「カウンセリングサロンてんぐ」ブログ
  • 23Oct
    • 悪い念をはじく方法

      悪い念をはじく方法悪い「念」を飛ばされても、影響を受けないようにする方法を学びました。「念」を飛ばされるって本当に有るみたいなんですよね。身に覚えのないことで、理不尽に人から言いがかりをつけられて攻撃されたり、ひどい言葉を浴びせられたり脅されたりしてびっくりして、気の悪い思いをして「一体何なんだ?これは?」と訳が分からない時に、私の守護霊(自然霊)から、理由をおしえてもらいました。中高年の女性から妬みの強い念を飛ばされているのが根本原因で、それに影響を受けた人から、その本人も良く解っていない言動をされ、原因はその年配の女性からの「悪い念」だということ、それに対する自分の、とるべきスタンスを、霊能者の方に通訳してもらってアドバイス受けました。こういう人知を超えた難問に対して、その本物の霊能者の方の力は本当に助かります。人間は複雑な生き物なので、やっかみからくる悪い念を、羨ましいと思う人に飛ばしてしまう人がいるそうです。自分には全く、心当たりがなくとも、妬み、やっかみ、嫉妬、劣等感からくる、「誰か」から勝手に飛ばしてる悪い「念」をくらうことが有るので、それをどうかわすか?をはじめて学びました。先ずは、その悪い「念」を飛ばしているのは誰か?を知ることが先決、且つ必須。その人物が特定できないと、かわせない為、先ずは発信源の人物を見極めてその人に対して、自分の意識を「影響を受けませんよ」という毅然とした心持ちにする。そして「影響を受けない!」と決意したら、怒らず、悲しまず、のせられず、自分らしくいつものように朗らかに活き活きと明るく生活する。そうするといくら悪い「念」を飛ばしつづけても効果が出ていないと感じると相手も段々諦めてくるそうです。(その変な念を飛ばした方は自分のエネルギーが弱くなるそうです。)戦わず、乗せられず、「影響を受けませんよ」という意識を持つ!その霊能者の方に確認して、発信元を特定できたので早速かわします!もっと、人間というものを知らないといけない、と勉強になりました。

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 21Oct
    • 気持ちを落ち着けるハーブ

      気持ちを落ち着けるハーブ気持ちが落ちたり不安定な時ってありますよね。更年期障害かも?と思ったり、心配が頭から離れなかったり、もともとパニック症を持っていたり、普段は平和に生きていても突然理不尽な目に会ったり・・。そのような時にセルフメンテナンスに使える薬用ハーブをお伝えします。先ずは更年期特有の気分障害(イライラや鬱ぎみ、頭痛、しびれ不安症などの)をはじめとして、その他、あらゆるストレス緩和と精神面の不安定には、なんといってもメディカルハーブのカプセル剤のセントジョンズワート。次はレッドクローバーやホップ。レッドクローバーはヨーロッパでは大人気のハーブで更年期特有のホットフラッシュと呼ばれる、のぼせに似た微熱症状にも良いです。ホップは鎮静作用が有り、近年花粉症にも有効だとの研究結果が出ています。ハーブティーではリンデン・カモミール・ラベンダー・ペパーミントなどもリラックスティーとして落ち着けます。バッチ・フラワーレメディーではファイブフラワーレメディー、ロックローズ、ミムラス、チェリープラム、アスペン、オリーブ、マスタード、ラーチ、エルム、パイン、クラブアップル、ウィロウ、オーク などが良いです。アロマオイルは、合成香料ではない天然のアロマオイルである、オーガニックのエッセンシャルオイルをお勧めします。気持ちを落ち着けるのに良いエッセンシャルオイル(精油)は、たくさん有りますが、代表的なものは、ネロリ、オレンジスウィート、ラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、カモミール、パチュリ、パルマローザ、タイム、レモンバーベナ、レモングラス、ペパーミント、ローズ、フランキンセンス、ジャスミン、ベルガモット、ティーツリー、シトロネラ、メリッサ(レモンバーム)、ユーカリ、レモン、サイプレス、クラリセージなどが気分を落ち着けたり、リフレッシュする為のアロマテラピーによく使われます。日本の精油ではヒノキ(ヒノキ科:おもな産地は日本の吉野)、ゆず(ミカン科:原産地は日本の高地)、モミ(マツ科:世界中に分布する針葉樹)、月桃(ショウガ科:沖縄・奄美大島・種子島に自生)、クロモジ(クスノキ科:伊豆の山地に自生)などが良いです。

      4
      テーマ:
  • 20Oct
    • アニマルセラピー

      アニマルセラピーハンガリー東部の町デブレツェンの刑務所で、犬の躾訓練を囚人たちにさせる プログラムが有ります。以前テレビの特番で観て印象に残っています。受刑者の心に潜在するポジティブな面の強化につながり信頼感や思いやりが囚人たちの心に芽生えるようです。「忍耐強くなり、他人をよりよく理解することに役立ち、最終的には刑務所の外で、よりうまくやっていけるようになる」と刑務所の所長は述べているそうです。刑務所にいる約300人の受刑者のうち、このプロジェクトを完了した30人は、出所後、誰一人としてその後の社会復帰において犯罪に関与していないとの事。これはアニマルセラピーの効果の一つです。「アニマルセラピー」という言葉は日本独自の造語だそうで、日本語のアニマルセラピーは、海外でいうところの①「動物介在療法(Animal Assisted Therapy)」と②「動物介在活動(Animalssisted Activity)」とに分けられるようです。①「動物介在療法」は、人間の医療の現場で専門的な治療行為として行われる、動物を介在させた補助療法で、治療を受ける人に合わせて、精神的・身体的・社会的機能の向上など治療目的を設定したうえで実施されます。②「動物介在活動」は、動物との触れ合いによって、情緒的な安定・レクリエーション・QOL(生活の質)の向上などを目指す活動。学校や福祉施設などで多く行われています。 その他、動物を用いた教育として③「動物介在教育(Animal Assisted Education)」と呼ばれるものもあります。③「動物介在教育」は、教育計画や学習計画にそって、教員専門家が動物を介して行う教育のこと。動物との触れ合い方・命の大切さを子供たちに学んでもらうことを目的とし、プログラムとして取り入れる学校も徐々に増えているとのこと。アニマルセラピーに適した哺乳類動物として、犬・猫・馬・イルカ・うさぎなどがセラピーに用いられています。「ドッグセラピー」や「ドルフィンセラピー」 という言葉もよく聞くようになってきました。私も以前、この「ドルフィンセラピー」 をできるようになろうと思ってドルフィンスイムを体得しました。うつ病や自閉症の人がイルカと一緒に泳ぐと改善するという報告があったので、海で素潜りが得意な私にはセラピー手段として向いていたので。普段私達は、陸上での日常生活で、犬や猫などの愛護動物を飼い、愛情を与え、与えられ、お互いに癒されながら共に生きています。人間にとって動物に助けられる事が本当に日常的に大切な要素である事が解ります。「犬との生活」・「猫のいる生活」などのテーマで日常のブログを書いている人々も沢山いらっしゃるようです。愛や思いやり、慈悲、信頼感、心の安定、そのような心のエナジーを動物と人間でお互いに与え合い、人は幸せな心持ちになれるので、動物に感謝し大切にして守ってあげたいものです。

      2
      テーマ:
  • 19Oct
    • 地域猫活動

      地域猫活動 2018年10月19日静岡県藤枝市の地域猫ボランティアを緊急募集!動物愛護法に基づき、静岡県藤枝市の都市公園での地域猫の餌あげ管理ボランティアと、地域猫を管理する際の餌代や活動資金の寄付を募集しています。現在、地域猫が管理されている静岡県藤枝市の1都市公園での餌あげ管理の御手伝い人は、一人しかいませんが、その方も、地域猫の会の正規のボランティアではなく、家族の介護で、もう活動できません。餌も不足しています。天寿を全うするまで見守る生息猫はあと15匹です。この子たちの命を守り通すまでボランティアで餌あげをしながら見守って頂く一般人の方が急遽必要です。猫が好きな方達、飼育したことが有り猫の生態をわかっている方々の御協力で、どうか助けてあげて下さい。猫のいる生活を経験したことが有る方はおわかりと思いますが、猫たちは感情も心も有ります。不幸な猫を増やさない為に、去勢・不妊した地域猫の餌やりをして食べ終わるまで見守り、器を片付けて、ボランティアで適正に管理することにより、動物愛護法にのっとり地域猫が天寿を全うするまで見守るこの取り組みは、人がいなければ消滅してしまいます。できるときに、できる範囲でかまいません。猫を飼育したことが有る方で猫が好きな方による地域猫への餌あげをしてくださる方、または里親探しのボランティアをしてくださる方、保護猫活動をしてくださる方、地域猫管理する際の餌代や活動資金を寄付して下さる方等を募集しています。※尚、藤枝市地域猫の会は現在一人しかいませんが、「棄てさせない・殺させない・餌をバラまかせない・飼い主の室内飼いの啓発・飼い主には飼い猫の去勢不妊をしてもらう」を啓蒙活動の5本柱としています。飼い主の居ない不幸な猫を減らしていく取り組みですが里親探しはしておりませんので、棄て猫の引き取りはしておりません。《お問い合わせ先》以下の連絡先にお電話下さい。連絡先TEL: 080-5134-7593          藤枝市地域猫の会・窓口

      3
      テーマ:
  • 18Oct
    • 科学的に実証されてきた植物の有効成分

      科学的に実証されてきた植物の有効成分薬草であるハーブをサプリメント食品にしたメディカルハーブ(薬用ハーブ)、ハーブティー、フラワーレメディー(花療法)、アロマテラピー(芳香療法)、天然マッサージオイル、ヒマシ油湿布、オーガニック食品、森林浴療法、園芸療法(ガーデニング)など近年、植物の力がたいへん注目されています。副作用という体の他の部分に負担をかけるような心配から優しく身を守り、統合医療的(ホリスティック)な体質改善を促し、人体に親和性のある植物の薬効が見直されています。肉体の病、精神的な心の病、解毒(デトックス)、アンチエイジングなど、美容と健康改善に植物の持つ有効成分が科学的に裏付けられてきました。野生の厳しい環境の中で植物自らが自分を守る為に作り出した成分が、人間の体内でも有効成分として働くことが、最新の科学によって次々と証明されてきています。自律神経・免疫力・自然治癒力の正常な働きにおける生命システムの恒常性の維持、代謝・排せつ・発汗などを促しデトックスさせる解毒機能、抗酸化力や酵素の働きによる細胞の老化防止(アンチエイジング)など植物特有の有用性が、いま、植物療法と植物ヒーリングが注目されている理由です。興味のある方は当サロンでも随時フィトセラピー(植物療法)の勉強会を行っておりますので心と体の健康を自分で維持したい方は是非ご参加ください。西洋医学が主流になる以前は、植物を利用して自らの自然治癒力を活性化させる自然療法として植物療法(フィトセラピー)が最も歴史が古く、膨大な臨床例を人類が持つ自然療法です。

      4
      テーマ:
  • 16Oct
    • 偏頭痛に良いハーブ

      偏頭痛に良いハーブお客さまで、長年、偏頭痛に苦しんできたという方がいらっしゃいましたのでフェーバーフューとセントジョンズワートが良いとサラっとお伝えしました。頭痛にはいろいろな原因とタイプが有るのですが日常的に偏頭痛体質だという方には、フェーバーフュー(ナツシロギク)とセントジョンズワート(西洋オトギリソウ)のメディカルハーブを私はお勧めしています。フェーバーフューは、普段から常用していれば、偏頭痛体質が改善されていくハーブとして世界的に認知されています。鎮痛剤に頼っていても根本的解決にはならず、症状がなくならないので。フェーバーフュー(ナツシロギク)は古代ギリシャ時代から偏頭痛や生理痛などの激しい痛みを和らげる目的でもちいられてきたハーブです。近年イギリスを中心としてフェーバーフューの効果の科学的検証が進んできました。フェーバーフューの有効成分は、セロトニンの放出を抑える事が証明されています。セロトニンは脳の細胞と血管に働きかける血管収縮物質で、それが過剰に放出されると、血管を収斂させ偏頭痛の引き金になると考えられています。フェーバーフューを飲むときの注意点も有ります。抗凝血作用の科学薬品との併用は控えて下さい。妊娠中、授乳中の女性、2歳以下の幼児はフェーバーフューを摂取してはいけません。フェーバーフューの効果を弱めてしまう非ステロイド抗炎症薬(アスピリン、アセトアミノフェンなど)との併用はフェーバーフューの薬効がでず、意味が有りません。またブタクサに過敏な人はフェーバーフューがアレルギーの引き金になりうるので控えた方が良いでしょう。セントジョンズワートをお勧めしたのは心因性の頭痛やストレスによる頭痛、更年期障害による頭痛、自律神経やホルモンバランスの不調から来る頭痛に良いからです。また、もし風邪のひき始めの頭痛ならばエキナセアとフェーバーフューを併用します。

      5
      テーマ:
  • 15Oct
    • 動物による霊視実験

      動物による霊視実験1960年代に、動物を使った実験によって、幽霊の存在を確かめようとした人がいました。アメリカの超心理学者ロバート・モリス博士です。浅川嘉富さんの著書に出てくるこのエピソードが妙にインパクトあったので、怖がりでない人はコーヒーブレイクに読んで下さい。当時、ケンタッキー州に幽霊が出ると評判になっていたある屋敷が有りました。いわゆるゴーストハウスですね。その屋敷では現実に殺人事件が起こっており、博士はその現場となった部屋に、犬、猫、ガラガラヘビ、ネズミを連れていき、調査を開始。これらの動物を別々に部屋に入れて様子を見たところ、犬は部屋に1メートルも入らないうちに、すぐにうなり、ドアの外に出てしまい、どんなになだめても外へ出ようとする犬を引き留めることはできなかった。猫は、飼い主の腕に抱かれて部屋に入りましたが、猫も犬と同じくらい中に入ったところで、急に床に飛びおりて、椅子の方に身構えて毛を逆立てながら、フーフー、キャーキャーとうなり声を上げながら部屋の隅に置かれている誰も座っていないその椅子をにらみ、その状態は、椅子を取り除くまで数分間続いた。ガラガラヘビは、猫が睨んで唸っていた椅子に対してすぐに身構え、攻撃態勢を取り、ネズミは、全く反応を示さなかった。その後、別の部屋で同様の実験がされましたがこの4種類の動物達は何の反応も示さなかった。以上の実験により、人間の五感の知覚能力を超えた感知能力を、ある種の動物は持っていて、人間には感知不可能な超常的存在を間違いなく認識できていることが解りました。私も、猫がそういう感知能力が有るんじゃないか?と思ったことが有ります。人によって反応がはっきり違うので。その好き嫌いは私が感じるものと一致していました。また、古代エジプトで聖獣とされていた猫ですが、王族おかかえのシャーマンが行う儀式で啓示を受ける時に、そのメッセージが聖なるソース(源)から受けたものか?邪悪な霊から受け取ったものかをファラオが識別する為に周囲に猫さま達を配置し、その表情を確認しながら啓示を受けたそうです。(そう言えば「ハムナプトラ」という映画でも古代エジプトの邪悪な霊は猫を怖がっていましたっけ。そういう歴史があったからなんですかね?)普通の人の肉眼や科学機器ではとらえられない存在やエネルギー体も猫ちゃんには解っちゃうんですね。猫に嫌われる人は、なんか、くっ憑いてるといけないからお祓いに行った方がいいかも!

      1
      テーマ:
    • 日本人の免疫力は低下している!?

      日本人の免疫力は低下している!?日本人の約9割が、本来の人間の持っている自己免疫力が落ちていると言われています。この件に関しては、私が出席していた日本融合医療研究会の前理事長で、現在は東京で〔いりたに内科クリニック〕院長先生である医師:入谷栄一先生の「病気が消える習慣」という著書が、たいへん解りやすくてお勧めです。風邪やインフルエンザの流行時期になると、本来であれば最も免疫力が高い世代の20~40代の人々が次々と倒れており、これは未知の病原菌が増えたからというよりも、むしろ免疫力が低下しているという身体からのメッセージだそうです。体内では何百万個ものがん細胞が毎日作られていますが、それでも病気にならないでいられるのは、免疫機能が正常に働いているから。がん細胞は、そもそもそんなに強力な細胞ではなく、ヒト免疫システムの機能が正常に働き、ミトコンドリアが活性化していれば自動的に消滅させられるものだという免疫力からみた、がん治療の勉強も、その日本融合医療研究会の講師兼理事のドクターである御川先生やサイモントン療法から学ばせて頂きました。私は、メディカルハーブの専門家なので勿論、自分の免疫力を落とさぬようにしています。免疫力を活性化させる薬用ハーブをセルフ・メンテナンスに使って。自分が病気になってもすぐに自力の免疫システムで治せるように、ドイツと同じように初期治療では科学薬品に頼らず薬用ハーブを使っています。ガン予防、インフルエンザ、風邪においてはスイス産のロンザ社供給の西洋カラマツの粉を北アメリカのエクレクティックインスティテュート社が製品化した「ラリックス」と、同社のワイルドクラフトの「エキナセア(アウグスティフォーリア種)」と、フランスの最新のバイオテクノロジーで薬用ハーブの薬効成分を製薬化したラボラトワーズアクティバ社のイミュニティー(プロポリス・ローヤルゼリー・タイム)を使って自己治癒に持っていっています。ドイツでは、先ず副作用の少ない、または無いハーブ単体を使用し、効果がない場合、次のステップとしてハーブと化学医薬品とのミックス製剤、それでも対応できない時にはじめて化学物質単体の医薬品(新薬)を使用します。初期治療でタイミングを外さなければ自己免疫力を損なわせず自己免疫学習能力を強めながら自己治癒に持っていけるので。この世から病原菌をなくすことは不可能でありウィルスの進化を妨げることも現実にはできませんから感染を防ぐには自分で免疫力を高める方法しかありません。有史以来、人類は、ウィルスや病原菌と共存してきており、自分の免疫力を高めながら、免疫学習をしながら、新型ウィルスや病原菌に打ち勝ってきたわけです。人間の免疫力が落ちるような事になったらすぐに進化したウィルスや病原菌に負けてしまいますから、普段から免疫システムが弱くなるような事は出来るだけしたくないと思っています。免疫力は、弱過ぎても病気になり安く、強すぎて過剰反応してもアレルギー反応になってしまうので正常なバランスが大切です。私はこれまで数十年生きてきて、歯医者と小さい頃の扁桃腺とアデノイドの摘出の為に耳鼻咽喉科で手術を受けたこと以外は、病院に病気でお世話になったことがほとんどありませんが、ヒト免疫システムが正常に働いてさえいれば、人間の体はウィルスや各種病原菌に対して、そんなにヤワではないと実感しています。

      1
      テーマ:
  • 14Oct
    • 脳梗塞予防に使えるハーブ

      脳梗塞予防に使えるハーブ最近、若い方でも脳血管障害をきたす方がいます。脳血管障害は急激に脳卒中として発症することが多いですが、当店でも若い女性が二人も同時期に脳梗塞になってしまいましたという連絡がきました。幸いお二人とも今は大丈夫になりましたが、たまたま、お二人ともメディカルハーブを使ったことがない方達でした。普段から脳梗塞(脳血栓及び脳塞栓)の予防に使えるメディカルハーブとしてギンコが有ります。イチョウの葉の薬用ハーブです。学名はGinkgo bilobaと言います。2臆5千年以上前から存在し、生きた化石と言われており、抗酸化作用が強く、循環器系疾患使用されています。ヨーロッパ、特にドイツやフランスを中心にギンコの葉の抽出物の様々な研究がされてきました。脳血管障害・痴呆症・記憶力の上昇などの試験でギンコ葉抽出物の使用による改善の報告がされています。(※抗血液凝固剤との併用及び高血圧が続いている方、頭蓋内出血の病歴が有る方、出血性の障害を持っている方、妊娠中や授乳中の使用はお勧めできません。)研究の結果、現在解っているギンコの有効成分による作用は、抗酸化作用、血流改善作用、血流増加作用、傷んだ動脈壁を保護し炎症を抑える作用、血液の粘度を下げる作用、虚血状態に対する抵抗力増加作用、精神安定作用などです。適用は、記憶力の低下、めまい、老人性痴呆症の改善、集中力の欠如、血管壁の強化、末梢血管の血行促進、血小板の働きを正常化する事によるアレルギー体質の改善、活性酸素除去などに使われています。病院に緊急搬送される前に予防に使える天然の植物薬として知っておいていただけたらと思います。尚、輸入許可されているメディカルハーブサプリメントのギンコは日本では食品扱いですので厚生労働省が安全性を確認しています。普段使いで安心して自分の健康管理に使えます。ヨーロッパやアメリカでは、イチョウのサプリメントが、植物性医薬品のベストセラーとなっています。イチョウは、おおむね副作用がない為、長期の服用に理想的とされます。しかし大量摂取はしない方がいいでしょう。私も、健康の為に台所のダイニングテーブルの上に置いてあるメディカルハーブのかごの中から取り出して時々飲んでいます。未病にしたいので。

      2
      テーマ:
  • 13Oct
    • いじめ問題

      いじめ問題「いじめ問題」が非常に多発しており、文部科学省も「いじめ問題」に関する対策を始めています。「24時間子供SOSダイヤル」を設け夜間休日含めて、全国どこからでも子供や保護者が相談できるように体制を整備しました。いじめやその他のSOSをより簡単に相談できるようにしてあるようなので詳しくは文部科学省のサイトを見てみて下さい。「24時間子供SOSダイヤル」↓0120-0-78310(なやみ言おう)「いじめ」は子供だけでなく大人の社会でもあります。親子間でも有ります。大人でも子供でも「いじめる」という側の心理が理解できなくて、昨日、取引先の社長に「《いじめる側の心理》って解りますか?」と聞いてみました。一つは、いじめる側は自分でも何か抑圧されている感情の八つ当たり先として人をいじめる場合があったり、人より優位に立とうとする立場や存在ポジションに対する執着であったりもするそうです。親は助けられないから、いじめられないようにするには早めにしっかり自分自身で意思表示と表現をしなければならない、自分自身で強くならないと・・と。確かに、親の目が届かないところで何かあっても親はずっとくっついているわけではないですから自分ではっきり意志表示できる子供になって貰うよう親は育てておくしかないですよね。目立つ子や、人気の出そうな可愛い子や、人より何かしら優れた能力を持っている子や、人と違ったものを持っている子が、やっかみでいじめられやすいのかな?と思いました。「大人のいじめ」も嫉妬や妬み、やっかみからであるから、人と比べて自分の劣等感を誤魔化してるのかな?要するに大人も子供も「幸せじゃない人達」かな?「コンプレックスがあったり、愛されたい身内に相手にされてない不満がある人達」かな?とも思ったりします。親の前ではいい子に見えても陰で同級生をいじめていた子のケースも聞いた事が有ります。その場合、本心を親には理解してもらえない親からの抑圧や本当の愛情を親に期待しても、そそいでもらえない不安感からかもしれません。自分よりクラスで人気者になれそうな子を見つけてしまうと自分の立場が脅かされると思っていじめてしまう子もいるかもしれません。独身で活き活きと働いている女性にいじめをする主婦も、家庭内の子供の自立が遅れてずーっと面倒見るハメになって疲れていたり、家庭と仕事の両立ができずイライラしたり、御主人と上手くいってない、もしくは相談しても頼りにならないパートナーに頼れない淋しさがあったり、御主人の親の介護が待ち受けている自分の立場から逃げたくなったりしているかもしれません。そんな時、近所で独身女性が活き活きと生活していて、フリーで何の家族間のしがらみもなく輝いていたら、羨ましい気持ちが生じて、それが妬みややっかみになって意地悪攻撃したり、風評をまいてしまうのかもしれません。結局、人をいじめる人は自分が幸せじゃない人だ!ということだけは解ります。性格が自己中だから自分で考え方の切り替えができず、その「不幸感情」から脱せれない、人をいじめたとしても「自分の不幸せ感はぬぐいきれない」のに。ひいては自分の苦しみが増すばかり・・・。人をいじめる人は自分で自分の首を絞めているよなもの。あがいても、その価値観の低さが自分の人生を決して幸せには出来ないのに。ひいては自分に帰ってくることを早く気付いてもらいたいですね。いじめる側の方に心の問題があるという事は、いじめる側の心理を改善させないと、いじめはあとを絶ちません。いじめる側の心理状態にさせないような対策も事前に教育に織り込まないとならない気がします。学問だけ学ばせても「自分を幸せにする為の心の持ち方」を学ばせなければ、そのまま大人になったら自分の感情や心をコントロールできずにずーっと不幸ですから。

      5
      テーマ:
  • 12Oct
    • バイブル「孫子の兵法」

      バイブル「孫子の兵法」中国の古典が好きだと以前のブログに書きましたが、その中でも「孫子の兵法」は何度も何度も読み返している愛読書です。「孫子」は、今から約2500年前に活躍した武将・孫武が書いたと言われている兵法書ですが戦略書のみならず、個人の生き方や、ビジネス、人間関係、その他ありとあらゆる生活の問題点に活用でき、時代とジャンルを超えています。私はストレート・直球型で尚且つ普段はボーッとした無防備な人の良さを持ってしまっている為、その欠点を補う為に必要不可欠な本です。素のそのままだと、狡賢い人に気がついたらはめられやすいという自覚が有り、計算や、はかり事ができないという性分は世の中をサバイバルしていく為には美徳にはなりません。自然や動物とくつろいでボーッとしているだけでは、人間社会を生き抜いていくには、不器用でウィークポイントになると自分で解っている為、勉強して生き残るセンスを身につけないと!と思っており、中学生ころから読んでいました。数々の素晴らしい兵法が書かれているので何度読んでも深くて勉強しがいがあって飽きません。昨日、仕事の話や「孫子の兵法」の話で気の合うお客さまから『超訳:孫子の兵法』を戴きました!メッチャ嬉しくてまた読んでます!「孫子の兵法」を原点にした大切な判断方法は山ほどあるのですが、中でも諜報力の重要性からしたら現代社会で気をつけなければならないことの一つに《正しい情報は何か?》の読み違いが有ると思います。状況判断してからの行動や決断も、人を見る目も、正しい判断をするには、いろんな角度からの情報を集めて全体像も把握しながら真実は何か?という正しい情報の読み取りが先ずは大事なので。情報が溢れている現代社会では読み違えが生じやすく、一般の人は秘密諜報部員、スパイ、間者などを戦乱時代のように召抱えているわけではないので、インターネットやマスコミの情報や人の噂や世論に踊らされず、己の心の直感力も加味して活かさなければならない・・・と私は思っています。

      3
      テーマ:
  • 11Oct
    • ヒマシ油を使ったホクロ・イボの取り方

      ヒマシ油を使ったホクロ・イボの取り方エドガー・ケイシーの医療リーディングは、自然界の物を使った様々な治療方法のケースが有ります。今回は、美容上にも役立つ天然オイルのヒマシ油を使った、ホクロ・イボの取り方があるので、ご紹介します。手術しないで取りたい方は試してもいいのでは?当店は美容室でフェイシャルエステもやるので、お顔の美容上の問題もいろいろ相談されます。お客さまで、そのやり方で自然に、おでこのイボが取れた方がいました。また、私もほっぺたに小さい皮膚の突起ができ、イボ?と思ってそのやり方を試したら、すぐ取れました。全ての人に保証はできませんが、たとえダメだったとしてもケイシーリーディングに出てくる材料は天然物で安全なので試してみる価値は有ると思います。やり方は①香りが入っていないヒマシ油で毎日2回、その部分を優しくマッサージする。②ヒマシ油に重層を混ぜたものでマッサージし、残ったものを、バンドエイドなどで患部ごと覆うようにして一晩置く。治るまで続ける。などで、とても簡単。ヒマシ油は純正ヒマシ油100%がいいです。重層はドラッグストアに売ってます。ちなみに私はヒマシ油と重層を1対1で混ぜて100円ショップで買ったピルケースに入れておきました。マッサージしている時間がないので②番のやり方だけでやりました。夜、風呂上がりにつくっておいたゲルを患部につけてバンドエイドで固定して張り、数日後には柔らかくなったような気がして、一週間以内で取れました。(患部が小さかったのもあったのか?)患部の大きさや塗っておく時間などにもより、個人差はあると思いますが。

      テーマ:
  • 10Oct
    • 自己責任:他人や環境や親のせいにしない

      自己責任:他人や環境や親のせいにしない人にはもともと生まれ持った魂の質、生まれつきの魂の性分が有ると思っています。輪廻転生で同じ魂がいろんな勉強をする為に何度も生れてきており、今世も競争倍率が高い中、地球めがけて転生してきた魂が、いちいち今世で親に愛されなかったからどうの、育った環境がどうの、誰かのせいだの、と言い訳しても、その人の宜しくない生き方の理由にはならないと私は思っています。現に、犯罪者になってしまった者、人道的見地よりもお金の為なら何をしてもかまわないと強欲になった者、人を支配し平和や協調とは程遠い生き方を選んだ者、残酷な事を平気でする者の中には、親に愛され、甘やかされ、経済的にも恵まれていたケースも多いです。親に愛されなかった子が長じて子供を虐待するという定説も私はないと思っています。そんなことが定義づけられてしまったら親に虐待されて施設に保護され、預けられた子供達はみんなそうなるとでも?違います。その環境的条件を決めつけられ定義されてしまったかもしれません。親に愛されなくとも他人に愛されたり、もっと人知を超えた自然界のスピリットに親しみ愛されたりすることも有ります。(私もそうだから解ります)もともとのその子の魂に、素直さとか愛が備わっていれば、その子は、家族に愛されなくとも人や動物や自然界の生き物に愛や慈悲を与える生き方を選びます。愛を学ぶ為に生れてきた場合、愛とは反対のキツい体験をしてから、本当の愛とは自分から与え、発するエネルギーであり、もらうものではないと悟ります。悲しみや淋しさや苦しみが解る分、それらを体験しなかった人達よりはるかに人に優しくなり、幼い者、弱者や純粋な生物を自己犠牲を持ってしてでも守り、愛を注げる者になれます。そういう意味では武田鉄也さんの『贈る言葉』の歌詞のほうが正しいです。全てはその人の魂の魂性の問題で、自己責任。環境も人からの影響も言い訳にしていたらキリがありません。愛や思いやり、慈悲は与えるものであり、受け取れなかったから与えられないだろうなどというものでは本来有りません。実際の経験者からしたら、知ったかぶりのコメンテーターや社会学者、心理学者の世論定説にはスピリチュアル的な観点からすると、その浅い決めつけに疑問が生じる時が有ります。

      1
      テーマ:
    • 日常生活での問題解決

      日常生活での問題解決昨日のカウンセリングで、同じ公団に住む隣りの住人がベランダでタバコを吸うので洗濯物や部屋にタバコのにおいが移って困るし、こちらの体調も具合が悪くなるのでどうしたらよいか?という御相談を受けました。私もタバコの臭いが大嫌いなのでその心境は良く解ります。たばこの煙にはニコチン、発ガン物質、一酸化炭素、その他多くの有害物質が含まれています。また、たばこの煙は喫煙時に、たばこ自体やフィルターを通過して口腔内に達する「主流煙」と、それが吐き出された「呼出煙」、及び点火部から立ち上がる「副流煙」に分けられますが、各種有害物質の発生は「主流煙」より「副流煙」の方に多く含まれます。タバコの煙の「副流煙」は周囲の人の健康を害する事が認められていますので、厚生労働省も対策を講じてきました。平成15年5月1日に施行された健康増進法により、学校、体育館、病院、観覧場、集会場、展示場、官公庁施設、百貨店、事務所、飲食店などの施設の管理者は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙を防止する為に必要な措置を講ずるよう努めなければならなくなりました。(健康増進法大25条)小さなことから大きな事まで、普通に暮らしていても何かしら、問題や悩みが随時生じる時が有ります。そのような時は、本当に現状を打開したいのであれば、問題解決に向けて、できるだけスピーディーに‘行動に移す’事が大事。その方が早く片付きます。あれこれ悩んで、問題解決の為の行動に移すのが遅れたら、余計に問題のストレスを大きく感じて健康を害してしまいますから。誰かが助けてくれるのを待たずに自分で解決するよう、行動して動くんです。感情的にならずに、冷静に、相手が居る場合はその相手を分析したりしながら意志表示のパターンを決めていきます。同時に外部から協力を求められるか?否か?も判断して行動に移します。動機が正しくて、誰にとってもいいことであれば、より早く問題が片付きます。行動に移す事に躊躇が有るならば、まだ本当に悩んでいない我慢できるレベルだということで我慢し続けるしかない。早く解決したいので有れば意志表示含めて行動に移す。全て自分で判断していくことが後悔しなくていいです。

      3
      テーマ:
  • 08Oct
    • 「どう生きるか」で人との縁も変わる

      「どう生きるか」で人との縁も変わる先日、当店のお客様を鑑定しにいらして下さった伊藤翠苑先生が「本当に素晴らしい人脈をお持ちで。これからの財産は人脈ですから。」と、当店と御縁の有ったお客様達を褒めて下さいました。確かに、人間的に賢くて、謙虚で、真面目で、純粋な方が多いと私も感じています。そのような方々と、お知り合いになれた私はたいへん光栄です。価値観が合うので御縁が有ったのだろうと思うのですが、縁が新しくできたり、切れたり、生きていればその都度、縁も変化します。「価値観」や「生き方」の違いでその時々の御縁が変わります。結婚したのに離婚する夫婦や、付き合っていた男女が別れたりするのも、魂の成長や進化のスピードに途中で差が出来過ぎてきたり、知らなかった側面が次々と解ってきた時にその価値観があまりにもずれていて仮面やメッキが途中で剥がれ、「もうやっていけない!」と思ってしまったりすることが有るかもしれません。「今、自分がどう生きているか?」で関わってくる人との縁が変わってくる・・・と思えば、いい人達と出逢いたければ自分の生き方に集中し、精進すれば自然とそのレベルに見合った人達との御縁の質が高まってくるはず。ですから、受け身で何の努力もせず、「いい出会いがない」とぼやいているより自分磨きを喜々として楽しみ、一生懸命に真摯に生きて、自分から様々な事を行動に移して人との関わりを意識していけば「いい人達と縁ができる」と思っています。日月神事にもよく「御霊磨き」という言葉が出てきます。どんな場所に住めば安全か?という事ではなく御霊磨きをしていれば大丈夫、ということが頻繁に出てきます。運や縁は受け身で‘くらうもの’ではなく、自分の御霊を磨きながら能動的に‘自分の責任で創るもの’だと私は信じています。

      3
      テーマ:
  • 07Oct
    • 個性を活かして生きる

      個性を活かして生きる昨日ヘアケアにいらっしゃった若くて可愛らしいお母さんのお子さんが、小学校のクラス担任教師から面談で「みんなと比べるとお宅のお子さんは浮いてしまっています。」と言われたそうです。私はびっくりして、「そんな先生は教師に向いていない。他の子と違う、その子のいいところを褒めてあげないで、あらぬことか自分の決めつけで子供の個性を否定するような先生は先生の資格なし!その教師の子供も可哀そうだ。」と言いました。事実、その若いお母さんは、親子で学校行事に参加した時など、そのお子さんは他の子達と仲良く楽しそうにやっており、少しも浮いた感じはしなかったから不思議・・・とおっしゃってました。子供でも大人でも、誰でも個性は千差万別。自分らしさを活かして、自分の持っている特有の良い個性を活かして生きる事が、ひいてはその魂の本領を発揮できて、世の中や人様にその魂が役立つように生きれるわけだから絶対に子供の個性を潰すような発言が教師から有ってはならないと思いました。たぶんその担任教師は元気すぎる子が苦手だと観ました。そのお子さんは、とても社交的で明るくて元気で活発だから。私からしたら、万人から「いい子」と言われるような子がいたら、「いい子」じゃなくて「どうでもいい子」。大人の顔色をうかがい演技して自分を殺してる場合もあります。素晴らしい個性や能力を持っている子ほど、凡人の大人からは理解できない場合が多いです。手に負えない子ほど、ものすごくいいものを「持っている」場合も多いです。だから昔から「嫌われっ子、世にはばかる」みたいな諺が有るんだと思います。「嫌われっ子」じゃなくてどちらかと言うと「普通の大人には、なかなか理解できない、ものすごーく良い能力と個性を持っている子」だと思いますが。日本人は、「皆と同じでないと」という価値観がはびこっている閉鎖的な国民性を持っていますが、海外の先進国に出たら、誰かと同じような振る舞いと考え方しかできない人は、個性も自分も持っていない人物として馬鹿にされ、相手にもされません。大人も子供も自分の持っている良い個性を堂々と発揮して活き活きと生きた方が自分の為でもあり、他者の為でもあり、生まれてきたお役目を果たせていけると思います。上杉鷹山(うえすぎようざん)という歴史に名が残る人物がいます。もとアメリカ大統領のJ・F・ケネディや、ビル・クリントンに「もっとも尊敬する日本人政治家」と言わしめた江戸時代の米沢藩主です。学生時代に上杉鷹山の本を読み感動しました!マンネリ化し衰退した藩組織の中で、そのグループに、はじかれた、嫌われ者や浮いているといわれた者達を敢えて集めて、その個々の能力を活かし、藩改革を成し遂げ、大成功に導いたからです。それだけ、凡人には解らない能力と個性を持っている者ほど実は優秀で、人々を救う事が出来る、天から与えられた素質を持っている!という証でもあります。子供を預かる教師達には、公務員だという肩書きに甘んじず、もっと子供に対して謙虚になって愛を持って接してもらって、尚且つもっと人間としてお勉強してもらいたい、と思いました。

      2
      テーマ:
  • 06Oct
    • 美肌のハーブ

      美肌のハーブ年々、紫外線が強くなってきてこの夏はお肌にとっても苛酷でした。男女ともにお肌のお手入れは大事!美容のカウンセリングでもお肌の悩み相談に乗っていますので、お肌に良いメディカルハーブをお伝えしますね。★先ずは、女性に人気No.1のハーブ、クランベリー(ツルコケモモ)アメリカでは働く女性に一番支持されているクランベリー。人気の秘密の3大特徴は、1.ドライアイなどの眼精疲労の軽減に役立つ2.天然ビタミンCによる美白効果。ビタミンCの吸収を助ける活性酵素を含んでいる。3.尿中のPHバランスに影響を与え、尿路感染症の原因であるバクテリアの繁殖を防ぐ。同時に膀胱内に被膜を作り、バクテリアの体内への侵入を防ぐ。要するに膀胱炎に力を発揮します。ということで、ドライアイ・美白・膀胱炎に良いハーブです。★カレンデュラ(キンセンカ)アクネ菌によるニキビにはカレンデュラとエキナセアを併用すると良いです。お口の周りのニキビにも。胃潰瘍、口内炎などの消化器系の粘膜の不調にも良いメディカルハーブです。★ブラックコッシュ(アメリカショウマ)ホルモンバランスの乱れによるニキビに良く、更年期障害の緩和や改善にも使われます。有効成分のイソフラボンは女性ホルモンの一つであり、美のホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た作用をします。また、骨粗しょう症や、お肌のコラーゲンの増加に良いメディカルハーブです。★ミルクシッスル(マリアアザミ)ミルクシッスルエキストラは、シリマリンともいわれ、肝臓に良いので、肝機能の低下による目の周りにできるシミの肝斑というシミにも良いです。肝臓障害で検査を受ける時の血液検査でGOT・GPTの数値を正常にしていきます。★ローズヒップ(ヨーロッパノイバラ)バラの実です。毛穴を収縮させ目立たなくさせて肌のキメを細かくしてくれるメディカルハーブです。チンキ剤はドロっとしてますが、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB1・ビタミンA・βカロチン・鉄・マンガン・リコピン・カルシウムなどが成分に含まれます。これも美肌のハーブとして人気です。★ゴツコーラ(ツボクサ)インドのアーユルヴェーダではブラーミと呼ばれます。コラーゲンの剛性を刺激し、皮膚の基本構造を形成するタンパク質であるコラーゲンを生成するのに役立つメディカルハーブです。また古代から、とても良い波動を持つ聖なるハーブとして伝説に残っています。以上が代表的な美肌のメディカルハーブですので美肌の再生・美容の為に参考にして下さい。

      テーマ:
  • 05Oct
    • 大自然と触れ合うと運が良くなる

      大自然と触れ合うと運が良くなる大自然の中に入るのが大好きでよく海に潜ったりしてましたが、今思うと、大自然と触れ合うと運が良くなるんじゃないか?と思ってます。私は、自分で今までの人生を振り返ると運がいい方だと思っていますが、もしかしたら野生のカンみたいな感性を自然界の中で磨かれていたような気がします。大自然と触れ合うと運が良くなると思う理由は、五感が研ぎ澄まされるので、物事の変化や流れを先に感じ取ったり、瞬間的に判断する直感力がつくからです。また、大自然の威力には人間ごときは太刀打ちできないので、謙虚で慎重に状況を読み取る力もつくから浮ついた判断ミスをしなくなります。何か起きても慌てることはあまりなくなります。大自然の中で突発的な事が起こった時、慌てたら死を見るからです。“氣”を感じ取る力もつくので、場所や人で悪い“氣”を感じる場合は近寄りません。大自然の中にいる時間を少しでもつくった方が、文明の便利さにマヒした「感じとる力」「直感力」「瞬間的な判断」の潜在能力がよみがえってくるのではないだろうか?と思います。「考える」より「感じる」力の方が自分を救ったりします。私の場合は、完全に直感型であまり考えて判断しません。(もしかしたらそれが運の良さに関係しているのかもしれません。)また、大自然の息吹は、現代の文明生活でヤワになった人間を正気に保ってくれるような気がします。人が自然界を求め、癒されるのは生物として当然ですが、単なるストレス解消だけでなく“気持ちよく、運よく、生きる為の感性を磨けそうだから”という潜在意識もあるかもしれません。

      3
      テーマ:
  • 04Oct
    • 咳に良いヒソップ:清めのハーブ

      咳に良いヒソップ:清めのハーブ咳にはヒソップとリコリスのハーブが良いのですが、先日から、咳が止まらずメディカルハーブのヒソップとリコリスを交互に飲んでなんとかやり過ごしました。咳で困っている時、私はハーブサプリメントのチンキ剤のヒソップとリコリスを飲んでいます。(普通の風邪の時はエキナセアや西洋カラマツのラリックスを併用します。)ヒソップはシソ科の甘い香りを放つハーブで、そのお花はミツバチや蝶のお気に入りです。香水やポプリ、ハーブ枕にも用いられてきました。中世では修道院の庭に植えられ17世紀にはイギリスの庭に観賞用の花として好んで植えられるようになりました。神がモーゼに用意するよう命じた“清めの水”にもヒソップが使われていたとの事。聖なる場所を清めるのに使われ、“聖なるハーブ”といわれたヒソップは、古代から感染症を予防し、免疫力を高める優れた治療薬として使われてきました。神聖なハーブとされたヒソップは、清めの儀式に使われる香の原料でもあったようです。また、風邪・インフルエンザ・咳・カタル症状・気管支炎・喘息・蓄膿症・胸膜炎の際に優れた鬱血除去剤、去痰薬として、子供にも有用なので古くから使われてきました。フラワーエッセンスとしてのヒソップの作用は感情や精神の浄化に用いられます。両親の不和を自分のせいだと思っている子供や、子供のしつけが思うようにいかず、罪の意識を感じている親には特に有用です。

      6
      テーマ:
  • 03Oct
    • 占い師:伊藤翠苑先生からのコメント;今後の日本

      占い師:伊藤翠苑先生からのコメント;今後の日本9/30・10/1と東京から伊藤翠苑先生をお招きして、当店のお客様達を占って頂きました。皆さん、喜んで下さいましていろいろ今後の参考になったようで良かったです。その後改めて、伊藤翠苑先生に「これからの世の中の事で何か皆様にコメントありますか?」とお聞きしたところ、以下のような事をおっしゃってました。『今後の日本は、経済的にも精神的にも非常に厳しくなっていく。他力本願の人、いつも不平不満ばかり言って人のせいにする人、自分で努力せず文句ばっかり言ってる人、感謝の念を持たない人はダメ。自分自身で人生を切り開いてゆく事が大事。とにかく感謝の念を持たない人は、おバカさん。人に何かしてもらうことばっかり望んで感謝の念もないおバカさんにはつける薬もないでしょ?感謝の念を持たない人にいい人脈なんかできっこない。こういう、どうしようもない人とは縁を切ってます。これからの宝物は“人脈”。良い“人脈”こそが財産!これから育っていく今の子供達や若い子のパワーはすごい。育てる親の方が気を引き締めて素晴らしい力を持っている子供たちを育て上げてほしい。人が、世の中が、政府が、何かをしてくれる事を待っていてはタダの依存心の強い不運な人になってしまい、不満タラタラで生きることになる。自分の幸せは自分次第。自分で幸せの種をまかないと花が咲かない。』というコメントでした。確かに!私も、人のせいにばかりして自分で努力しない人・我が強い人・感謝の念がなく我儘で図々しい人は苦手で、付き合う人もお客さまも直感的に選んでますから伊藤先生の御意見には同感です。

      3
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス