もしや甘くみてませんか?

テーマ:

クライアントさんや受講生さんたちの

ブログやメルマガの添削をしていて、
最も赤ペンが入るのはどの部分だと思いますか?



(実際は、赤ペンじゃなく、

Facebookの秘密のページにあるコメント欄に書いてるんですけどね…笑)
 

 

 

タイトルがイマイチだと開いてもらえない!


 
毎日のように
ライティング個別サポート
クライアントさんや

「ブログ&メルマガを続ける文章塾」
受講生さんたちの

ブログやメルマガの添削をしています。




そこで、指摘する確率が最も高いのは、
どの部分もしくは、内容だと思いますか?





それは、



「タイトル(件名)」です。



せっかく、いい内容を書いても
タイトルが残念だったら、



読んでもらえない…。




「絶対に正しいタイトル」は
存在しないものの、

タイトルをつけるときは、

「どうしたらクリックしてもらえるか」

をしーーーっかり考えた方がいい。





優等生タイプに多いのが、
記事のまとめのようなタイトル。



学校の作文ではないので、
それでは、ちょっともったいない。




タイトルをつけるのは、
文章を書く前に決めるより、
本文を全て書いた後がオススメです。




先に浮かんだときは
「仮タイトル」でつけておき、
最後に、もう一度考える。



本文全体を読み直して、
どの部分を抜き取ったら

クリックされやすいか、
検索されやすいか

を考える。



クリックされやすいというのは、どういうことか。



「もっと詳しく知りたい!」
と思わせているか、ということ。




「え? どういうこと?」
「それは知りたい!」

となるように、

違和感やギャップを感じさせたり、

数字が入っていたり、
 
役立つ! と思わせたり、
 
気になる単語が入っていたり、
 
ユニークだったり、

読者の感情を揺さぶりそうな、何かがほしい。






「何を書くか」
の内容に気をとられて、

タイトルに、
あまり重きを置いていない方、

くれぐれもご注意を!



タイトル(件名)がイマイチだと、
内容までたどり着きませんからね〜。



今日も最後までお読みくださって、
ありがとうございます!





P.S.
「ライティング個別サポート」の
感想を紹介しておいて、
現在は、一般募集していません。

スミマセン。

今は、「無料メールセミナー」を
お読みくださった方のみ
受付をしております。

↓↓↓
 
★無料メールセミナー(全7回)スタートしました! >>> こちら

ブログ記事を書くときに誤解されている
「やってはいけない」こと、

請負仕事だけでなく、
自分でコントロールできる仕事をするようになった話、

天職に出会ってもブログが書けなかったのに、
書けるようになった方
の話などを
書いています。


全7回のメールセミナーへのご登録はこちらです。
 ↓ ↓ ↓

 

無料メールセミナー 売れる文章習慣化レッスン