天皇賞秋の予想2017|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「天皇賞秋2017(GⅠ)」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:

10/29(日)東京11R・芝2000mにて
天皇賞・秋》が開催されます。

 

 




秋の古馬G1戦線の幕開けを告げる伝統の一戦。


今年もG1ウイナーが8頭も集結し
精鋭馬達が激闘を繰り広げる。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
天皇賞(秋)の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 サクラアンプルール 58.0 差 蛯名正義
1 2 サトノクラウン 58.0 差 M.デムーロ
2 3 ネオリアリズム 58.0 先 シュタルケ
2 4 リアルスティール 58.0 差 シュミノ―
3 5 ヤマカツエース 58.0 差 池添謙一
3 6 ディサイファ 58.0 差 柴山雄一
4 7 キタサンブラック 58.0 先 武豊
4 8 レインボーライン 58.0 差 岩田康誠
5 9 ソウルスターリング 54.0 先 ルメール
5 10 ミッキーロケット 58.0 差 和田竜二
6 11 ロードヴァンドール 58.0 逃 太宰啓介
6 12 ステファノス 58.0 差 戸崎圭太
7 13 グレーターロンドン 58.0 追 田辺裕信
7 14 サトノアラジン 58.0 追 川田将雅
7 15 マカヒキ 58.0 差 内田博幸
8 16 カデナ 56.0 差 福永祐一
8 17 ワンアンドオンリー 58.0 差 横山典弘
8 18 シャケトラ 58.0 差 C.デムーロ


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


キタサンブラック

昨年の年度代表馬。

同レースを含め年内の3戦で引退し
種牡馬入りすることが決定している。

春古馬3冠のかかった前走宝塚記念では
それまでの激戦の疲れが出てしまったか
9着と惨敗を喫してしまった。

残す3戦で有終の美を飾るためにも
まずはここで改めて現役最強を証明したい。

競馬界の中心となる馬の引退は寂しいが
最後までしっかりと見届けたいよ思う。


リアルスティール

昨年のドバイターフの優勝馬。

前走の毎日王冠ではマカヒキ、
サトノアラジン、ソウルスターリングなど
強豪G1ホースを相手に勝利している。

鞍上は皐月賞馬・アルアインの2・3戦目で
手綱を取った仏の天才シュミノー騎手。

昨年2着だった雪辱を見事に晴らし
国内では初となるG1獲りを達成したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


サトノアラジン

安田記念で待望のG1制覇を達成。

16年以降はマイル以下ばかり走っており
距離を試す意味でも出走した毎日王冠で
見せ場たっぷりの2着と激走している。

メンバー中最速の上がりだった走りを
見る限り今回の2000mでも大丈夫だろう。

昨年のモーリスのように本番でも
距離を克服してのG1連勝となるか注目。


グレーターロンドン

休養前の安田記念で4着に健闘。

休み明けの前走・毎日王冠でも3着と
調教で強い負荷をかけずに臨んだ割には
良い内容の競馬だった。

成長力ならこの馬が1番だろう。

実績こそ乏しいが、間違いなく上位を
争えるだけの能力を秘めている。


サトノクラウン

昨年の香港ヴァーズで世界的名馬である
ハイランドリールを退ける大金星を上げ
見事にG1初勝利を遂げた。

さらに今年の宝塚記念では大本命の
キタサンブラックが伸びあぐねるのを尻目に
持ち前のパワフルな末脚で見事勝利。

鞍上には重賞男のM.デムーロを確保。

同レースはここ2年で2度とも
二桁着順に沈んでいるのが気になるが
三度目の正直で勝利といきたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-2-2-1】
2番人気【0-3-2-5】
3番人気【0-0-2-8】
4番人気【0-1-0-9】
5番人気【4-0-0-6】
6番人気【0-0-4-6】
7~9番人気【1-3-0-26】
10番人気以下【0-1-0-82】


1番人気は複勝率90%で、
2番人気も50%と上位人気が堅実。

3連系なら1・2番人気から
最低1頭を含む組み合わせを狙うのが
現状では最も期待値が高い。

なお、相手には人気薄が来て
波乱の結果になる傾向も多々あるので
人気馬のみで馬券を組むのは危険か。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-2-1-14】
2枠【2-1-0-17】
3枠【0-0-3-17】
4枠【2-3-2-13】
5枠【1-2-0-17】
6枠【2-0-1-17】
7枠【1-2-1-22】
8枠【0-0-2-26】


2コーナーまでの距離が短く、
多頭数の外枠はコースロスがある。

データ上も外枠は苦戦傾向。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-9】
先行【3-4-2-30】
差し【7-4-4-64】
追込【0-1-4-40】


先行・差しで決まるケースが多く
逃げや追込みはほぼ決まらない。

特に差しの成績が良く、
3着内の半分は差しから出ている。

軸馬には差し馬から選ぶのがベター。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========
 

 

いよいよ古馬最高峰の戦いが幕を開ける。


この2000mの天皇賞は圧倒的に
外枠が不利なコース形態。


改修により改善されたとはいえ、
絶望的な不利がかなり不利に変わっただけ。


さて、レースの傾向を見ていくと
極端な人気薄を狙うのは自殺行為ともいえる。


やはり天皇賞レベルの格になると
勝てないまでも馬券に絡んでくるのが
1番人気の底力なのだろう。


2年連続で1番人気が勝っているし
あのブエナビスタが4着に敗れた
2011年まで遡ること5年連続の好走。


よって、ココも1番人気を最有力と見る。


間違っても、前走でハイレベルでもない
レースを凡走したような馬は買うべからずだ。


このレベルの戦いは、
~~~~~~~~~
日本競馬のトップクラスにいることを
~~~~~~~~~~~~~~~
誇示するものであり、実績は当然として
~~~~~~~~~~~~~~~~
近走が好調であることも馬券の条件だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【リアルスティール
============

前走は休み明けでもきっちり
毎日王冠を勝利。

去年の実績も光る。


対抗は【ヤマカツエース
===========

去年の暮れからの成績は安定しており
主戦である2000mでは負けられない。


以上を加味した馬券戦略は

◎:リアルスティール
〇:ヤマカツエース
▲:グレーターロンドン
△:サトノクラウン
△:マカヒキ



今回はあえてキタサンブラックを
馬券から外して高配当を狙ってみたい。

大穴が来ることは少ないが
抑えは手広く勝負予定。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

 

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

 

その他にも下記の無料アプリや各種SNSでも

競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

 

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。