天皇賞春の予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

天皇賞春の予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「天皇賞春2018(GⅠ)」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:

4/29(日)に京都11R・芝3200m(定量)にて
《天皇賞・春》が開催されます。

 

 




伝統が刻まれている春の古馬頂上決戦。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
天皇賞(春)の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ミッキーロケット 58.0 和田竜二
1 2 チェスナットコート 58.0 蛯名正義
2 3 シホウ 58.0 浜中俊
2 4 カレンミロティック 58.0 池添謙一
3 5 ヤマカツライデン 58.0 松山弘平
3 6 ガンコ 58.0 藤岡佑介
4 7 ピンポン 58.0 宮崎北斗
4 8 クリンチャー 58.0 三浦皇成
5 9 ソールインパクト 58.0 福永祐一
5 10 サトノクロニクル 58.0 川田将雅
6 11 シュヴァルグラン 58.0 H.ボウマン
6 12 レインボーライン 58.0 岩田康誠
7 13 トウシンモンステラ 58.0 国分恭介
7 14 アルバート 58.0 C.ルメール
8 15 トーセンバジル 58.0 M.デムーロ
8 16 スマートレイアー 56.0 四位洋文
8 17 トミケンスラーヴァ 58.0 秋山真一郎


以上、出走馬17頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


シュヴァルグラン

今年初戦の大阪杯では12着敗退。

久々の2000m戦で距離不足を考慮しても
見せ場すらなくやや不安の残る内容。

とはいえ、天皇賞春では過去に3着・2着と
抜群の舞台適性を誇っており、
今年は相手関係も大幅に楽になっている。

昨年ジャパンカップで完璧な騎乗をした
ボウマン騎手に手綱が戻るのも頼もしい限り。

今回は好走の条件が揃った一戦と言えるだろう。


レインボーライン

前走の阪神大賞典では
上がり最速となる35秒8の脚を発揮し
約2年ぶりとなる勝利を遂げた。

折り合い重視の脚質のため
展開に左右されやすい面はあるが
嵌ったときの破壊力は
今回の出走馬の中でも上位の存在。

道中のペースが鍵になりそうだ。

G1はこれまで9度走り、菊花賞の2着が最高。

今年こそは善戦マンを返上し
悲願のG1タイトルを掴みとりたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ガンコ

昨年末の段階ではまだ1000万下を
卒業した身に過ぎなかったが

前走の日経賞を制しトントン拍子で
一気に重賞馬へと成長を遂げた。

近2走は馬体重が500kgを超えており
成長期に入っている印象すらある。

この馬格があれば初めて背負う
58kgの斤量も克服できるだろう。

勢いにノッて一気の頂点獲りを目論む。


クリンチャー

昨年の菊花賞では極悪馬場のなか
最後までしっかり伸びて2着。

そして今年の京都記念では
レイデオロ、アルアインなどのG1馬を
蹴散らして重賞初勝利を果たした。

調教での動きも抜群で状態はピークに近い。

唯一の誤算は鞍上予定だった武豊騎手が
5月6日までの騎乗停止処分を受けたことだろう。

痛手には違いないが、三浦騎手を配し
気持ち新たに大一番へと臨む。

秋の凱旋門賞挑戦を現実とするためにも
ここで勲章が欲しいところだ。


サトノクロニクル

クラシックでは振るわなかったが
古馬との初対決となったチャレンジCでは
歴戦の猛者を相手に見事勝利。

今年に入ってからもその勢いは止まらず
阪神大賞典では勝ち馬レインボーラインに
0秒2差での2着と好走している。

不良馬場だった菊花賞(10着)を除けば
今回のコースは2勝,2着1回の好成績の舞台。

勢いある4歳馬の成長力に注目だ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-0-1-8】
2番人気【4-1-2-3】
3番人気【1-4-1-4】
4番人気【1-3-0-6】
5番人気【0-0-2-8】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-1-0-28】
10番人気以下【2-1-3-78】


大穴の好走が多く波乱傾向。

ここ2年はキタサンブラックが
連覇を飾っているが
2007年・09年・12年・16年と
馬連で万馬券が出ている。

穴なら中途半端な人気馬よりも
大穴を思いきって狙う方が期待値が高い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【5-1-1-12】
2枠【1-2-2-14】
3枠【1-1-1-17】
4枠【1-0-1-18】
5枠【0-1-0-19】
6枠【1-1-2-16】
7枠【0-2-1-24】
8枠【1-2-2-24】


内枠が好成績を残している。

勝ち馬は1枠が半数の計5勝。

1~4枠で優勝馬10頭中8頭を占め
11年以降のここ7年に関しては
すべてこの1~4枠から出ている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-0-0-10】
先行【3-6-5-20】
差し【4-4-5-67】
追込【0-0-0-45】
マクリ【1-0-0-2】


3200mを逃げ切るのは容易では無く
後方一気も決まりにくい。

同レースは極端な脚質よりも、
先行か早めに動ける差しが良い成績。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


何年経っても古馬最高の栄誉という言葉が
ピッタリの重賞が春の天皇賞だ。


長距離戦が軽視される風潮が
定着しつつある中で、

このところの盛り上がりは
良い傾向と言える。


そんな中で今年はスワーヴリチャード、
サトノダイヤモンド、キセキなどの回避で
G1馬はシュヴァルグランの一頭のみ。


17頭中8頭が重賞未勝利という
寂しいメンバー構成となってしまった。


とは言っても、G1だけあって
それぞれの思惑が絡み合う
スリリングな一戦となりそうだ。


さて、レースの傾向を見ていくと
近年の結果として、1枠が強いのは
誰もが知るところだが

競馬は枠が走るわけではないので
内枠は能力の高い馬をアシストする
程度に考えておきたい。


つまり、強い馬が内枠ならば
~~~~~~~~~~~~~
素直に買いでも構わない。
~~~~~~~~~~~~


3200mのG1だけに直線一気が決まる
可能性が低いだけではなく、
基本的には自分で動けるタイプが強い。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【シュヴァルグラン
=============

前走は期待を裏切る結果だったが
騎手の変更の影響もあったはず。

好位追走、天皇賞・春での実績、
ボウマン騎手の再騎乗と
巻き返すデータはそろっている。


対抗は【ガンコ
========

日経賞での勝利。

この馬が先行できるようになって
成績は上向いている。


以上を加味した馬券戦略は

◎:シュヴァルグラン
〇:ガンコ
▲:サトノクロニクル 
△:レインボーライン 
△:チェスナットコート 



データで絞りやすくなっているので
手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス