上向き思考で怒鳴りすぎるお母さんは卒業できる・ゼロポイント・アプローチ インストラクター ヤスコのブログ

上向き思考で怒鳴りすぎるお母さんは卒業できる・ゼロポイント・アプローチ インストラクター ヤスコのブログ

日本ゼロポイント・アプローチ協会の公認インストラクター、ヤスコのブログです。
夫と子ども3人(高1・中1・小1)+チワワと暮らしています。
日々を楽しく生きるヒントや、子育て世代ど真ん中の主婦の日常などを綴ります。

昨日

 

【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】

 

をZOOMで開催しました。

 
 
どうも、
 
ゼロポイント・アプローチのインストラクター、ヤスコです。
 
 
体験会の前半は「上向き」と「ピンク色」を使って
 
「問題が問題ではなくなる感覚」
 
を実際に味わっていただきました。
 
 
すると、、、
 
 
ついさっきまで「冷たくて威圧的な人」と感じていた苦手な人が
 
穏やかそうな人だな、この人とならうまくやっていけそう♪」という好印象に変わったり
 
 
ついさっきまで「ねばねばしてしつこそうな人」と感じていた苦手な人が
 
「さっぱりしている人で、笑っています〜」という真逆の印象に変わられたりしました。
 
 
この間、たったの30秒、、、!!!
 
 
 
今回が初参加の方で
 
「ゼロポイント・アプローチという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどんなものなのかはイマイチ分からない、、、」とお話しされていた方も
 
「おお〜、本当に変わるんだ!」
 
ということをご自身で体感され、驚かれていました。
 
 
 
そうなんです。
 
本当に変わってしまうんですね〜。
 
 
 
心の中を変えることは、
 
じつは難しいことではないんです。
 
 
 
アプローチの仕方さえ適切であれば(←ここ重要!)
 
 
1分で心を変えることだって可能なんです。
 
 
 
 
さて、後半は応用編に突入ですYo!
 
 
前半でお伝えした「上向き」と「ピンク色」のテクニックを使って、
 
実際に参加者さまが「今、抱えておられる問題」を透明化していく実験をしました。
 
 
すると、、、
 
 
「今は誰も住んでいない実家をどうするかについての話が進まずに、
ずっとヤキモキしています」
 
とお悩みだった方が
 
「家のことがなんだかどうでもよくなりました〜(笑)。
わたしが変に抱えすぎていたのだと気付きました。」
 
と、心がフワッフワに軽くなられたり
 
 
 
「これは悪いクセだから直さなければいけないと思ってるんですけど、、
でも自分ではなかなか直せなくて困っているんです」
 
と悩まれていた方が
 
クセを直そう直そうとするのではなくて、
問題だと思っていたクセを使って、じつは楽しく遊んじゃうこともできるんだ!?
 
ということに気付かれて、目からウロコの大爆笑をされたり(笑)と、
 
 
今回もまた、楽しいミラクルが起きました!!
 
 
 
「上向き」や「ピンク色」を使って″気にならない″をマスターされると、
 
ドラえもんがどこでもドアを使って一瞬で場面転換させちゃうように、
 
今まで見えていた世界を、ガラッと明るいものに変えてしまうことができるんですね〜。
 
 
これはもう、不思議としかいいようがありません、、、!
 
 
 
ご参加者の方からご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
 
 
◇ご実家の件で悩まれていたH様より◇
 
今日はありがとうございました!
とっても身体がかるーく温かいです(^-^)

ヤスコさんがほんとーに分かりやすく親切に実践と解説をしてくださったおかげで、
気になっていることがいい意味でクリアになりました!

なんとかしないと!が
まっいいか!ってかるーく上の方にいってくれ、、
今までありがとう♡って感謝の気持ちでいっぱいになりました!!
 
 
どうしたらいいかなぁ、わたしの力ではどうしようもないなぁ、と思い悩んでいたことが、、
 
感謝までできるように変化するなんて!!

 
深刻なことが明るく感謝に変化!

驚きの連続でした!

 
ヤスコさんの優しく的確な導きが、より一層一瞬で変化をもたらしてくださったのだと
感謝しております。


楽しい素敵なときをありがとうございました(^-^)

 
 
 
◇長年のクセを直せずに困っておられたK様より◇

ゼロポイントアプローチ、思ってた以上に楽しくあっという間に時間が過ぎてしまいました。

手をあげる、上を向く、誰でもできる身体からのアプローチやピンク色の効果が凄く、
周りにもぜひオススメしたいと思いました! 


自分の長年の癖も色に変換することで、
一瞬で周波数が変わり、捉え方も変わる。
 
また日常でも繰り返し実践していきます。


今日は本当にありがとうございました!

 
 
こちらこそありがとうございました!!
 
 
 
気になっていたことが気にならなくなったときの
 
皆さんの晴れやかな笑顔が、わたしは大好きです。
 
 
はぁ〜、今回もステキなご参加者様に恵まれて、とても幸せな体験会でした。。。(胸がじんじん)
 
 

【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】は毎月開催しております。

 

来月は土曜日の開催を考えております。

(時間帯は14時〜15時くらいだとご都合がつきやすいでしょうか?どうでしょうー) 

 

 

日時が決まり次第このブログでお知らせいたしますので、引き続き要チェックのほどよろしくお願いします^ ^

 

 

 

 

それではまたお会いしますよ♪

 

今日もあなたに胸いっぱいの楽しさが降り注ぎますように。

 

ゼロポイント・アプローチのインストラクター、ヤスコでした。

 

 

 

 

おはようございます!

ゼロポイント・アプローチのインストラクター ヤスコです。


明日開催の【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】

まだお席がありますので、よかったらご参加くださいませ^ ^

季節の変わり目や、4連休明けの周波数のメンテナンスとしてもお役立てくださいね〜。




いろいろな心理セラピーを受けたけれど、いまいち悩みがスッキリしない。
 
嫌なことや苦手なことがあると、すぐに「自分のせいなのでは?」と自分のダメさを責めてしまう。
 
日々を明るく過ごしたい!
 
周波数の話に興味がある。
 
ピンク色の効果ってなにがそんなにすごいの?体験してみたい!

そんな方へ、
 
ZOOMを使ってゼロポイント・アプローチの変化を実際に体感していただける体験会のお知らせです!


プレ体験会では、ゼロポイント・アプローチの基本となる「上向き」や「ピンク色」の活用方法について、「周波数」の話を交えながら楽しく詳しくお伝えします。
 
特徴は、なんといっても″体感″重視!
 
1時間というわずかなお時間で、誰でも簡単にゼロポイント・アプローチで得ることのできる【ゼロの感覚】をご体感していただけます。
 
 
【ゼロの感覚】って、とっても軽やかでまろやかで楽しくって、
 
問題を問題として捉えられなくなる」、つまり「問題が気にならなくなる」という感覚なんです。
 
 
長年気になっていたことが、まるで遊んでいるような感覚で楽しく実験しているうちに、「どうでもよくなっちゃった!」に変化される瞬間は、みなさん笑い出してしまわれるほど。

 
みんなで楽しく実験すればするほど、効果もどんどんアップします!
 

不思議でおもしろい実験を通して、頭で考えるよりも先に、ゼロポイント・アプローチの効果をあなたもご自身の″心身の変化″でご体感くださいね。

 


そして、日常の生活に活かせるとっておきの魔法を、ぜひご自分のものにしちゃってください♪

 

 

 

◯ゼロポイント・アプローチって何?なんだか気になる!という方

 

◯周波数の話に興味がある方

 

◯日々を明るく過ごしたいのに気分の浮き沈みが激しくてしんどくなってしまう、、、という方

 
嫌なことや苦手なことがあると、すぐに「自分のせいなのでは?」と自分のダメさを責めてしまうクセのある方

 

◯何かを始めたくても、まじめに考えすぎて(心配しすぎて)動けない方

 

これまでにいろいろな心理セラピーを受けてみたけれど、悩みがスッキリ解決していない方

 

◯なんでも深刻にとらえすぎて、身動きが取れなくなってしまう方

 

◯ゼロポイント・アプローチの本を読んでみたけれど、実践の仕方がわからない方

 

◯明るくなりたくてピンク色を着てみたのに、あまり効果を実感できなかった方

 

◯なんだかよく分からないけど、とにかくゼロポイント・アプローチのことが気になるぞ!!!という方

 

特に悩みはないけれど、楽しく周波数を上げてみたい方

 

 

ひとつでも当てはまる方は、お気軽にご参加くださいね。

 

 

 

image

※写真はイメージです。プレ体験会はZOOMで行います(紛らわしいわ!)

 

 

 

参加者様からいただいたご感想の一部です。

 


とっても楽しく、いっぱいのヒントをいただきました。

お悩みが一瞬にしてかるーくなる素晴らしい経験ができました!

ヤスコさんが大変分かりやすく明るくユーモア
を交えながら導いてくださったので、
あっという間に時間が過ぎ、楽
しく経験できました。
 

 

 


ピンクと黒でそれぞれ前屈をしてみると、体の柔らかさに変化が起きました-----!

それは、それは、笑ってしまうほど(驚)

これなのねー!!ピンク効果

楽しい体験を実感させていただきありがとうございます♡

沢山実験して自分の周波数をアゲアゲで楽しみます☆

 
 

ありがとうございました!

 

 

 

次の体験会は9月23日(水)13:00〜14:00の開催です。

 


ZOOMを使ったことがない方には、事前に使い方をお伝えしますので、ご安心してお申し込みくださいね。



一緒に楽しく周波数を上げて「気にならなくなる」感覚をマスターし、日々を楽しく過ごしていきましょうー♪

 

 

 【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】 


◇日時 9月23日(水)13:00~14:00
 

◇場所 オンラインZOOM会議室


こちらの会は終了いたしました。

 

 

 

その他の日程での開催は日本ゼロポイント・アプローチ協会のHPでご確認ください。

 http://zeropointapproach.com/semi/b/

 


次のステップとなる【ゼロポイント・アプローチ<ベーシック講座>】の開催リクエストは、こちらのフォームより承っております。

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/d1c804fb622742

 


個人セッション(ZOOM)へのお申し込みはこちら

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/9d676a35579832

 

 



 
それではまた、お会いしますよ♪

 

″一度きりの人生にいろとりどりの楽しさをクリエイトする″

ゼロポイント・アプローチのインストラクター ヤスコでした。

 

 

ここ数日は、我が家が初めて迎えた大きなイベント「長男の高校受験」について書いてきました。

すべての記事に目を通してくださった方に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございます!!

 

今日は、その頃のちょっとした番外編です。

あと1記事だけ、長男の受験期にお付き合いくださいませ。

 

 

先にも書きました通り、今年の2月14日は長男の本命高校の学科試験本番でした。

 

その本命入試の4日前にあたる2月10日には、おさえの併願私立校の試験がありました。

 

とにかくもう、2月に入ると「2月」という文字が「受験」と書いてあるように見えてくるってくらい、受験一色な雰囲気になりますね(苦笑)。

 

で、併願校の試験については、学校の授業の内申点ですでに合格OKラインを超えていたので、試験の出来が合否に左右されることは、よほどのことがない限りありませんでした。

 

とはいえ、学科試験の1本番であることには変わりなく。

それなりに長男も緊張をしていました。

 

そんな、併願試験本番の前日の2月9日に、母親であるわたしは何をしていたかというと、、、

 

 

 

 

 

「吉本新喜劇」を観て爆笑していましたーーー!!

 

 

 

いやぁちょっと!もう!!!

 

吉本新喜劇といえば、“わたしが死ぬまでにどーーーしても観ておきたいものベスト2”の中の2位にあたるものですよ!(ちなみに1位はスピッツのコンサートで、すでに12月に達成いたしました☆涙)

 

 

憧れの吉本新喜劇、、、☆

それは、大阪の劇場に行かないと絶対に観れないものだと思い込んでいたのですけども。

 

なんと、新宿のルミネtheよしもとに遠征に来てくれたではありませんか!!!

 

 

2月9日の公演スケジュールは神回でして。

 

前半に大好きな「かまいたち」や「プラスマイナス」、一度は生で観たかった「陣内智則」のネタや「ジャングルポケット」のネタが観れたんですよーーー↑↑(あかん、お笑い大好きでテンションあがってまう!)

 

 

 

 

 

公演日が2月9日と知ったときには、「あれ?長男の試験日の前日じゃん、、、。そんな日にこんなところに来ていていいのだろうか、、?」という思いが一瞬よぎったりもしました。

 

だけど、この時期の長男は朝から晩まで塾の自習室にいるわけで。

 

その間親のわたしはどう過ごしているのがベストかな?といったら、、、

 

 

自分の「楽しい」にフォーカスして周波数を上げること!!

 

 

これに尽きるだろーーーっと思ったわけです。

 

 

まじめさんだった頃のわたしが見たら、「え、子どもが大変な時に母親だけ楽しい思いをしていていいの、、、?」って疑問に思ったかもしれません。


だけど、どんなに試験の行方が心配であっても、親が心配したからといって子どもの勉強が進むわけでもなければ、親が代わりに勉強をしてあげることなどできないし。。

 

この時期にわたしがやれることといったら、「わたし自身の周波数をあげておく」ことしかないんですよね、やっぱり。

 

いや、「くらい」なんて言い方はふさわしくないですね。

 

 

わたしは師匠から

 

自分自身が「楽しさMAX=周波数MAX」の状態でいることが「愛」なのだと教わりました。

 

 

愛とは魂の周波数MAXの状態だから


(愛とは)他人から与えられるものではなく
 

また、他人に与えることができないものである。

 

 


周波数MAXとは、心が無色透明な状態のこと。


そしてそれは、自分自身が”楽しい”の中にいる状態のこと。
 

そしてそれが、自分が愛の状態にあるということ。

 

 

 

だからこそ



「自分自身が愛の状態でいるかどうか?」

 

がとても大切なのです

 

 

と。




自分自身が愛の状態、つまり周波数MAXで“楽しい”の中にあるわたしが作るご飯はきっと、

 

ただ単に空腹を満たすためだけでは終わらない、人の心をも温めうるご飯になるだろうし

 


 

自分自身が愛の状態、つまり周波数MAXで“楽しい”の中にあるわたしがかける言葉はきっと、

 

心を安らげるような温かい言葉となって相手の心に届くはずだろうし、

 


 

あるいは、

 


 

自分自身が愛の状態、つまり周波数MAXで“楽しい”の中にあるわたしで在れていればきっと、

 

今は声をかけるべきではないという時には、あえて声はかけずにそっと相手の背中を見守るという判断も適切にできるようになるのでしょう。

 


 

そう、信じているんですよね。

 

 

 

だから、受験期の子を持つ親の過ごし方としては

 

 

 

 

image
茂造じいさんに会いに行くのがベストーーー!!!ってことで!(笑)

 

 

 

もうねー、楽しかったんですよーーー。

 

座長の辻本茂雄さんが攻めに攻めるタイプの座長さんでありまして。

 

若手の芸人さんたちにですね、舞台本番の最中にかなりの無茶ぶりを振りに振りまくるんですよね。

 

舞台の上でタジタジしながら、それでも座長の愛ある無茶ぶりになんとか応えようとする芸人さんの姿は爆笑しながらも熱く胸を打つものがありまして、、、。

 

お笑いは生ものなんだな~と、お笑いの舞台こそ「一期一会」の真剣勝負の場なんだな~ということを、うるっとしながらしみじみと感じましたねぇ。

 


あっという間に周波数MAXです、、、!!


 

この日は娘と姉夫婦と4人で観に行ったのですけども。

 

じつはお笑いについての前知識がほとんどない姉の方が、わたし以上に大感激をしていまして。

 

 

「いや~、すごかった!本当にすごかったね!!

 

もうね、せっかくこの地球に生まれてきたのなら、絶対に一度は吉本新喜劇を観なきゃだめだね!!

吉本新喜劇を観ているか観ていないかで、人生も変わってしまうね!!

 

おねは生きてる間にこの舞台を観れて幸せだったよ。本当に幸せだよ、、、!!!

やっちゃん(わたし)、誘ってくれてありがとう!!!!」

 

って。

 

 

あんなにも興奮してるおね、初めて観ました(笑)。

 

あと一歩のところで「辻本茂雄の追っかけ人生」にシフトせんばかりの勢いでしたからねー。

 

でも「その興奮がよくわかる!」ってくらい、吉本新喜劇は最幸に楽しかったですYo♪

 

 


公演後のお土産売り場では“お笑いお祝いクッキー”のようなものを買って、塾から帰宅した長男も一緒に合格の前祝いをしました。

 


合格発表の翌月に長男も一緒に観に行く予定で取っていたチケットは、コロナのために中止になってしまいましたが、、また一緒にルミネtheよしもとには行けたらいいなぁと思っています☆

 

 

 

 

思い返せば昨年の8月から今年の5月までは、とにかく家のことに集中する!と決めて、家族との時間を最優先に、基本的な生活を立て直すことに専念して過ごしてきました。

 

そのため、ブログの更新が多いときでも月に6回、少ない時には0回(!)という頻度にまで下がりました。

(ブログを開設してから3年半の間、毎日1記事以上更新をキープし続けていたことが遠い昔のようです。。。) 

 

今回はその反動か?今頃になって「あの時期のことが書きたくてたまらない病」を発症してしまいまして。


それで延々と長男の受験期のことを綴らせていただいてきました。

 

お付き合いいただきまして、ほんとうにありがとうございました!

 

 

 

最後に、「過去」ではなく、「今現在」の長男の話を。

 

 

 

image

昨日、長男の髪の毛の色がピンク色になりました。

 

おおお~♪いいじゃんいいじゃんイケてるじゃん!とはしゃぐわたしはもしかしたら、世間的にはイケてない母親なのかもしれません、、、


が、この頭はテンションあがりますね〜(笑)。

 


※念のため、、、一応高校の校則には反しておりません(そもそも校則がないらしいのです。驚)

 

 

 

 

 

それでは、また!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ゼロポイント・アプローチのインストラクター、ヤスコでした。

 

 

周波数MAX!への近道ならこちら!


嫌なこと、嫌いな人が“気にならなくなる”感覚を、楽しくマスターしてみませんか♪

 


 【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】 


◇日時 9月23日(水)13:00~14:00
 

◇場所 オンラインZOOM内会議室

◇定員 6名(残4名)

◇参加費 2,000円(税込)


◇お申し込みはこちらです→https://ssl.form-mailer.jp/fms/038d56b9603895

 

 

 

その他の日程での開催は日本ゼロポイント・アプローチ協会のHPでご確認ください。

 http://zeropointapproach.com/semi/b/

 

 

次のステップとなる【ゼロポイント・アプローチ<ベーシック講座>】の開催リクエストは、こちらのフォームより承っております。

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/d1c804fb622742

 

 

個人セッション(ZOOM)へのお申し込みはこちら

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/9d676a35579832

 

前回の記事の続きです。




ついに、第一志望校とおさえの私立併願校が確定した長男。

年明けには志望校のそばの神社に初詣に出かけ、合格祈願をしました。

そのまま志望校まで足を運び、正門の前で写真もパチリ。

粛々と合格へ向けて勉強を続けます。


そして、ついに!!!

入試直前に行われた最後の5回目の模試で!!!

初めて志望校のA判定を取ることができたのでした⭐︎


A判定、キターーーーー!!

なんだか太鼓判を押してもらえた気分ー。

よかったー、やったー、合格が決まったわけではないけれど、これはものすごい安心材料だーーー。



もちろん長男も相当嬉しかったようで。

「っしゃーーーーー!!!!よしよしよしよしよし!!!!いける!!まじでいけるぞ!!!!」と。



安 心 し き っ て し ま っ た よ う。




模試はあくまでも模擬試験であって、本番の試験ではありません。

なのに、いつの間にやら「模試でA判定を取ること」自体が目的のようになってしまっていたのでしょうね。。


早すぎる燃え尽き症候群の到来か、入試直前の10日前くらいになって、いきなり長男の志気がダダ下がりしてしまったのです↓↓


その様子を察知した塾の先生がこんな話をしてくれたそうです。



「先生は高校受験の時に、ずっと模試でいい点数を取り続けていた。

それで、スッカリ受かった気になって、いざ入試本番を迎えたら、、、そこでまさかの大失敗をしてしまった。

今まで見たこともないようなひどい点数を取って、誰もが受かると信じていた志望校に落ちてしまったんだ。

だから、模試でどんなにいい点数を取ったとしても
、試験が終わる最後の最後まで絶対に油断するなよ!」




長男は、この話を聞いてハッとしたそうです。

「まさかそんなこともあるのか、、、やばいやばい!自分も気を付けないと!!」

と、大事な時期に気を引き締め直すことができたのはあの先生の話を聞けたおかげだと、受験が終わった後もずっと話していました。

そのくらい、先生のリアルな失敗談は衝撃的なものがあり、長男の胸を深く突いたようです。



先生ご自身は当時残念な結果になってしまったけれど。

先生が体験した一つの失敗談は、入試本番を迎えようとしている多くの受験生たちにとって、これからもずっと貴重な教訓として生き続けていくのだろうなと思います。


そう思うと、、、

プロとして上手くいく方法を教えてくれることはもちろんのこと、こんな風に失敗談も伝えることのできる先生は、まさに「塾の先生」が天職なんだろうと感じずにはいられませんでした。



失敗は必ず誰かの役に立つ。

ならば、失敗することを恐れる必要はどこにもなし!


ですね。



受験は面接試験と学科試験と特殊試験を合わせて計3日。

この間、集中力を維持させていないといけません。


最も大事な学科試験の本番は、2月14日。


前日の夜は不安で寝付けない長男にピンク色のストールを被せて、眠るまで足裏をマッサージしたことも今となってはいい思い出です。


ただ、この頃にはもうコロナの波が押し寄せていて、直前の塾の壮行会は中止。

受験後に企画されていた卒業パーティーも中止。


塾の先生方はきっと、苦楽を共にした受験生たちと一緒に、先生と生徒の垣根を越えて、パァ〜〜〜っと盛り上がりたかったんじゃないかなぁ(涙)。

なんて、勝手に感傷的になったりもしましたが。。


とにもかくにも、長男は無事に第一志望校に合格!!

自由な校風をよいことに、茶髪にツーブロックに前髪縮毛矯正にと、念願だった髪の毛のオシャレを楽しんでいます。

でもって、軽音部にギターにブレイクダンス部にラーメン屋のバイトにデートに男友達とプチ旅行にと、「今・オレ・楽しい」が過ぎるんじゃないかってくらいの過ごしようであります。


よきよき。




長男の受験の話はこれでおしまいです。

最後までお付き合いくださって本当にありがとうございます⭐︎

心より感謝いたします。


関連記事







それではまたお会いしますよ♪

ゼロポイント・アプローチのインストラクター、ヤスコでした。

 

 【ゼロポイント・アプローチを楽しむ♪プレ体験会】 


◇日時 9月23日(水)13:00~14:00
 

◇場所 オンラインZOOM内会議室

◇定員 6名(残4名)

◇参加費 2,000円(税込)


◇お申し込みはこちらからどうぞ→https://ssl.form-mailer.jp/fms/038d56b9603895

 

 

 

その他の日程での開催は日本ゼロポイント・アプローチ協会のHPでご確認ください。

 http://zeropointapproach.com/semi/b/

 

 

次のステップとなる【ゼロポイント・アプローチ<ベーシック講座>】の開催リクエストは、こちらのフォームより承っております。

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/d1c804fb622742

 

 

個人セッション(ZOOM)へのお申し込みはこちら

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/9d676a35579832

 

 

前回の記事の続きです。



中学3年生の夏、さまざまな高校で受験生に向けた学校説明会が開かれました。

長男は、現段階での成績だとだいたいこの辺りになるのかな、、?という高校へ、友達と2人で説明会に行きました。

といっても、学校主催の説明会ではイマイチ高校生活の中身がリアルには伝わってこなかったようで。

そこで、いくつかの高校の秋の文化祭を友達と一緒に見に行くことに決めました。


結果、、、


今の成績のままではどうあがいても手が届きそうにないレベルの高校が、一番楽しそうで魅力的だったとのこと。


えええええ、、、!そこかぁ、、!

「うーん、そこよりもこの高校は?ここなら今からでもなんとか頑張れば、受かる可能性があるかもしれないよ?」

と言っても、

「あー、そこの高校は絶対にない。あんなク○つまんなそうなところ絶対に行きたくねー」

っとな、、、。


なになに、文化祭の見学だけでそんなに分かるものなのかい、、、?


どうやら長男なりに、それぞれの校風を肌で感じるところがあったようで。

その肌感覚には、どうしても逆らいたくなかったようで。


高3の秋口になっていきなり、現実味のないハイレベルな高校が第一志望校として浮上したのでした。


じつはこの時期の塾の先生との三者面談の際に「さすがに今からこの高校は難しいですよね、、?」とわたしの方から先生に伺ってみたのです。

すると、、

「いや、まだまだここからいくらでも伸びますよ。決して無理なレベルではありません。

長男くんは自習室でもよく勉強してますし、可能性は充分にあります。

といっても、無謀なチャレンジ受験は避けたいので、受験までにあと5回ある模試の中で、どれだけ結果を出せるかによりますね。

少なくとも12月末の3回目の模試までに○○点を取りましょう。
それが出来れば、ボクとしてもGOを出せます」

と、いたく冷静かつ明確なアドバイスをいただいたのでした。


えーーー、そうなのかぁ。まさか、可能性はなくもないなんて、、、!

というか、


塾の先生は長男の「伸びる力」を心の底から信じてくれている、ということがじんじんと伝わってきて、うるっときました。。。


ここから先はもう、長男本人の頑張り次第です!

勉強のことはなんも分からんわたしは、塾にすべてをお任せして、とにかく塾メシを作るのみ!!


塾の先生を信頼している長男は、勉強の合間にどうしてもスマホをいじってしまうのをやめられない時には、数日間先生にスマホを預けたりもしていました。



そこからの、長男の快進撃がすごかった!!!


まず、学校の内申点が爆上がりしました。

中学校での三者面談の時に、自分の予想を上回る成績表の変化を見て、驚きのあまりガタッッと椅子からズッコケ落ちそうになった姿は忘れやしません。(コントみたいな動きやったぞ)


そして、塾の模試。

12月末、約束の3回目の模試を終えた時点で、まだ先生の提示した点数には届いていませんでした。

合否の判定は、限りなくC寄りのB判定といったところ。

うーん、とってもデンジャラス!


だがしかし、長男の第一志望校挑戦への意思はかたく。

なんなら堅あげポテトよりもかたく。


長男の熱意におされた塾の先生も、ついにGOサインを出したのでした。



っかーーー!チャレンジするのかーーーー!!

まさかの第一志望校でGOしちゃうのかーーーー!!!


もうね、親も覚悟を決めましたよね、、。


どちらの結果になっても、受け止めよう。

出た結果が、最善の結果なんだ。


いや、出た結果の先をどう生きるかだけが重要なんだ!

最善だったかどうかは、その後の生き方のみが決めること!!

(お受験モードあるある→やけに熱く人生語りがち)




中3の冬。

ついに長男は、夏の時点では夢のまた夢のような位置にあった高校に受験することを決めたのでした。



、、、って、あれ?おかしいな?


書きたかったはずの塾の先生からのアドバイスがまだ出てきてないじゃない!



うはー、すみません。

もうひと記事続きますm(_ _)m



ここまでお付き合いいただきありがとうございます、、、!



前の記事はこちらです