二連の指輪



先日、おばあ様の形見の金の指輪とお亡くなられたお母様の銀歯を大切な物ですから…と、福岡市内から電車とバスを乗り継いで、約1時間かけて久留米まで来て頂きました。
おばあ様の指輪のサイズが小さかったのでサイズ直しをし、お母様の銀歯と2連のシンプルな指輪をお作り致しました。




出来上ったリングもどうしても取りに伺いたいとのことで、今回もまた遥々こちらまで来て頂きました。
出来上った指輪を手にとって、「これからいつも一緒にいられます!」とても感動して頂きました。




喜んで頂けて良かったです。




*ご存知ですか?
私たちの口の中に入っている金歯や銀歯は金、銀、パラジウムなどが使われています。
金歯は18金や16金などが使われ、銀歯は金が12%銀は約50%パラジウムは約20%が、使われています。これらの貴金属で歯が作られています。
そして、大切な方が亡くなられ火葬された後、その金歯銀歯が高熱で溶けて黒い塊として残ったとしても、故人の貴重な遺品であることも知られず、廃棄されていることを皆様にも知っていただければと思います。
想い出工房てらす www.terasuring.com/
AD