『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』
という映画を子どもと観てきました。


チェコの女性監督が、
妊娠糖尿病を患ったことをきっかけに、

砂糖問題を追及し、
家族と共に「砂糖」の害を訴え、
砂糖業界の闇にも挑むドキュメンタリー映画です。



会場の滋賀県まで2時間近くもかけて行ったのは、
2つの理由がありました。

(近所の畑で、風に揺られながら、元気に咲いていたお花)
 

 

息子の感想…。


砂糖の害について、
それなりに知識はありますが、
もっと自分の脳に刻み込んでおきたかったことと、

6歳の息子に観て欲しかったから。



子どもには、私の説明ではない方法で
わかってほしかったのです。



砂糖には、タバコや麻薬と同じくらいの
依存症があります。



さまざまな病気を引き起こしたり、
肌荒れ、アレルギーや花粉症、冷え性、
うつ病などの原因にもなると
言われています。



息子が、どこまで理解できるか、
ちゃんと座って観られるかは
少々不安でしたが、
8割くらいは、なんとか観ていました。



帰り道や帰宅後、子どもと話をしていたら、

「あれ、ホントなの?」
という発言を繰り返し、
「ホントだよ」
と反応していたのに、お風呂から上がったら、


「あれは映画なんだから、
 ホントじゃないんでしょ?」




あたた…。



日頃、映画を怖がって
途中から観れない息子に対し、

「これは映画で、作り話なんだから大丈夫。
 本当じゃないんだから」

なんて説明していたのが、
アダとなりました。



彼の中で、信じたくない部分が
あったのでしょう。

 


子どもの中で、どう理解して、
落とし込むのか、これからが楽しみです。

(「信じて期待せず」の精神で)

 

 

物怖じせずに、進んでいく姿

 

私自身は、砂糖の害について、
改めて勉強になりましたし、

それ以上に、
女性監督の、まっすぐで
体当たりな姿勢に感銘を受けました。




苦悩しながらも、
さまざまな人たちや、巨大企業を相手に
理解してもらおうとしている姿は
心を動かされます。




時には、とても過激です。
なりふり構わず、全力をかけて、
本気で行う熱量は、印象的でした。



時間をかけ、筋書きのない
ドキュメンタリー映画という形で
伝えた女性監督。



伝えたいというエネルギー、
私は、どこまであるだろうと
考えた帰り道。




あなたはどうですか?



最後に、
子どもとゆったり観られる場を
作ってくださった、
つぶつぶ料理教室されている片岡富美子さん、

ありがとうございます!


 

 

 

■ お知らせ ■ 

ブログやメルマガで、
あなたのおもいや商品を伝えていますか?


ブログやメルマガに関する
1day体験会を開催します。

 

個人事業主のための売れる習慣づくり! 

「ブログ&メルマガを続けられるようになる文章講座」4ヶ月コース

 <1day体験会>

 

ブログやメルマガでお悩みのある方、
書き続けたいと思っている方に、

オススメの講座内容です。

11/6(月)13時30分~15時30分

   新大阪丸ビル別館(新大阪駅近く)
11/21(火)13時30分~15時30分

   高槻南スクエア(阪急高槻市駅近く)

詳細はこちらをご覧ください

http://profond.jp/writing-1day-201711/

お申し込みはコチラから
https://ws.formzu.net/fgen/S20942124/

 

★メルマガ読者割引があります★

★両日ともに、同じ内容です。

 

 よろしければ今から、メルマガにご登録くださいね。

 

コーチングセッションの次回募集は、10月後半の予定です。

 しばらくお待ちください。

 

 

 

AD