twitterもいいね!してやって下さい(^^)














前回のブログの
最悪の目覚めの後




上杉は、まだ夜空に星が天の川状態の真っ暗な時間帯に車を飛ばし
友人の待つ瀬戸内海へ





友達は高校からの友達で
小さな船を買って検査も通ったから鯛でも釣りに行こうと(´∀`)







そして着いて直ぐに難関。



検査を受けてきた中古の船。










友人
『なあ、エンジンてどうかけるん?』


てる
『え?今なんて言った?』




友人
『壊れとんかな。どうやって進むんこれ』




てる
『…め、免許はあるよね?』






そう。この船長さん、初運転初出航だったのです。






携行缶にいれてきたガソリンを、ガソリンメインタンクへ移して直ぐの発言でした。








てる
『運転経験は?』



友人
『これからよ』



てる
『私を降してください』









ということで、2人で四苦八苦してエンジンをかけ、なんとか約1時間後に出航!


Twitterの画像のように朝焼けが綺麗で、気温が鬼寒く、海から湯気が出てました












さっきの1時間はなんのその

意気揚々と瀬戸内海を突っ走り
気分の高まりのニヤケをお互い隠しつつ、ポイントへ向かう船。





(ここからエンジン音うるさかったので大声での会話になります)





てる(ワクワク笑顔で)
『なー!ポイントどのへんなん?』


友人
『しらん!』



てる
『お(´ー`)』



友人
『魚はおる!』



てる
『なるほど!あ!魚群探知機あるって言ってたけど、どこ?』



友人
『まだつけてない!』



てる
『え?(´∀`))』




友人
『昔の人は魚探なんかなかったんじゃ!魚との一騎討ちよ!』






てる
『ほけー(´∀`)(景色を楽しむ)』








てことで、RUN AND GANを繰り返し
小さいの釣ってはリリースしながら釣りしてたとき。









ガガガ、ガガ、、、、プスン。。。




エンジンがとまりました。






友人
『どしたん?』


いや、こっちが知りたいよってばさ。



色々調べた結果


ガス欠。





友人
『なんや、ガス欠か!携行缶でガソリン持ってきててよかったわ』



てる
『いや、それさっき最初に全部いれたよね』




友人
『…。』



てる
『燃費計算は?!』




友人
『しらん!初めて乗るもん!』




てる
『(´∀`)よ、よし!プラスに考えよう!』




友人
『釣りょーったらどっかの島へ流れ着くわい!そこでガソリンもらおーで』



てる
『そ、そうじゃな!釣りしよう。喉渇いたな。水飲も』




友人
『ひとくちちょうだい』




てる
『水持ってきてないん!?』



友人
『車に全部忘れたんよ!』



てる
『釣りしとる場合じゃないで!干からびるで!』




友人
『ほんまよね!やばいな!…御馳走、ありがとう。』



てる
『!!!!!なんで全部飲むん!!』



友人
『干からびるゆーたけー飲んだ。え?もう、持ってないん?なんでよ!準備が悪いで!よいよ』



てる
『お前がいうなー!!!』










ということで人生初の『118』をコール

これは地上で言う110や、119の海上版


今どこにいるかを海上保安庁に携帯でGPSしながら潮の流れを調べ待つ事30分


時間は12時を回って、もう暑過ぎて。。








友人
『なかなかこんねー。』

てる
『わからんのかなー。流されたけど潮計算してくれて探してくれとるじゃろうね。待とう。。。しかし暑いねー。喉渇いたねー。船の特徴伝えたんじゃろ?あー…だいぶ流されたねー。』


友人
『うん。船体の色と人数を伝えたし。水色の船で二名ですって。』



てる
『え。この船、内側は水色だけど、外側は白よ!!?』



友人
『ほんまに言よーるん!!?(見)ありゃーまー!ほんまじゃわー!』



てる
『もしもし。救助お願いします。』





そしてさらに30分後
委託された民間の船業者さんの小さな船が最初に来てくれて
ガソリンを入れてくれて無事エンジン始動!




ありがとうございました!とお金を払って帰ろうとしたら、ここで待っててと。



そしたら大きな船が近づいてきて


マイクで




『あーなーたーたーちーがー、遭ー難ー者でーすーかー!!』









と。



『そうでしたら手を振ってくださいー!』






ブンブンに振る2人。






そして船をつけて、車で言うところの

車検証、免許証、なんで118しないといけなかったのか

検問みたいな簡単な調査。






すぐ終わりますからって(^∇^)

なので
終わったら港近くまで帰って釣りしよーやー。って保安船で事情聴取。





いやー、本当にまいったね!!

って、思ったのはここまで。







いや、ここからか。。。








『では、聴かせてください。これはあなたの船で間違いないですね?愛媛からいらっしゃって、ガス欠で漂流、遭難者ということになったので調書をとらせてください。では、まずは船舶の車検証とあなたの免許証を、見せてください』






友人
『モジモジ。。。』




『あなたの船で間違いないですか!?』





友人
『はい。』





『免許証と登録書類を見せてください』





友人
『…ありません。』





保&てる
『え?』





友人
『車に全部忘れました!』




保&てる
『は!?!?』







ここで確認して欲しい。
最初Twitterに載せた2人が写る船に乗ってる写真の運転席の前に貼られたシールを。




『愛媛』

と書かれている。






そう。

この友人、船はちゃんと検査は通して友人の船と登録したものの


車で言うナンバーを前の人のもののまま出航していたんです!
横に貼るシールも
愛媛→広島ナンバーへのシール変更もはっておらず。





『はい。ここから長くなりますので、あなたはここで待っててください。船長さん、別の部屋へどうぞ』





からの4時間待ち!!!




友人〜ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘どこー









保安船の中で海上保安庁の方々と船内見せてもらったり、双眼鏡で遠くを見させてもらったり、蜃気楼がみれてり、世間話したり。





そして十分注意を受け、本部へ照会されたりして、確認できて釈放?!てこれもいうのかな?



夕方前

最近は日が落ちるのが早いですね(^∇^)



帰港。






二度と経験できない体験をしてきました。






昨夜の夢は、これの予知夢だったのだろうか。


と、釣った魚を見ながら2人で5時間ぶりの水を飲みました。






水って甘いんですね。










そして!釣った魚がこちら(大きそうなののみ持って帰りましたー)








そして釣った魚は












良くできました(´∀`)







そして疲れたので寝ようとしたら


プルルルル♪







友人
『明日午前休みじゃけ、シールも張ったし、書類も忘れんこー貼るけー、リベンジいこーやー!ガソリン携行缶ももう一個買ったし!』




てる
『、、、、、。(・ω・)。よし!いくか!せっかくじゃー!!!(°▽°)』





てことで次の日も行ってきましたー!





多少問題はあったものの、無事に乗り越えて釣ってきました!





その釣果、料理写真はTwitterで(^∇^)








では

長々、長々、長々、と読んでくださりありがとうございました!











釣りは良いよー(´∀`)






海は気をつけようねー!!!











しゆ☆ 
♯ゞ(° ∀ °  )